世界の携帯電話加入者について

世界の携帯電話の加入者数が、2010年の段階で約53億(5,282,000,000)と記録されています。世界の人口の76.2%が携帯電話に加入していることになります。

先進国では、116% の加入率で、一人が一台以上携帯電話を保有していることになります。個人的にもプライベート用、仕事用と番号を使い分けていますが、知り合いなどでも2台がほとんどで、3台を利用している人もいます。

また、世界の加入者の約半分が、アジア人で、インドは70%、中国は64%の加入者率です。これからどんどん伸びるでしょう。

Wikipediaでは、このような統計が記載されています。

世界の携帯電話加入者数

世界の携帯電話加入者数 (International Telecommunication Union 2010年10月の統計)

個人的な話になりますが、今年初めてアフリカに上陸しました。アフリカの中でも貧困に悩まされているマラウィに行きましたが、仕事、電気、水道などが安定していない状況でも、携帯電話の保有者が多くびっくりしました。ちなみに日本のようにトイレットペーパーを大量買いしている人も、印象に残るほどよく見かけました。笑

先進国の中では、約40%の携帯電話加入者がスマートフォンを利用しているようです。スマートフォン時代の前はNokiaが圧倒的に携帯電話シェアを握っていましたが、新規加入者率が低下しているのも、AndroidやiPhoneなどの影響が一番の原因でしょう。

また、Android対iPhoneのバトルも続きそうですが、やはりオープンソースのAndroidはこれから根強く成長してくるだろう、というのが、モバイル業界の思考ではありますね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介
携帯電話市場について
HanaCell 吉田をフォローする
ハナセル店長の日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました