10周年感謝セール
10周年感謝セール

アメリカ携帯電話ハナセル HanaCellケータイ、ユーザーさんはこんな人

第二弾! おすすめアンドロイドアプリ

アメリカ携帯電話ハナセルのブログ担当のユキです!

昨年4月よりスマートフォンの販売を開始して以来、ハナセルのユーザさんはもちろん、世の中的にも急速にスマホ人口が増えています。機械音痴を豪語していた日本の両親までもが、スマホを持ち始めたときは、さすがに「スマホのスタンダード化」を意識せざるを得ませんでした。スマホの普及に比例して、便利なアプリも次々にリリースされていますが、いかんせん数がありすぎる・・・! そこで今回は、当ブログの記念すべき第一回目の記事「おすすめアンドロイドアプリ」の第二弾をお送りします! アメリカ在住のユーザさんたちは、どのようなアプリを使っているのでしょうか? 


A.S.さん
ニューヨーク州在住
アメリカ生活2カ月

1.World News Live24

cnn nhk bbcなどの10以上の代表的なメディアの英語版生放送がいつでもどこでも見れる。無料で軽い。cctvだけなぜかつながらないが。

2.Advanced Task Killer

動きが遅いと思ったらほかの常駐アプリをkill、これで快適が戻ります。

3.Pleco Chinese Dictionary

これからの時代は英語と中国語。そしてこの辞書アプリ、中国語の辞書の中では最高なのでは。なにより手書き文字認識機能がうれしい。横文字と違って読み方がわからないと検索すらできないのが立て文字の難点。それを解決する方法がこれなんでしょうね。



花さん
アメリカ生活3年

1.Gasbuddy

GPSを使って現在自分のいる位置から1番近いガスステーションを探してくれたり、1番安いガスステーションを安い値段順に表示してくれるのでとても便利です!

2.Coupons

Coupons.com の最新クーポンを見ることができショピングカードにクーポンをダウンロードできる便利なアプリです!クーポンは主婦や学生さんの強い見方です☆

3.Snoopy’s fair

Snoopy のstate fair や gardenを作って行くgameでいつでもどこでも遊べちゃいます! 一度はじめたらやみつきになっちゃうアプリです。snoopyや仲間達がとてもかわいくて、暇つぶしには最適です!


まとめ

ご登場いただいたユーザさんのほかにも、多くの方からおすすめのアプリ情報をいただきました♪ アメリカ生活に役立ちそうなアプリをご紹介します。

●クーポンアプリ「Yowza!!」
Couponがあると大幅な割引が得られるので、結構アメリカ人はプリントアウトして持ち歩いています。衝動的に買い物をしたいと思ってもこのアプリがあれば安心。これとCoupon SherpaがあればCouponサービスをしている大抵の店をカバーしてくれます。(M.T.さん)

●処方薬の中身は?「Epocrates」
なれない異国のアメリカでお医者さんから薬を処方された際に薬の詳細をアンドロイドから写真入りで見ることが出来ます!神経質な人には最適かも。(Y.G.さん)

●車社会アメリカでは必須!?「Best parking.com」
NYCでのストリートパーキング、有料パーキングの情報が簡単に分かるので重宝しています。いい意味で節約アプリですね。(T.M.さん)
※当アプリはニューヨークだけでなく、アメリカの主要都市もカバーしています(ユキ)

●アメリカで家を買うなら「Zillow Real Estate Android™」
家を買ったり、レンタルしたいときにとても役立ちます。 家賃や販売価格だけでなく、内装なども写真で紹介され、場所も地図ですぐに確認できる、便利なツールです。(Y.K.さん)

●無料WiFiスポットでおなじみ「Starbucks」
日本では店名・場所の検索、支払い機能しかありませんが、米国版はWelcome、Green、Gold のレベルによって、フリーリフィルやフリードリンクのサービスが受けられます。在米期間はStarbucks Cardに登録することをおすすめしますが、このアプリがあれば持ち歩く必要もありません。このアプリで課金したものは米国・カナダで使用可能ですが日本では共有できません。(M.T.さん)

ハナセルでもお客さまサポートページmyHanaCellで、バッテリー節約などのおすすめアプリをいくつかご紹介しております。こちらもあわせてご覧くださいね。スマホをまだお持ちでない方は、ハナセルが取り扱っているアメリカ携帯電話ラインナップからもお選びいただけます。ユーザさんたちおすすめのアプリをダウンロードすれば、今よりもっと楽しいアメリカ生活になるかも!?

当ブログは今回でしばらくお休みとなります。またいつか戻ってくる日をお楽しみに♪


どんな町でも住めば都♪アメリカ版ご当地自慢2

アメリカ携帯電話ハナセルのブログ担当のユキです!

前回の記事でお知らせしたとおり、今回もアメリカ在住のユーザさんたちによる「ご当地自慢」です。前回の記事を更新した翌日、我が家の近くに隠れ家風のバーを発見してしまいました! 置いてあるお酒は、どれもビンテージものばかり。つまり、飲みたい! お財布と相談しつつ、長く通い続けたいと思います。・・・住む町に愛着が沸くのは、小さな発見や人との出会いなど、他人から見たら、ほんのささいなことがきっかけなのかもしれませんね。
 


●Ridgewood(ニュージャージー州)


和田千恵子さん
アメリカ生活38年

1:公園Trail

町の真ん中にあるというのに自然がいっぱい。季節の移り変わりが目に見えて、毎日行って歩いても、ジョギングしても飽きない素晴らしい環境。渓流に沿ってトレイルがあって、手入れも行き届き渓流釣りもできるし、手放したくない環境。全長6マイル、隣町ともつながってできているので、多くの人たちが楽しんでいるが、週末以外は人も少なく、ゆったりとした時間がすごせる。私たちの健康維持にも一役買ってくれています。

2:商店街

この町は古くからあって、小さいながらも、とても垢抜けた店が並んでいる町。夏はビレッジのように外で食事ができるような、しゃれた店が多い。レストランなどもほとんどの国のものがあり隣町などからも多くの人がやってくる。日本食のマーケットもあり、とても多様な駅前商店街。小さいながら映画館もあります。商店街のはずれにあるRidgewood高校は、創立115年位経ってる由緒ある高校です。

3:交通の便

マンハッタンからバスでも電車でも利用可能。マンハッタンのベットタウンといわれて多くの人たちがNYへ働きに出ている。マンハッタンまで車で30分しかかからないのに全く違った環境になる。緑に囲まれた素敵な町です。


●kilgore(テキサス州)


S.T.さん
アメリカ生活2年半

1:ダウンタウンにあるカフェ

田舎の街なのでスターバックスみたいな大手のカフェは無いのですが、ダウンタウンにあるGooddayというカフェは店内がおしゃれで無料のWi-Fiもあり、ドリンクはスターバックス等より安く、学生割引もあり、勉強できる机もあるので非常に重宝しています。友達が自分の街に遊びに来たら絶対に連れていく場所です。

2:キルゴア大学のダンスチーム「Rangerettes」

大学のダンスチームなのですが全米でも1,2を争うほどの実力らしいです。年に一度学校内のステージでダンスを演じるのですが、初めて観た時はその凄さにビックリしました。田舎の学校なのでまさかこんなにすごいダンスチームがあるなんて思いもしませんでした。学校内にはそのRengerettesの歴史を展示したミュージアムもあります。

3:オイルミュージアム

キルゴアは昔多くの石油を産出していたらしく、何でも当時はアメリカで一番お金があった街だったそうです。今では石油も出なくなったので当時の面影はありませんが、そのオイルミュージアムでは昔の写真や石油採掘の方法・作業員の生活風景などを展示しています。おみやげコーナーも充実しててなかなかしっかりした博物館でした。


●University Place(ワシントン州)


N.K.さん
アメリカ生活1年

1:July 4thの花火

ご近所が競って花火をあげるのです。 地域限定で花火が許可されていて、一年に一度の花火をご近所じゅうが楽しみにしていて、とんでもない数の花火があがります。

2:マウントレーニア

空の色が水色なので、山と空のコントラスト的に撮影向きではないのですが、町からも見える山がとても綺麗。写真に収められないのは少々残念ですが、桜同様、絵にするより目で確認するほうがずっと綺麗なものというのは、本当の美しさを持つものだと思います。

3:タコマナロウズブリッジ

寒い朝、前が見えないくらいの霧がかかった橋は有料でも走りたくなります。とても綺麗です。晴れた日にはオリンピックの山々が見えて、それも綺麗です。


まとめ

ハナセルユーザさんたちのご当地自慢を聞いていると、実際にその町に住んでみたくなります。ハナセルのオフィスが半年ごとに移動できるといいなあ~・・・。さて、今回もコメントの一部をご紹介します。

Summit(カリフォルニア州)「レッドロブスター、リーガルシーフードどちらのお店もロブスターの臭みがほとんどなくとてもおいしい! 高級レストランで前述の店の4倍ほどの値段で食べたロブスターは臭みがあり、食感も今一つだった。チェルシーマーケットのロブスターもおいしいが、それよりもおいしいです」(H.N.さん)
Powell(オハイオ州)「地元では?タイガーウッズが試合のたびに訪れるといわれているアイスクリーム屋、Graeter’s.アメリカならではの1スクープの多さ、濃厚な味です。 夏には行列ができているほどの人気ぶりです」(K.U.さん)
East Lansing(ミシガン州)「暑い夏、寒い冬、そしてその間にそれぞれ1か月ほどある春と秋・・・といった感じで、四季がはっきりしており、移り変わりが楽しめます。冬は雪が積もることも多く少々厳しい気候ながら(また、その分)、春の草木の芽生え、秋の葉っぱの色づきは息をのむほど美しい!」(T.O.さん)
Denver(コロラド州)「ロッキー山脈に落ちる夕日の美しさは訪れた人しか味わえません、高度が高いため空気は乾燥し真夏でもベトベト感はありません、真夏でも夕方から涼しい風が吹きます、クーラーがない家も多いです」(T.M.さん)
Davis(カリフォルニア州)「街の20%位が大学の敷地で、住んでいる人も大学関係者がほとんど。夜のダウンタウンも全く問題なく出歩ける。ここに住んでいると平和ボケしそう」(Y.K.さん)
Portland(オレゴン州)「とにかくビールがおいしいです。街にはbreweryもたくさんあり、自宅で作ってる人もいます。それぞれのbrewerのいろんな味を楽しめます」(J.S.さん)

2回にわたりお届けしてきました「アメリカ版ご当地自慢」。いかがでしたか? 海外暮らしは何かと苦労がつきものなだけに、住む町くらいはリラックスして過ごしたいものですね。皆さんにとっての「第二の故郷」は見つかりましたか?


わたしの町が一番♪ アメリカ版ご当地自慢!

アメリカ携帯電話ハナセルのブログ担当のユキです! 

海外に住み始めてから、ちょうど4年が経過しました。4年前までは「早く日本に帰りたい・・・」とばかり思っていたのに、今や「第二の故郷」と思えるほど、なじんでしまいました。なるほど、「住めば都」とは、よく言ったものです。というわけで、今回のテーマは「住んでいる町自慢」! 地元愛に満ちたコメントがたくさん集まったため、2回に分けてお送りしたいと思います♪ 
 


●Irvine(カリフォルニア州)


A.R.さん
アメリカ生活17年

1:グレートパーク

木曜日から日曜日は無料でメリーゴーランドと気球に乗れる。夏はラテンやインド音楽、ジャズ、ロックンロールなどが聴ける無料のコンサートがある。日曜日はファーマーズマーケットがあり、新鮮な野菜や果物が買えたりと家族にはピッタリのパーク。

2:1ドル映画館

火曜日だけだけど、今時1ドルで映画が見られるなんてここしかないでしょう。 他の日は2ドルで、3Dの映画はメガネ付きで4ドルだけど、それでもかなりお得。

3:ダイソー

最近オープンしたダイソーだが、やはり何かと日本のモノを安く買えるのはうれしい。 品数も多く、日本の便利なものが揃っている。まるで日本にいるみたいでびっくり。


●Vienna(バージニア州)


M.T.さん
アメリカ生活3年半

1:Town of Vienna

1890年設立の古い町並みが教会を中心とした中心街に残る。イベントも多く、この時期ハローウィーンには盛大なパレートも催される。( http://www.viennava.gov/ )

2:Washington Old Dominion Trail

ランナーや自転車通勤に限らず、多くの人が利用する自慢のトレイル。特にこのエリアは自然が豊かで、いつでも鹿やうさぎ、カーディナルに会える。( http://www.wodfriends.org/ )

3:Tyson’s corner center

全米最大級のショッピングモール。ブランド中心のモールと、何でも揃う品揃え豊富なモールの二つに分かれている。 まもなくメトロも開業。( http://www.shoptysons.com/ )


●NorthShore(ハワイ州)


Macさん
アメリカ生活通算9年

1:Sunset Beach

その名の通り、サンセットが絶品。冬のノースショアは、波が高く、世界中からサーファーが集まることで有名ですが、夏は穏やかで、透き通ったビーチ、白い砂浜、ワイキキからは想像できない広いビーチ。オアフに観光に何度も来ているリピーターでもあまり訪れる人は少ないですが、ハワイの一部。ベストビーチの上位に必ずランクインします。

2:Ted’s Bakery

日本でも、一時期展開していた、Ted’s。ここも決して便利な場所ではありませんが、多くの人が訪れます。ベーカリーですが、リリコイハウピアパイ、チョコレートハウピアパイは、多くの人を引きつけます。 もちろん、パン、ケーキ以外にも、ロコモコやチリビーンズ、チキンなどのプレートランチも美味しいです。

3:Pupukea Hills

ここは、ローカルでもあまり入ってきませんが、あの日本でも有名なアーティスト、ヘザーブラウンなどが住んでいる高級住宅地。昼間の景色もいいですが、夜の月明かりとハレイワの夜景、風に揺れる椰子の樹、こんな風景を見ながらの一杯のビールは格別です。ガイドブックにも載っていないハワイのお屋敷タウンです。(これがハナセルで紹介されたら、誌上初でしょう!)←紹介しちゃいました!(ユキ)


まとめ

地元トークで盛り上がるのは、日本でも、アメリカでも一緒ですね! コメントの少ないユーザさんが、今回のテーマに関しては、かなり饒舌になっていたのがとても印象的でした。一部になってしまいますが、いくつかのコメントをご紹介します!

Cupertino(カリフォルニア州)「日本人、日系人、中国系、韓国系、インド系の人たちと、東洋人の割合がダントツに多いのも、ここシリコンバレーの特徴。彼らは優秀なエンジニアだったり、起業家だったり、はたまたその起業家に投資する投資家だったり。そんなわけで、日本食を始め、各国のアジアンテイストのレストラン、食材店が充実しています。今日は和食、明日は中華、明後日は、ベトナム料理、と毎日エスニックな料理が楽しめます」(N.A.さん)
Denver(コロラド州)「ロッキー山脈に落ちる夕日の美しさは訪れた人しか味わえません、高度が高いため空気は乾燥し真夏でもベトベト感はありません、真夏でも夕方から涼しい風が吹きます、クーラーがない家も多いです」(T.M.さん)
Knoxville(テネシー州)「カントリー歌手で有名なドリー・パートンさんがつくったDollywoodというテーマパークでは、絶叫マシーンからほのぼのする観覧車までいろいろな乗り物が楽しめるほか、アメリカ南部らしいショーも充実。古き良きアメリカを思わせる雰囲気を醸し出す演出がされており、鍛冶屋やガラス工芸、キャンドル屋さんなどのお店やゼネラルストアーがあって、ショッピングも楽しめます」(A.Mさん)
Providence(ロードアイランド州)「プロビデンスのあらゆるところにアートギャラリーやライブハウス、劇場などが大小問わず点在しており、住民が普段着で気軽にアートを楽しむといった文化があります」(K.O.さん)
Marietta(ジョージア州)「周りは日本の田舎のように緑ばかりなのに、車で15分ぐらいの範囲に大きなモールもあるし、レストランもたくさんあるし、何でも揃う居心地の良い町です」(Y.H.さん)
Philadelphia(ペンシルベニア州)「フィラデルフィアは独立宣言などが発表された街で、それに関わった偉人の家などがたくさん残っています。ここまでアメリカの歴史を感じ取れる街はアメリカにはないと思います」(Y.S.さん)

私の住むエリアの自慢は、猫が多いこと。飼い猫でも、野良猫でも、異常なほどに愛想がいいのです。たいていの猫は、なんとなく目を逸らせたり、ささっと逃げていってしまうものですが、うちのエリアの猫は「撫でろ」と強制してきます。動物好きにはうれしい環境ですが、出社時に出くわすと遊びすぎて、遅刻しかけるので油断なりません(嬉)

次回も同じテーマでお送りします。更新は再来週(予定)です! どうぞお楽しみに♪


アメリカで無料WiFiが使える場所といえば?

アメリカ携帯電話ハナセルのブログ担当、有希です!

時間に正確な公共交通機関、おいしい日本食、安くても素材の良い服などなど、日本へ一時帰国をするたびに、どんな些細なことでもいちいち感心してしまいますが・・・、無料WiFiの普及状況については頭をひねるばかり。特に、アメリカやヨーロッパでは至る所で無料WiFiを利用できますからね・・・。とは言え、スマートフォンを持つまでは、どこで無料WiFiを利用できるかサッパリ分かりませんでした。きっとこれは私だけではないはず! というわけで、今回は「アメリカで無料WiFiが使える場所」をアメリカ在住のハナセルユーザさんに聞いてみました! 
 


Y.H.さん
コネチカット州
アメリカ生活11カ月

1.空港

すべての空港ではないでしょうが、地方のローカル空港ではほとんど(少なくともブラッドレー空港)無料wifiがある印象です。また、空港によっては、ギフトショップに無料トライアルのクーポンコードをおいてあることもあります。旅行・出張の際には空港で情報が得られると便利です。

2.フェデックス・オフィス

運転していて、なにげに目に付くし、意外と多く存在するのがフェデックスオフィス。内部では、配送業務以外にも、文具など売っているスペースもあり、多少はゆっくりできます。お店の中にはいったり、外で駐車しながらwifiに接続しています。

3.ホテル

ホテルの系列によりますが、MarriottやComfort Innは基本的に無料wifiだったと思います。ホテルですと比較的立ち寄りやすいですし、ハイウェイ近くにあることも多く便利です。


まとめ

アメリカでWiFiにつなぐときは、日本やヨーロッパのようにセキュリティコードが不要な所が多く存在しています。「WiFiがありそうだ!」と思ったら、すかさずお手持ちの携帯電話でWiFiチェックを行い、鍵のかかっていないWiFiがあれば、まずはつなげてみましょう。お店によっては、店舗名が出てこない場合もあるので要注意です! さて、下記よりユーザさんおすすめの場所を一挙公開です♪ 

【ファストフード&カフェ】
アメリカ無料WiFiコンビ(?)と言えば、スターバックス、マクドナルド。日本のスターバックスでは、2012年7月より東京都内限定で無料WiFiを提供し始めましたよね。本家アメリカのスタバは、ユーザさんにとって格好の無料WiFiスポットになっているようです。日本でもおなじみのDunkin’ Donutsのほか、未上陸のタコベル、ワッフルハウスでも利用可能です。そして、スタバ以上にユーザさんの支持が高かったのは、Paneraです。「落ち着いた雰囲気のカフェで、スターバックスよりも軽食のメニューが豊富。座り心地のよい椅子やソファーもおすすめです(E.A.)」。軽食メニューは「サンドイッチがおいしい(W.T.さん)」だそうですよ♪ 

【大型スーパー】
スーパー内のコーヒーショップ、購入したものを食べるためのテーブルや椅子のあるエリアの多くでは、無料WiFiが提供されているとの情報アリ! たとえば、Giant Food Storesは「自由に使える椅子とテーブル、ソファーがあり、コンセント(電源)もあるので、ラップトップを持ち込んでとても快適に使えます!(H.A.さん)」とのこと。スーパーなら食べ物、飲み物があるから、部屋にこもって勉強するよりも効率的かも?

【図書館】
アメリカでは、「大きなところ小さなところ、どこに行ってもwifiが使える(T.H.さん)」んです。ユーザーさんの中には、「昨年、台風やトルネードなどで停電が4回ありましたが、そのうち数回は自宅前の電線が切断されたための停電があり、その際は自宅でインターネットができなくなったので足しげく図書館に通いました。閉館後も建物前の駐車場に車を停めてラップトップで繋がれましたし、本当に助かりました(L.H.さん)」という体験をされた方も・・・。ただ、いくら便利でも「居眠り厳禁。セキュリティーが徘徊しチェック(R.A.さん)」している図書館もあるようです。ご注意!

【公園】
ポカポカとした日差しの中、インターネットも楽しめるなんてとても快適! ニューヨークのBryan Parkでは、無料WiFiのほか「無料YOGA教室や青空図書館など、他の公共サービスも充実している(M.Sさん)」らしいですよ♪ また、携帯電話が圏外になってしまった国立公園のセコイヤナショナルパークでは、「ウクサチロッジという、大きな素敵なロッジに飛び込みで宿泊を決め、そういえば、と持ってたパソコンでためしたらWi-Fiがあって、携帯圏外でもWi-Fiがあるなんて、さすが国立公園!と、感動」というY.D.さんのように、国立公園内のロッジでは多くのところがWiFiを提供しているようです。公園で撮影した美しい自然を、Facebookなどにアップして自慢できちゃいますね♪

【交通機関】
長距離バスのMegabus高速鉄道Aceraなどの交通機関でもWiFiを利用できます。「ボストン/NY/フィラデルフィア/バルティモア/DCをつなぐ」バスをおすすめされるユーザさんによると、「(http://gotobus.com/で検索できるバスは)とにかく安くて安全、沢山のバス会社から選べる事と、delayの多い飛行機やアムトラック電車に比べ、確実に目的地に着ける(M.W.さん)」とのこと。旅行先のレストラン情報などは、移動中に計画しちゃいましょう!

【そのほか】
アメリカを代表する企業のひとつに、検索サイトのGoogleがありますよね。その「お膝元、Mountain View, Californiaだと様々な場所でGoogle WiFiが繋がり便利!(Y.K.さん)」だそうですよ! さすがGoogle先生ですね。自宅にインターネットを引く必要もなさそう♪

まだまだ多くの場所をおすすめいただいておりますが、ブログが長くなってしまうので代表的なものをご紹介しました! アメリカには至る所でWiFiが提供されているので、携帯電話やWiFi対応機器を持って、宝物探しならぬ、WiFi探しに出かけるのも楽しいかもしれませんね♪ ちなみに、ハナセルが提供するアメリカ携帯電話の中でWiFiに対応している機種は、サムスン・ギャラクシーBlu Magicになります。WiFi対応機器をお持ちでない方は、どうぞご検討くださいね♪


あれば重宝すること間違いなし!
日本から持って来て良かった物

こんにちは! アメリカ携帯電話ハナセルのユキです。

今回のブログのテーマは、前回同様「日本から持って来て良かった物」。前回のブログ更新後、あらためて海外で販売されている日用品と日本の物を比較してみましたが・・・ 機能性、耐久性(100円均一で購入したものでも長持ちしますよね!)、どれを取っても優れている物が多いなあ~と実感しました。8月は留学のために渡米する方、はたまた一時帰国する方など、多くの方が日米を行き交う月。渡米される方は準備のために、一時帰国する方は買い逃しがないよう、今回の記事を参考にしてくださいね!

 


 

ハナセル店長吉田
海外生活20年以上

1.コロコロ

海外はフローリングより汚れやすいカーペットが多い割には、コロコロが無いような気がしますが、IKEAとかにあるのかな。。。しかも、海外の電化製品って日本より性能が低い気がします。掃除機も音量だけは出ますが、吸う力が弱いんです。掃除機をしてから、コロコロはかかせません。

2.歯ブラシ

海外でも無印良品などで、日本製の歯ブラシが売っています。日本製の歯ブラシは断然すばらしい!例えば、同じORAL-Bでも日本製のものは、毛先が細くて優れています。海外のものは、日本で言ったら「太い」の選択肢しかないような。また、海外の歯ブラシのヘッド、若干大きめな気がするのは私だけでしょうか?! しかも、日本の方が安い気がします。

3.髪の毛のワックス

髪の毛のワックス、日本製のものは「さらさら」でも「しっかり」。またショート用、ロング用、手グシ、ナチュラル、アップ用、と本当に色々とありますよね。外国人の方は、そんなに髪にワックスなどを付けなくても自然とセットするのかもしれないですね。とにかく海外ですと、においが強い、最大ベトベト感、髪がぺったりなる、といった商品が多いです。オーガニックの化粧品しか買わないようにしていますが、ワックスだけは日本製、買ってしまいますね。


 

ハナセルスタッフ田中
海外生活6年

1.日本米

私の両親は、近所の農家から皮がついたままのお米を購入し、食べる前に脱穀しています。・・・本当に美味しいです! 最初は、現地スーパーのお米を食べていましたが、やっぱり両親が購入しているお米が恋しくなり、日本への帰省の度に持ち帰っています。気分がすぐれない時も、日本米と納豆だけで元気になれます♪

2.ヒー●テックのパジャマ

極度に寒がりの私にとって、ヒー●テック製品はかかせません。数年前、ヒー●テックのパジャマを買いにユニクロに行ったところ、店員さんに「ヒー●テックのパジャマは日本だけの販売です」と言われて以来、念のためヒー●テック製品は必ず日本で購入してきています。日本の方が種類も多い気がします。

3.ヤカン

全てではないですが、私は物に対しコダワリが強く、何か一つ買うたびにかなり下調べをします。最近、かなりこだわって購入したのが・・・ヤカン。形、色、機能・・・電気ケトルが一般的な国で、これら全て私の要求を満たすヤカンはありませんでした。
インターネットの”イメージ検索”でやっと見つけたのが、日本製のヤカン。その時、日本から遊びにきてくれる元同僚に、わざわざ日本から持ってきてもらいました・・・。(ありがと)


 

まとめ

今回はハナセルメンバーの登場でした! いかがでしたか? 歯ブラシはもちろん海外でも購入することができますが、吉田が言うように日本のものよりもサイズが大きい気がします。ハナセルユーザさんも、「「これは人間用かしら?」と思う様な大きさの物ばかり(中略)歯の治療代が桁外れに高いので、歯ブラシには妥協できないのです(C.T.さん)」との理由で歯ブラシをおすすめされています。皆さん、日本からの必需品は歯ブラシですよ!

アメリカ在住のハナセルユーザさんのおすすめは・・・

電池式蚊取り線香「日本にしか売ってない。 アメリカから通販で購入(輸入)しようとしても、通関でひっかり手元に届かない。 アメリカには代わりになるものがないので貴重(T.K.さん)」

トイレ便座カバー「アメリカにはほとんど売っていないし、ウォームレットの便座は見かけません。冬は冷たいので、カバーがあると安心です。(E.Y.さん)」

UV防止手袋「アメリカの日差しは強く、すぐに日焼けをしてしまいます。アメリカ人は日焼けをしたい人が多いため、日を避けるグッズがなく日焼け止めくらいしか売っていません(A.M.さん)」

洗濯ネット「こちらで4ドルとか5ドルで売っているネットは、固いし、サイズもいまいち。洗濯機が無骨だから、ネットは必需品だし、消耗品。日本製は長持ちするうえ、サイズも豊富です(T.S.さん)」

おむつ「アメリカのおむつは非常に固かったり、香料がついている。かぶれたときなどに日本のを使うと非常に助かる。ちなみに日本でも売っている大手の製品も全然固さやにおいがちがう(M.I.さん)」

たわし「そもそも店頭でほとんど見かけない。見かけて購入すると、ごしごしと使うと劣化が早くてあっという間に毛がなくなってしまう。やっぱり職人技の日本のたわしが一番良い!(T.F.さん)」

実は8月中旬に2週間ほど日本へ一時帰国します。100円均一ショップに行って、歯ブラシ、たわし、洗濯ネット、便座カバーを購入しなくては! そして、海外の食べ物で疲れた胃を癒すための日本食材も買ってこよう(今のところ、明太子パスタふりかけがベスト食材です)皆さん、ぜひ参考にしてくださいね。


↑ページの先頭に