フェイスタイム

こんにちは、店長の姉です!

皆さんの中でアップルのビデオ通話アプリ、フェイスタイムを使っている方もいらっしゃるかと思いますが、数日前バグがある事がわかりました。このバグは、フェイスタイムを通じて誰かに電話をかけると相手が応答する前にその人の声が自動的に聞こえるようになってしまい、その相手は音声が聞こえていることに気づていない、というものなのだそうです。主にGroup FaceTime(グループフェイスタイム)機能を使って複数の会話をしようとすると生じるものだそうです。

相手にその気がなくても許可なしに会話を聞かれたりするわけですから盗聴されている感じになってしまいますよね。

アップル社は現在グループフェイスタイム機能を利用不可能にし、バグを直しているところで、近いうちにソフトウェアのアップデートを提供すると言っているそうですよ。

今日見た記事によると、ニューヨークでは司法長官が、アップル社が通告せず、対応が遅かったことについて調査を行うそうです。

不安な方は設定内でフェースタイムをオフにする事ができます。私もしばらくオフにしておこうと思います。

 

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介
アップル
店長の姉をフォローする
ハナセル店長の日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました