アメリカで観る、平成が生んだ日本の裏家業ドラマ

突然ですが、アメリカで生活する中で、無性に日本の番組が観たくなる時ってありますよね? そう、お茶漬けが食べたくなるのと同じように。

近年日本コンテンツの海外展開が進んでいる中、アメリカでも日本のテレビ番組を視聴できる機会が増えてきたように思います。

そんな中、昨年開局した日本語放送チャンネルがあります。名前は「米国版ファミリー劇場」。懐かしのバラエティや人気ドラマから、ニュースやアニメまで幅広く放送しているチャンネルです。

そして、アメリカ在住日本人向けのサービス同士のタイアップということで、
月に1回、ハナセルのブログでおすすめ番組を紹介していくこととなりました!

第1回目の今回は、ついに平成最後の月ということで、アメリカでも観ることができる
「平成が生んだ裏家業ドラマ」3作品をご紹介!

 
1. 「静かなるドン」


©光和インターナショナル

まず初めは、日本のザ・裏家業とも言える”ヤクザ”ドラマ「静かなるドン」

“ヤクザドラマ”と言うと冷徹なシリアスものをイメージしてしまいますが、本ドラマはこのジャンルでは珍しく、コメディ要素がふんだんに取り入れられたドラマとなっております。

昼は平凡なサラリーマン、夜はヤクザの三代目総長という、まったく異なる二つの顔を持つ主人公(中山秀征)を、時にコミカルに描く痛快エンターテインメント。

人気漫画が原作で、今まで数多く実写化されてきた作品ですが、「米国版ファミリー劇場」で放送されているのは、ちょうど25年前に放送された中山秀征主演のドラマ版。
中山秀征を中心に、鹿賀丈史や阿藤海、なぎら健壱など実力派俳優が脇を固めます。

それにしても、2019年現在の石田ゆりこさんの美貌が、1994年出演時とほとんど変わらないということにただただ驚きです。

 
2. 「夜逃げ屋本舗」


©光和インターナショナル

2つ目の作品は、“夜逃げ”を手伝うプロフェッショナル「夜逃げ屋」の活躍を描く社会派ドラマ、「夜逃げ屋本舗」。

「正しい借金の踏み倒し方、教えます。」という、いかにも“裏家業”感が満載のキャッチフレーズではありますが、こちらも「静かなるドン」と同じく、コミカルなシーンが目白押しの作品。

主演は、今も第一線で活躍されている中村雅俊さん。
また、国分太一や東幹久、篠原ともえらが繰り出すユニークなかけあいも見どころの一つ。

スーツのサイズや色、女性のメイクなどを見ると、平成初期のあのころを懐かしく思い出させてくれる作品ですね。

ちなみに本作品に出てくる「夜逃げ屋」の社名は「ミッドナイトラン」。
これは、おそらく直訳からきているのだと思いますが、英語では”Moonlight Flit”というみたいですね!

 
3. 「コードネームミラージュ」


©2017 OHJI HIROI / CODE MIRAGE PARTNERS

最後の裏家業ドラマは「秘密諜報機関」をテーマにしたアクション刑事ドラマ、「コードネームミラージュ」。(2017年)

警察内に組織された秘密諜報部隊「K13」。この「K13」の活動はごく限られた者にしか知られておらず、メンバー達は記録上この世に存在しない。

従来の日本の刑事ドラマといえば、「止まれー!」と言いながら銃を空に向けて撃つような作品が多いですが、このドラマは、極悪人を撃ってから「止まれ!」と言うような、今までにないリアルと残酷さを追求した刑事ドラマです。

主演を演じるのは、仮面ライダーやイケメンパラダイスに出演していたイケメン俳優の桐山連。その他にも、要潤や武田真治など、平成に活躍したイケメン達が目白押しです!

以上3作品をご紹介しましが、皆さんの中には、平成初期の作品がドンピシャ!という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

「米国版ファミリー劇場」では、上記3作品以外にも、4月は「ドリフ大爆笑」や「科捜研の女」等も放送しているようです。
英語字幕がついていないので、日本で観ていたままの感覚で、日本のテレビを楽しむことができます!

視聴方法や番組情報は、WEBサイトをチェックしてみてください! https://fami-geki.tv
公式Facebook https://www.facebook.com/us.famigeki/
公式Twitter https://twitter.com/fami_geki_us

カテゴリー: 携帯電話とは関係の無いお話 | コメントする

ネットの広告

こんにちは、店長の姉です!

皆さんはネットを見ているときに突然さっきまでショッピングをしていて 見ていたものがフェースブックに広告として現れたことはありませんか? 私は新しい靴を買いたくて色々なサイトを見ていたのですが、結局何も買わずにしばらくしてフェースブックを見てみたら、靴の広告が現れて、びっくりしたことがあります。最近はそれが当たり前のようになってきていますが、その時はちょっと気持ちが悪かったです。

フェースブックにログインしている状態でネットを見ているとフェースブックはユーザーがどのサイトを見たのかどこをクリックしたのか、もちろんフェースブックにてもどの記事にいいねをしたのか、そういったユーザーの行動を見、情報を得て、ユーザーが興味がありそうな広告を提示しているのだそうです。

スマートフォンでは、Siriを呼んだりするときにスマートフォンが注意を向けて聞くことをすると思うのですが、Siriを呼んでない時もフェースブックのアプリなどはきっかけとなる言葉やフレーズを聞いていて、それを元に広告を提示するとか。こういったきっかけとなる言葉は何千とあるそうです。フェースブック自体はこれを否定していますが、正確にユーザーにあった広告が登場するのを見ていると、ほんとではないかと思っちゃいます。

フェースブックだけでなく、ブラウザなどを使っていると、どういったサイトを見たかというヒストリーが記録されているので、広告業などはすでにそれを追跡しているので私たちの行動、情報はもうすでに知られているのでちょっと怖いですよね。

カテゴリー: 携帯電話の利用について | コメントする

ARとグーグルマップ

こんにちは、店長の姉です!

ここ近年オーグメンティッド・リアリティーの開発の話を聞きますよね。オーグメンティッド・リアリティー(AR)とは日本語でいうと拡張現実というそうで、現実の光景にデジタル情報を重ねて映すというもので、2012年にグーグルが発表したグーグルグラスなどはその代表です。あと、アメリカでも日本でも人気のゲームアプリ、ポケモンGoなどがARを使っています。

現在グーグルは、グーグルマップをさらにARの機能を 取り入れる開発をしているそうです。今はテスト段階でいつ私たちが使えるようになるかはわからないそうです。

どういう感じなのかというと、スマートフォンなどのカメラで町並みを写すと、画面の町並みの上に進行方向をさす矢印が出てくるのだそうです。建物の表示なども出てくるそうですよ。

まだデザインなども開発中だそうですが、矢印や表示が町並みに重なっていると方向音痴の私でも簡単に目的地に着けそうです! 早く利用してみたいですね!

カテゴリー: 携帯電話の利用について | コメントする

旅行に便利なアプリ

こんにちは、店長の姉です!

もうすぐ3月ですが、今頃から夏休み休日の計画をされている方もいらっしゃるかもしれませんね。

皆さんはどのようなツールを使って計画を立てていらっしゃるでしょうか。最近では旅行の計画を助けてくれるアプリがたくさん出ています。

私が使っているのは飛行機の料金がこの月、日時にお得なことを教えてくれるアプリです。人気があるアプリはHopperです。このアプリをあけ、旅行したい日にちを選ぶと今飛行機を買うべきか、値段が安くなるのを待ったほうがいいと教えてくれます。他にもSkyscanner, Momondo, やHitlistなどのアプリも同じように飛行機の色々お得な値段を教えてくれます。

HotelTonightというアプリはすごく人気があるそうですよ。最近知ったアプリなのですが、このアプリはホテルと提携していて、売れ残ってしまった部屋などをこのアプリにのせ、安く提供しているのだそうです。旅行を計画を変更し、急に部屋を探さなくてはいけないという時にとても便利なのだそうです。そのままApple Payでお会計も済ませることができて便利です!

飛行機、ホテルのアプリを紹介しましたが、レンタルカーのアプリもあるそうですよ! Turoというのですが、350,000もの車を借りることができ、だいたい35%引きで借りることができるそうです。

お友達と一緒に旅行する場合、ホテルや食事、その他の出費などを簡単に割ることができるアプリもあるそうです。Splitwiseといいます。皆、どのくらい払ったのか記入し、一人一人、誰にいくら払えばいいか計算してくれるのだそうです!

旅行の計画も旅行自体もとても効率的に出来そうですね!

カテゴリー: 携帯電話の利用について | コメントする

iPhone 12年

こんにちは、店長の姉です!

皆さんの中でもオペラ鑑賞される方もいらっしゃると思います。先日、サンフランシスコ・オペラは来年公演するオペラの中で、スティーブ・ジョブスさんについて作ったオペラを公演すると発表しました。彼について、映画も本もたくさん出ているのでオペラはちょっとびっくりしました!

それで気が付いたのですが、iPhoneが発売されたのは2007年のことで12年たったのですね! それよりちょっとびっくりしたのがスティーブ・ジョブスさんが亡くなったのは2011年で彼はiPhoneがどう進化していったのか4年くらいしか知らないわけですよね。

iPhone自体はそんなに見た目も変わってないような気がしますが、ユーザーの使い方が変化していったかもしれないと思う今日この頃です。

iPhoneが発売された2007年、スティーブ・ジョブスさんが発表した時彼はiPhoneの機能を紹介して、アプリやインターネットに接続できるということはそんなに深く触れなかったそうです。iPhoneは電話できるiPodだと言っていたように思います。当時はまだApp Storeがありませんでした。今はアプリであふれているように思います。私もそうですが、iPhoneにはアプリがたくさんダウンロードされています! たくさんありすぎて、何がどこにあるのかわからなくなってしまった友達もいます! 

特にフェースブックやツイッターなどのソーシャルメディアのアプリはiPhoneから簡単にアクセスできるし、誰かがアップしたら通知してくれます。ので、iPhoneに注意がいつもいってしまって見ている時間がすごく長くなってしまいますよね。こんなにコンスタントにiPhoneを見て、ユーザーがiPhoneを管理するより、iPhoneが管理している状況をスティーブ・ジョブスさんは予想していなかったかもしれません。

電車に乗っていると私もついつい見てしまいますが、その代わり今度から本を読もうかなと思います!

カテゴリー: 携帯電話の利用について | コメントする