Sprintで買った携帯のSIMロックを解除する方法

シェアする

アメリカのスプリントで購入した端末の場合、
2015年2月以降に発売された新しい機種なら、
条件を満たした端末は自動でSIMロックが解除されます。
手続きが不要というのは、便利ですね。

それよりも前に発売された機種のSIMロックを解除したい場合や、
条件を満たしているのに手違いなどでSIMロックが解除されていない場合は、Sprintのカスタマーサポートに問い合わせが必要です。

SprintのSIMロック解除条件を紹介します。

関連記事:SIMカードとは? SIMロック解除って? アメリカ携帯電話の基礎講座

スプリントのSIMロック解除の条件

1. SIMロック解除対応端末(SIM Unlock capable devices)であること

スプリント携帯は、機種によっては、そもそもSIMロック解除をすることができません。

iPhoneの場合、iPhone 5s、SEや、
それよりも新しいiPhoneがSIMロック解除に対応しています。

スプリントのiPhone 4s、5では、
アメリカの他社のSIMカードを使うためのSIMロック解除(Domestic SIM Unlock)ができません。
アメリカ以外の国のSIMカードを使うためのSIMロック解除(International SIM Unlock)は可能です。International SIM Unlockを行えば、日本に帰国した時に日本のSIMを入れて使うことができます。

iPhone以外の機種は、Sprintのウェブサイト
「SIM Unlock capable devices」をご確認ください。

2. 50日間以上、Sprintで利用していること

買った直後のスプリント端末は、SIMロック解除できません。

3. 契約を満了していること

2年契約の場合、2年以上経っていること
2年未満でSIMロックを解除したい場合は、早期解約のための違約金が必要になります。

端末の支払いが完了していること
分割払いが終わっていない場合は、繰り上げで支払いましょう。

端末をリースしている場合は?
リースの場合も、期間終了後にオプション料金を支払うと、借りていた端末を購入することができます。SIMロックが解除できるのは、端末を購入した後です。早く端末を購入したい場合は、リース料金の繰り上げ払いも可能なようです。

4. その他の条件

その他にも、普通に利用していれば問題ないはずですが、以下の条件があります。

  • アカウントに問題がないこと・・・支払いが遅延していないか、など
  • 盗難、紛失、不正行為などの届け出がされていないこと

おまけ:SIMロック解除したSprint携帯は、ハナセルで使えます

SIMロックを解除したスプリントのiPhoneは、
ハナセルのアメリカSIMカード($15、送料無料)を入れるだけで、
ハナセルのアメリカ携帯サービスが使えるようになります!

アメリカ携帯ハナセルのプラン

Sprintで使っている携帯電話番号をそのままハナセルで使うこともできます。電話番号移行の詳細はこちら

ハナセルに引越しすると・・・・

  • 毎月の携帯代が安くなる可能性大!
  • カスタマーサポートが日本語になります!
  • 急な本帰国が決まっても、いつでも無料で解約できます!
お客さまの写真


料金を減らし、安心感も得ることが出来ました
野上 春澄さん(在米2年、$29プラン利用)
ハナセルの前に、アメリカの電話会社のサービスを利用していました。プランの変更、機種変更、これらに伴う相談やトラブル対処を英語でするのが難しく、電話や店舗で確認するたびに違う回答となり、結局プランの変更・機種変更などを諦めていました。ハナセルに移行する際、過去解決できなかった他の電話会社との対応、機種変更等についても具体的なアドバイスを頂き、以前より費用を減らし、安心感を得ることが出来ました。使っている最中に発生するトラブルや疑問も丁寧に教えて頂き、満足しています。

お客さまの写真


WiFi+緊急通話時のみの子供用に
角田 健さん(在米2年半、$9.99プラン利用)
友人から紹介してもらいました。子供用にSIMフリーiPhoneを購入し、プロバイダを選考した際、やはり価格と日本語サポートが魅力で決めました。$9.99というプランは他には無く、WiFi+緊急通話時にしか使用しない子供用のスマートフォンには最適です。


iPhone以外のSprint機種の場合は、アメリカSIMをお買い求めの前に、
お持ちの端末がハナセルの周波数に対応しているかどうかご確認ください。
ハナセルの周波数に対応していないと、電波が拾えません。
対応周波数は、端末の箱や説明書などに書かれています。

※ハナセルの周波数
●4G(LTE):Band 2 (1900MHz) と Band 4 (1700/2100MHz AWS)
VoLTE対応機種
※LTE Band 12 (700MHz)もあれば、より電波状況が良くなります
※長くご利用いただくにはVoLTE対応機種を推奨
●3G(UMTS、W-CDMA):1700/2100 AWS (band 4) と 1900MHZ (Band 2)
●5G Band n71 (600MHz)に対応していると、5Gエリア内で5Gが使えます
※2G GSM 1900MHzも利用可能ですが、アメリカでの2Gエリアの縮小に伴い、利用範囲が制限されます

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする