アメリカの高級オーガニックスーパー ホールフーズでお買い物

シェアする

オーガニック食品に特化したアメリカの大型スーパーマーケットホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)は、ナチュラル志向が高まる中とても人気で、米国内に約480店舗が展開されています。

アメリカに住み始めて高品質の食材やデリを買いたい時に、きっとお世話になるであろう高級スーパーマーケットです。

今回はホールフーズの人気商品やお得にお買い物する方法などを紹介します。

アメリカ ホールフーズ

1. アメリカの高級スーパーマーケット

アメリカの住宅地は「高級」なエリアと、そうではないエリアの格差が如実にあります。アメリカのもう一つの人気スーパーマーケットであるコストコが郊外の住宅地に展開しているのに対し、ホールフーズは高級な住宅地、裕福なエリアの近くにお店を出しています。

不動産を見る際はホールフーズが新しくできる計画があるとそのエリアはまた富裕層に人気が出る、とまで言われます。

ということで、基本的にホールフーズで扱っている食品は質が高く、そのためお値段も高めです。

2. ホールフーズで賢くお買い物をする方法

高級スーパーのホールフーズで、できるだけお得にお買い物をするにはどうすればいいのでしょうか?

ホールフーズには365という自社ブランドがあります。たくさんの商品が並ぶ中、一番お安く済ませようとするならば、まず365の商品を狙って買うのが一番いい方法です。また、野菜・果物類であれば、旬のもの、ローカルのものなら値段も手頃です。

現在はアマゾンと業務提携をしており、アマゾンプライムの会員になり、会員限定の割引価格のものばかり買うのもかなりの額が抑えられます。アマゾンプライムでデリバリーを頼むこともできるのですが、その日安売りをしているアイテムだけを注文すれば、コストを抑えることができます。

3. ホールフーズはデリコーナーが充実

米国では人件費が高いため、一般的なスーパーではそんなにお惣菜が充実していません。でも、ホールフーズにはできたてのお惣菜売り場(デリ)があり、かなりの広さです。アメリカのスーパーではあまり目にしないたくさんのお惣菜が、日本のデパ地下のように並んでいます。

ホールフーズはお惣菜や、すぐに食べられるパック入り食品、焼きたてのパンなどにかなり力を入れています。割高であっても、需要は高いことが伺えます。

スープやサラダ、おかずの量り売りもあり、これはとても便利。オフィスに近い店舗では昼時はお弁当として買いに来る人で店舗内のイートインエリアが混雑することもあります。

冷蔵コーナーではパックに入ったお寿司やアジアンフードも充実しているので、目移りしてしまいますよ。

デザートの中でも人気なのはティラミスです。かなりの量が小分けパックに入って売られていますが、美味しくて結局全部食べてしまったという方の体験談がちらほら!

4. デリバリーにも対応

先述しましたが、ホールフーズはアマゾンと業務提携をしているので、プライム会員だとアマゾンのアプリからデリバリーを注文することができます。

実店舗でもプライム会員のみ割引サービスを受けられるなどの特典があるので、ホールフーズでよく買い物をする方は、アマゾンプライム会員になるといいですね。

5. まとめ

アメリカの購入オーガニックスーパーマーケット、ホールフーズについて紹介してきました。
アメリカでオーガニック商品やお惣菜を買いたい時には、ホールフーズに足を運んでみてください。

また、アメリカの大手スーパー各社の特徴を知りたいという方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

アメリカ在住の筆者が、アメリカの大手有名スーパーマーケット(コストコ、ターゲット、ウォルマート、トレーダージョーズ、ホールフーズ)のそれぞれの特徴を紹介します。また、アメリカ在住の方向けに日本の食材が買える日系・アジア系スーパーについても。

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする