モベルイギリス本社近くにオリンピック聖火がやってきました。

HanaCellの親会社であるモベルコミュニケーションズリミテッド本社の近くにオリンピック聖火がやってまいりました。近くって本当に近くで、本社社員の妹さんが聖火を手に持ち、イギリス北西Ainsdaleという場所を900m走りました!
レイチェルさん
このかわいらしい方が、レイチェルさん、27歳。彼女は今までのマラソン経歴を認められ、今回聖火ランナーとして選ばれました。若いのに、本当にすごいんですよ。

彼女について、少しご紹介させていただきますね。現在Clarke Energyに勤務。会社の推薦により、聖火ランナーとして採用された彼女は普段からもランニングに熱中しています。ロンドンマラソンは、既に4回も経験していて、チャリティーラン(チャリティーの為に資金を集め、マラソンに参加するイベント)では、Cancer ResearchやSue Ryder Care(介護センター)の為に資金を60万以上集めています。

地元ではランニングクラブのキャプテンとして、コーチと共に練習スケジュールを組んだり、メンバーの体調などに気遣い、みんなをリードしていく存在として活躍中。また、Strinder Newsletter (マラソンランナー用ニュースレター)などのライター・編集も担当している多忙な毎日。勤務先でも海外支社とのマラソンイベントなどを主催するなど、本当にランニングが大好きなのが伝わってきます。

ちなみに、彼女の兄、Andyさんはモベル本社のウェブデザインナー/マーケターです。どうやら、ずーっと妹さんの隣で一緒に走り、ビデオを撮っていたようです。会社でもやさしそうなオーラ丸出しですが、この写真でも本当に彼の人柄がにじみ出てますよねー。
レイチェルさんとAndyさん

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介
ハナセルについて
HanaCell 吉田をフォローする
ハナセル店長の日記

コメント