アメリカの携帯やスマホ・SIMカードを日本で手に入れる方法

シェアする

これからアメリカ生活を始める予定の皆さん、こんにちは!

携帯電話の契約はアメリカに着いてからと考えている方もいるかもしれませんが、
渡米後すぐに待ち合わせの電話をかけたり、
行き先を地図で調べたり出来るほうが便利だと思いませんか?

実は、渡米前に日本でアメリカの携帯電話を手に入れることができます!

この「アメリカ新生活・移住ブログ」を運営しているハナセルが、
アメリカの携帯・SIMカードをあなたの日本のご自宅まで送料無料でお送りします。

ハナセルは日本での知名度はまだまだ低いのですが、
アメリカで10年以上も、在米日本人のための携帯サービスを提供している会社です。

それにハナセルは解約がいつでも無料。
最初の1カ月のために購入しておくのも手です!

アメリカの携帯を日本で手に入れる方法

ハナセルのアメリカ携帯は日本からでも簡単にお申込みいただけます。

1. まずはこちらのページより、プランをお選びください!

毎月の利用料は、プラン表に書かれている料金だけです。
消費税などが上乗せされることはありませんよ。

アメリカ携帯電話の通話料金の課金制度って、とっても不思議です。通話の着信が有料だったり、フリーダイヤルなのに有料の場合があったり。アメリカの通話料金の日本との違いをご紹介します

2. 次に「SIMカードのみ」「スマホセット」のどちらで加入するかお選びください!

SIMロックを解除した携帯やiPhoneをお持ちでしたら、SIMカードのみで加入もできます。

アメリカの携帯会社は加入時に$30ほどの契約手数料がかかることが多いのですが、ハナセルでは契約手数料なし!

SIMカード代$9(日米に送料無料)だけで、加入できます。

SIMロックの解除方法やハナセルで使える機種の詳細はこちらをご覧ください。
↓↓↓

アメリカで使えるSIMカードをお探しならぜひハナセルをお選びください。日本とアメリカへ無料配送でお届けします。おかげさまで15周年!日本語カスタマーサポート付きで安心です

新しくアメリカで使うスマホを購入したい方には、
スマホとアメリカSIMカードのセット販売もございます!
↓↓↓

アメリカのスマホ「Moto e7」の販売ページ。日本とアメリカに送料無料でお届け。HanaCellのアメリカ携帯サービスが使えます

3. ウェブから簡単お申込み! 日本へ送料無料です!

プランと機種を選んで、「お申込み」ボタンをクリック

お申込みフォームが開きます。以下の情報をご入力ください。

●配送方法・・・配送方法によっては、受取日・時間帯も選べます。通常配送は無料です。

●アメリカのZIPコード(郵便番号)・・・アメリカで滞在するエリアの郵便番号を入力してください。アメリカの携帯電話番号には固定電話と同じく市外局番があり、ここで書いていただいた郵便番号を元に市外局番を決定します。住所が確定していない場合は、学校、会社、ホテルなどの郵便番号で構いません。実際に住む場所の郵便番号と違っていても問題ありません。どこの市外局番でも構わないという方は「10010」(ニューヨークの郵便番号)を入力してください。

●開通希望日・・・この日から料金プランがスタートします。渡米までに日数があっても、事前にお申込みいただけます!

●お届け先住所
●メールアドレス
●お支払い方法(クレジットカードまたはPayPal)

以上で、日本からのお申込みは終了!

あとは商品が届くのをお待ちいただくだけ。

関連記事:アメリカのスマホ・携帯・SIMカード契約の基礎講座

疑問はお気軽にお問い合わせください!

わからないことや、不安に思ったことがあれば、
ハナセルのカスタマーサポートまで日本語でお問い合わせください!

ハナセル・カスタマーサポート
米国内フリーダイヤル +1-888-634-8226

アメリカの電話番号ですが、
スカイプを使えば日本からでも無料でかけることができます!

ただし、営業時間がNY時間の9~17時(月~木)、9~16時(金)ですので、
日本時間だと夜中になってしまいます・・・ご了承ください。
(お仕事をされている方には、逆にかけやすい時間帯かもしれません。)

また、お申込みはウェブサイトだけでなく、お電話でも受け付けています。

メールでのお問い合わせも、できるだけすぐに返信いたします!

ハナセルのアメリカ携帯をお勧めする理由

最後に、ハナセルに届いたお客さまの声を紹介します!

野上 春澄さん料金を減らし、安心感も得ることが出来ました
野上 春澄さん(在米2年、$29プラン利用)

ハナセルの前に、アメリカの電話会社のサービスを利用していました。プランの変更、機種変更、これらに伴う相談やトラブル対処を英語でするのが難しく、電話や店舗で確認するたびに違う回答となり、結局プランの変更・機種変更などを諦めていました。ハナセルに移行する際、過去解決できなかった他の電話会社との対応、機種変更等についても具体的なアドバイスを頂き、以前より費用を減らし、安心感を得ることが出来ました。使っている最中に発生するトラブルや疑問も丁寧に教えて頂き、満足しています。

京増 翔さん料金を抑えたい学生のニーズに合うプラン
京増 翔さん(在米3年、$9.99プラン利用)

$9.99プランを使い始めて1年になりますが、とてもリーズナブルで満足しています。普段あまり携帯電話を使わないというのも大きな理由かもしれません。$9.99プランでは、原則インターネットを使用できませんが、キャンパスやカフェ、図書館など、外出先においてWiFiを利用できる場所がたくさんあるので、私にとって特に大きな問題はありません。携帯電話にかかる支出をなるべく安く抑えたいという学生のニーズに、とても合っているプランだと思います。

アメリカ携帯電話の通話料金の課金制度って、とっても不思議です。通話の着信が有料だったり、フリーダイヤルなのに有料の場合があったり。アメリカの通話料金の日本との違いをご紹介します

本間 泰樹さん友人が驚く料金プランの安さ
本間 泰樹さん(在米3年9カ月、$29プラン利用)

友人に話すとみんな料金プランの安さに驚きます。それに、カスタマーサポートの対応が早く、丁寧に説明・回答してくれるので安心です。日本語で対応していただけるのも大変に助かっています。
使い過ぎの時なども心配して連絡をくれたのは嬉しいです。この時は、電話を切らずにいたことが原因だとわかりました。

Y.T.さん留学当初から3年間ずっと利用しています
Y.T.さん(在米3年、$29プラン利用)

アメリカ留学をしてもうすぐ3年になりますが、留学始めからずっとハナセルを利用しています。まだ英語に不安があった留学当初も、日本語でのサービスだったので安心できました。わからないことがあって問い合わせをしてもすぐに丁寧なサポートをしてもらえるので安心して利用しています。また、解約料金が発生せず、月々の料金も安いのは、留学生にとってとても助かります。なによりも日本の会社だということが、わたしにとって大きな安心要素のひとつです。

アメリカ携帯電話の通話料金の課金制度って、とっても不思議です。通話の着信が有料だったり、フリーダイヤルなのに有料の場合があったり。アメリカの通話料金の日本との違いをご紹介します

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする