Apple Pay

みなさん、こんにちは、店長の姉です!

iPhoneに してから、もう一つ新しい機能を使えることができます。それはApple Payです!

お店のレジでiPhoneを店のレジの機械にかざすだけで料金を支払うことができます。日本では携帯を使って支払うことはもうすでにあるようですが、アメリカではこのApple Payが初めてです。

今年の6月から導入されたこの機能はiPhoneのタッチIDでログインしなくてはいけないので安心して使えるようです。

ちなみにタッチIDはご存知のかたもいらっしゃると思いますが、指紋認証センサー
で、iPhone 6から、iPhoneを指紋を使って解除することができるようになってまして、番号を入力するよりも本人しか解除できないので安全と言えると思います。

Apple Payを使うように設定するには、Walletというアプリへ行きます。そして使いたいクレジットカードを足します。この時なんと写真を撮ると自動に番号を捉えるのです! とても近代的です!

Apple Payが使えるお店はまだ少ないようですが、使えるところではApply Payのマークが付いています。

私は実はまだ使ったことがないので早く使ってみたいのですが、先日夫とアップルストアへ行った時に彼がiPhoneカバーを購入しました。この時、レジに行かずに商品のバーコードをiPhoneでスキャン。そしてApple Payで支払いをして、そのまま商品とともに店を出ました。商品を持って、レジの列に並ぶ手間が省けて時間もセーブできたのでとても効率がいいです! ただそのままお店の人に商品を見せずにお店をでたので、いいのかな? という感じはありましたけど! このバーコードをiPhoneでスキャンして支払い、という機能は他のお店ではまだないのかもしれません。

先月の時点ではスターバックスやKFCなどがApple Payを導入し始めたそうです。これからスーパーなどでも増えていくようで外に出て行く時は携帯だけ、という人が多くなるかもしれませんね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介
アップル
店長の姉をフォローする
ハナセル店長の日記

コメント