アメリカ出張の持ち物リスト|必要なアイテムをリスト形式で紹介

シェアする

グローバル化が進む現代では、取引先と直接会って話し合いをするために、海外出張を命じられたという方も多いでしょう。
アメリカなどの海外に出張する場合、「海外で必須のもの」「必要であるにもかかわらず、海外では手に入りにくいもの」などを忘れないよう、入念な準備が必要です。

今回は、アメリカへの海外出張を控えた方に、アメリカ出張で欠かせない持ち物リストや出張に持っていくべき理由を紹介します。
アメリカで使用できるスマホ・海外SIMもあわせて確認し、アメリカでのビジネスに支障が出ないよう、万全の態勢を整えましょう。

1.アメリカ出張に欠かせない持ち物とは?

アメリカ出張を無事にこなすためには、アメリカ滞在に必要な荷物をきちんとまとめてから出発することが必須です。

では、アメリカ出張に欠かせない持ち物には、どのようなものがあるのでしょうか。
アメリカ出張の必需品リストを確認し、揃えるべき持ち物をチェックしましょう。

【アメリカ出張に必要な持ち物リスト】

入れる場所
手持ちカバン(機内用・持ち運び用) スーツケース(キャリーケース)
貴重品
  • □パスポート
  • □ビザ
  • □航空券(チケット)
  • □現地の通貨
  • □クレジットカード
  • □小銭入れ
仕事道具
  • □筆記用具・手帳
  • □ファスナー付きの袋
  • □仕事関連の資料
  • □名刺
電子機器
  • □スマホ(携帯電話)
  • □ノートパソコン
  • □充電器
  • □電源コード
  • □モバイルバッテリー
□延長コード
日用品・便利グッズ
  • □ポケットティッシュ
  • □ハンカチ
  • □常備薬
  • □コード付きイヤホン
  • □耳栓
  • □アイマスク
  • □スニーカー
  • □化粧水
  • □非常食
衣類
  • □スーツ一式
  • □下着
  • □防寒具
  • □私服

国内旅行や日帰り出張であればそれほど荷物は大きくならないものの、アメリカ出張となると仕事道具だけでなく、電子機器の電源コードや着替え、宿泊セットなども必要です。

荷物が多くなるため、多くの方は手持ちのカバンとスーツケースといったように、バッグを複数口に分けるでしょう。

スーツケースは多くの荷物を収納できますが、自分の座席付近ではなく、別の場所に保管されて運ばれるため、破損や紛失のリスクがあることに注意が必要です。
上記のリストで示したとおり、貴重品や仕事道具など紛失して困るものはスーツケースに入れないようにしてください。

では、リストにあるアイテムは、アメリカ出張でどのように必要となるのでしょうか。
リストにあるアイテムを持っていくべき理由について、それぞれ簡単に説明します。

1-1.貴重品

海外出張に必須であり、自分の身から離さず持っておきたい貴重品は、スーツケースに入れず、機内持ち込み用の手持ちのカバンに入れるようにしましょう。

パスポートは、出入国や身分証明などの際に必要な重要アイテムです。
海外渡航には必須のアイテムであるため、有効期限が6ヵ月以上残っていることを確認したうえで、肌身離さず所持しておいてください。

滞在日数が90日以上の長期滞在となる場合はビザ申請を、90日未満の場合であれば電子渡航認証への申請(ESTA申請)を忘れないようにしましょう。
航空券も空港で提示するため、携行品として手元のカバンに入れておくことを忘れないでください。

また、現金(アメリカの現地通貨)や海外旅行保険が付帯したクレジットカードなど、アメリカで金銭的に困ることのないよう準備することも大切です。

アメリカはキャッシュレス化が進み、至るところでクレジットカードが使えますが、チップ文化も残っているため、チップ用に一定の金額の現金が必要となります。
チップの相場は「1回あたり1ドル札1〜2枚程度」と言われています。

1日に10回ほど渡すと考え、事前に両替しておきましょう。

また、万が一トラブルが発生した際の保険として、現金は小銭入れと財布に分けることをおすすめします。

1-2.仕事道具

仕事道具も紛失すると困るものであるため、機内持ち込み荷物として手持ちのカバンに入れるようにします。
仕事関連の資料や名刺、手帳やノート、さらに筆記用具など、アメリカでのビジネスに必要なものを準備してください。

また、ファスナー付きの袋は、海外滞在時の領収書の保管に便利です。
「日ごと」「取引先別」「項目別」といったように、後日帰国したときに精算しやすいよう、複数枚数準備して仕分けておきましょう。

1-3.電子機器

スマホや携帯電話、パソコンなど、仕事に使用する電子ツールも忘れずに持っていきましょう。
これらの機器や充電器(充電ケーブル)、および電源コードは、紛失すると仕事に支障が出る恐れがあるため、必ず手持ちのカバンに入れて機内に持ち込んでください。
突然の電池切れに備え、モバイルバッテリーも準備しておきましょう。

宿泊場所(ホテルなど)のコンセントの位置によっては、延長コードがあると、部屋で過ごす時間をより快適にできるケースもあります。
荷物に余裕があれば、延長コードをスーツケースに入れて持っていくこともおすすめです。

1-4.日用品・便利グッズ

アメリカ出張に限らず、ポケットティッシュやハンカチは身だしなみの必需品です。
特にポケットティッシュは、トイレットペーパーが備え付けられていないトイレを利用するケースを想定し、多めに準備しておきましょう。

移動中に使用するものを手持ちのカバンに入れたら、替えのものはスーツケースに入れても問題ありません。

日常的に服用している薬がある場合は、必要な日数分を手持ちのカバンに入れて持っていきます。
ほかにも、頭痛薬や下痢止めなどがあると、滞在中も安心です。
化粧品や日焼け止め、日常的に利用する身だしなみアイテムも忘れないようにしましょう。

アイマスクや耳栓など、飛行機の旅を快適にするアイテムも必要です。
イヤホンを利用したい方は、コードレスイヤホンが使えない航空会社があることも考慮し、コード付きのものを選びましょう。

スーツケースには、ビジネスシューズを履かなくてもよい場合に利用するスニーカーや、食事をとれなかった場合に備えた非常食を入れます。
アメリカは日本とは異なり、湿度が低く乾燥しやすいため、化粧水やリップクリームなどの保湿アイテムも忘れないようにしましょう。
シャンプー・コンディショナー、折りたたみヘアブラシなどの宿泊用品も必要です。

1-5.衣類

アメリカ出張は日帰りでできるようなものではないため、予定している滞在日数に応じた量の衣類を持っていかなければなりません。
ビジネスで利用するスーツ一式や下着類(靴下なども含む)、私服などといった必要な洋服を、スーツケースに入れて準備してください。

また、アメリカと日本では気候が異なるため、季節や滞在先の環境によっては日本よりも肌寒く感じる場合もあります。
滞在期間中の天気や気温、湿度などといった現地情報を事前に確認し、適切な防寒具を選ぶようにしましょう。

2.アメリカ出張には海外SIMが欠かせない

アメリカ出張では、現地の取引先と電話やメールなどで連絡を取り合ったり、ネットで情報を調べたりする機会も多いため、スマホ(携帯電話)は必須のアイテムです。
通話料や通信料を節約したい方は、海外SIMの契約を忘れずに行いましょう。

日本で使用しているスマホは、海外SIMの契約なしでも「国際ローミング」という通信方法で使用できますが、通信料が高額になるケースが多いというデメリットがあります。
日本の携帯電話番号を使用することとなるため、アメリカのビジネス相手に電話してもらうときには、「日本への国際電話」という形になることにも注意しましょう。

海外SIMを利用する場合、使い方に合ったサービスやプランを選択すれば、通話料や通信料を大幅に抑えることが可能です。
日本で使用していたスマホのSIMを差し替えるだけで、利用できることも多いという嬉しいポイントもあります。

しかし、海外SIMを現地で契約しようとすると、英語で手続きを行わなければなりません。
慣れない言語で手続きを行うと、契約違反や意味の取り違えといったミスに繋がりやすいため、日本で手続きを行ってからアメリカに持っていくスタイルがおすすめです。

「ハナセル」で提供しているアメリカSIMは、日本で契約してスマホの設定を行い、動作確認をしてからアメリカに持っていけるという点が魅力的です。
解約料が不要で月額料金も全米最安値クラスのプランがあるなど、短期間滞在の方やコストが気になる方も安心して利用できるでしょう。

アメリカ以外でも、日本や世界210ヵ国でアメリカ国内とほぼ同じ通話料・通信料であり、日本やほかの国でもスムーズに利用できるため、海外出張が多い方にも人気です。
格安で日本語サポートも手厚い「ハナセル」のアメリカSIMを、ぜひ利用してください。

「ハナセル」のアメリカSIMの詳細・お申込みはこちら

まとめ

アメリカ出張ではパスポートや航空券、ビザなど渡航に必要なものや、海外保険付帯のクレジットカード、電子機器の本体・充電コード、着替えなどさまざまなものが必要です。
荷物リストを確認し、紛失して困るものはスーツケースに入れず、手荷物の中に収めるようにしましょう。

アメリカで安心してスマホを利用したい方は、「ハナセル」の海外SIMを日本で契約して持っていくことをおすすめします。
持ち物や海外SIMの準備をきちんと行い、ビジネスに集中できる態勢を整えましょう。

シェアする

フォローする