サンフランシスコで駐車違反

こんにちは、店長の姉です!

先月、大晦日にお友達とサンフランシスコで買い物などをしたりして楽しんできました! ところがお茶をして車に戻ってきたところ駐車違反のチケットをもらってしまったのです!

ticket

車を止めていたのは通りのパーキングメーター。ちゃんと2時間分の料金を払っていたのですが、ほんの数分遅れただけでなんと罰金$78!

アメリカではメーターメイドといわれる、駐車の取り締まりをする警察官がいます。車の前のタイヤが一つの三輪車のような車に乗って、街をパトロールしています。私たちももちろんその存在は見たことがあり知っていましたが、まさか数分でやってくるとは。。。サンフランシスコは特に厳しく、まめにチェックしているので、もしかすると私たちの車で時間が切れるのを待っていたのかもしれません。いい収入源になりますからね!

サンフランシスコには滅多に車で行かないようにしている理由は車を止めるところを探すのが大変なのと、あとこの取り締まりです。残念ながら大晦日で気が緩んでいたというしかありません、とほほです!

ひと昔前のパーキングメーターはコインしか使えませんでしたが、最近はクレジットカードも使えるようになっています。さらに便利なのが、携帯から、料金を足すことのできるPayByPhoneというアプリがあります! 時間が迫ってくると、アプリがお金を足したほうがいいと教えてくれるそうなので、これからサンフランシスコまで車で行く場合は必ず利用したいと思います!

皆さんもサンフランシスコにお出かけはお気をつけて!

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介
アメリカでの生活について
店長の姉をフォローする
ハナセル店長の日記

コメント