アメリカでeSIMが使えるキャリア・プリペイドプランの登録方法を紹介!

eSIMはオンラインでアクティベートしてモバイル通信を行う技術で、アメリカや日本でも提供するキャリアが増えてきています。物理的なSIMカード不要で通信キャリアを利用できることから、世界各国で旅行や出張時に便利なサービスとして利用者が増えつつあります。

しかし、eSIMの申込方法やプリペイドプランへの対応は、キャリアによって大きく異なるようです。

今回は、アメリカのeSIM事情をご紹介しつつ、メリット・デメリットの両方について解説していきます。

アメリカSIM 長期滞在
アメリカeSIM 短期プリペイド

1.eSIMとは?ブラウザやアプリでアクティベートするSIMのこと

eSIMとは?ブラウザやアプリでアクティベートするSIMのこと

eSIMとは物理的なSIMカードがなくても、アプリやwebからプロファイルをインストールして通話やネット通信が使える技術です。eSIM対応のスマホであれば、店舗に出向いたり、物理SIMカードを郵送で受け取るなどの手間をかけずとも、オンライン上で短時間で通信キャリアと契約できます。

デュアルSIMと言って、eSIMと普通のSIMを組み合わせて1台のスマホで複数の電話番号を持てたり、使用するネットワーク回線を選択できたりします。

eSIM対応のスマホはメーカーによって異なります。お使いのスマホ、購入予定の機種がこれ以降に発売されたものであれば利用できます。

1-1.eSIM対応端末

メーカー 初めて対応した端末
Apple iPhone XS、iPhone XS MAX、iPhone XR
Samsung 該当なし
Google Pixel 3a
Xperia Xperia 10 III Lite

いずれも日本国内で発売された携帯端末を表す。
引用元:eSIM – Wikipedia

2.アメリカでeSIMが使えるキャリア

アメリカでeSIMが使えるのは、
・AT&T
・T-mobile
・Verizon
の3キャリアです。

この3つのキャリアはアメリカでも最大手の通信キャリアで、日本で言うとdocomo、au、Softbankのような存在です。これらのキャリアはオリジナルの回線を保有しているため、アメリカでスマホを使う場合上記いずれかの回線を使うことになると思います。

アメリカの大手3キャリアの違いが分かりやすいように表で比較してみました。

キャリア T-mobile AT&T Verizon 
通信エリア
eSIM対応

プリペイドにも対応

プリペイド非対応(ポストペイドのみ)

プリペイド非対応(ポストペイドのみ)

特色 ・コストパフォーマンスに優れているプラン設定

・5Gに強いキャリア

・契約回線数に応じて料金が安くなる(プリペイドプラン)

・大手キャリアで唯一プリペイドeSIMに対応

・ファミリー割引が利用できる(ポストペイドプラン)

・データ量の大きいプランが充実している

・プリペイドプランは少なめ

・12ヶ月分の月額料金前払いでお得に使えるプリペイドプランもあり

・メキシコ・カナダでのデータ利用がお得

・地方などでも繋がりやすい

・サブスク付プランが充実(ポストペイドプラン)

・契約期間が長くなると割引される(プリペイドプラン)

以下からは、
・それぞれのキャリアの特徴
・eSIMの対応状況
・プリペイドプラン
についてご紹介します。

2-1.AT&T

画像引用元:5G Network, 5G Plans & More - AT&T

画像引用元:5G Network, 5G Plans & More
– AT&T

AT&Tは、アメリカ大手の通信キャリアです。
アメリカ国内に居住する人が契約した場合は、eSIMで以下の通常プランが利用できます。

・AT&T UNLIMITED PREMIUM PLAN
・AT&T UNLIMITED EXTRA PLAN
・AT&T UNLIMITED STARTER PLAN

ネットワークカバー率が非常に高くアメリカ全土はもちろん、カナダとメキシコでも対応エリアを広げています。

画像引用元:AT&T Maps - Wireless Coverage Map for Voice and Data Coverage from AT&T

画像引用元:AT&T Maps –
Wireless Coverage Map for Voice and Data Coverage from AT&T

エリアの広さや通信品質の良さからか、外国から来た人、アメリカに一時帰国した人向けのプリペイドSIMでもAT&Tの回線を使用した製品は多いです。
アメリカでもバランスの良いキャリアというイメージがあります。

AT&TのプリペイドプランはeSIMには対応していないため、店舗販売されているSIMカードなどを購入する必要があります。
プリペイドプランは、データ通信料ごとに料金が異なります。有効期限は全プラン共通で1ヶ月間で、月途中にデータ容量を使いきってしまった場合は有料でチャージできます。

AT&Tのプリペイドプラン(SIMカードのみ)
・$30/月 5GBで余った分は繰越可能
・$40/月 15GBで余った分は繰越可能、メキシコとカナダへの通話も無制限
・$65/月 データ通信無制限、メキシコとカナダへの通話も無制限

2-2.T-mobile

画像引用元:T-Mobile & Sprint merged to create America's 5G leader in coverage

画像引用元:T-Mobile & Sprint merged to create
America’s 5G leader in coverage

T-mobileはドイツ発の通信キャリアで、欧米で広く親しまれています。

画像引用元:T-Mobile & Sprint merged to create America's 5G leader in coverage

画像引用元:T-Mobile & Sprint merged to create
America’s 5G leader in coverage

対応エリアは広く、都市部のカバー率が高いことでも知られています。
また、5G対応のエリアが広く、高速通信が快適に利用できます。

アメリカでは、「プランがリーズナブルでお得なキャリア」というイメージがあるようです。

プリペイドeSIMのプランは以下の3種類があります。
・10GB $40/月
・Unlimited $50/月 ※テザリングは3G速度で使い放題
・Unlimited Plus $60/月 ※テザリングは10GBまで4G速度、その後は3G速度で使い放題

2-3.Verizon

画像引用元:Verizon: Wireless, Internet, TV and Phone Services | Official Site

画像引用元:Verizon: Wireless, Internet, TV and
Phone Services | Official Site

Verizonはニューヨークのローワーマンハッタンに拠点を置く通信キャリアです。
150ヶ国にサービスを展開しており、アメリカでも1億4,000万人以上が契約している最大級のキャリアとして知られています。
大手3キャリアの加入者は軒並み1億人オーバーですが、Verizonはその中でもやや多め。

画像引用元:Verizon: Wireless, Internet, TV and
Phone Services | Official Site

通信エリアは全米各地&カナダとメキシコの一部で、赤いマル部分は5Gのハイスピードエリアです。ベイエリアの都心でも繋がりやすいという意見が多かったですが、中部~中西部に対応していないエリアもちらほら見られるので、このあたりに住む予定がある方は要注意です。

通信品質が高いキャリアというイメージがあり、公式サイトでは期間限定でお得なプランを提供していることも。

VerizonのeSIMはポストペイド(後払い)のみで、利用にはSSNやクレジットヒストリーが必要です。プリペイドプランは種類が多く、通話無制限で通信ができないものからモバイル通信が無制限のものまであります。ただ、アプリ上の手続きが出来ず店舗でプリペイドプランのSIMカードを購入しなければなりません。

これらのプランはあくまでもそれぞれのキャリア公式を利用する場合の内容です。
同じ回線でも、MVNOを契約する場合はプラン内容・金額・通信速度などが異なります。

アメリカSIM 長期滞在
アメリカeSIM 短期プリペイド

3.アメリカでおすすめのeSIM


アメリカで使えるeSIMのおすすめサービスをご紹介します。

eSIMはSIMカードを入れ替える必要がないので、旅行や出張、短期留学など短期間渡米して帰国後に引き続き日本の通信キャリアを使いたい方にも紛失の心配がないのでおすすめです。

3-1.HanaCell


HanaCell はオンラインでアメリカ用SIMがお申込みいただけるサービスです。

HanaCell のeSIMはオンラインで申し込んで即日開通でき、現地キャリアにはない日本語サポートにも対応しておりますので初めてアメリカ用のeSIMをご利用される方にもおすすめです。
料金プランなどは記事終盤でご紹介しております。

3-2.AT&T

AT&Tはカバーしているエリアが広く、通信品質も高いためアメリカ在住者から人気があります。

都市部以外または他のキャリアに対応していない地域に滞在する予定がある方におすすめですが、前述の通りキャリアではプリペイドのeSIMには対応していません。

アメリカでクレジットヒストリーやSSNを持っていない人がAT&Tを利用したい場合は、プリペイドのSIMカードを購入するか、AT&Tの回線を利用したeSIM対応の海外SIMサービスや格安キャリア等を申し込む必要があります。

3-3.T-mobile


T-mobileはプリペイドプランも充実しているので、アメリカ国内でクレジットヒストリーがない渡航直後でもモバイル通信・通話が利用できます。

公式でプリペイドeSIMが使えるので、サポートがしっかりしているキャリアを利用したいという方や、海外SIMの業者選びが不安という方にもおすすめです。

次項からT-mobileのプリペイドeSIMを使う方法についてご紹介します。

4.アメリカでT-mobileのeSIMを使う方法

アメリカでT-mobileのeSIMを使う方法

アメリカでeSIMを使用するためには、
・専用アプリ
・キャリア公式サイト
のどちらかからeSIMをインストールする必要があります。
プリペイドでeSIMが使える大手キャリアはT-mobileのみですが、専用アプリから簡単に手続きができます。

4-1.アプリをインストールする

2022年8月現在でeSIMのアプリでの手続きに対応している大手キャリアはT-mobileとVerizonですが、Verizonはポストペイド(後払い)のみ対応でプリペイド(前払い)ができません。

まずは、T-mobileのeSIMアプリをスマホにインストールしておきます。
T-mobileのアメリカ用のeSIMはアメリカ国内にいる人でないと使えませんが、アプリのダウンロードには時間がかかるので日本にいる内に済ませておくといいでしょう。

アメリカについたらWi-Fi環境でアプリを立ち上げましょう。

4-2.プランを選択する

T-mobileのeSIM専用アプリを立ち上げたら、まずはメールアドレスを入力します。
郵便番号を含めたアメリカでの住所、またはホテルなどの滞在先を入力して以下のプランから希望するものを選択しましょう。
・10GB $40/月
・Unlimited $50/月 ※テザリングは3G速度で使い放題
・Unlimited Plus $60/月 ※テザリングは10GBまで4G速度、その後は3G速度で使い放題

4-3.カードで支払いをする

プランを選択したら次の画面に移って、
・クレジットカードの名義
・クレジットカードの番号
・有効期限
・CVC/CVV
・発行した国
・日本での郵便番号
などの情報を入力します。

最後に4桁の暗証番号を設定して手続きは完了です。
プランが追加されているので、OSの設定画面からインストールしましょう。
インストールが完了して、デフォルト回線またはデータ通信にeSIMの回線を設定すれば通話・通信ができる状態になっています。

5.アメリカでeSIMを使うメリット

メリット

アメリカでeSIMを利用するのは、どんなメリットがあるのでしょうか?

5-1.SIMカードの紛失の心配がない

海外に旅行や出張に行ったとき現地用のSIMを買って入れ替えて使うという方法も一般的ですが、スマホやモバイルルーター用のSIMカードはとても小さいため紛失することも考えられます。

SIMカードを紛失すると、キャリアに連絡して紛失したSIMを止めてもらい、再発行しなければなりません。もちろん再発行手数料もかかるので、手間・時間・コストが無駄になってしまいます。

eSIMはアプリからプロファイルをダウンロードできるので、紛失の心配がありません。

5-2.アプリやウェブで簡単に手続きできる

アメリカではコンビニのようなお店やキャリアのショップの店頭でもプリペイドSIMの契約ができます。

ただ店舗での手続きは、
・店によって取扱いSIMにムラがある
・スタッフと英語でのやりとりが必要
・店舗の営業時間に合わせなければならない
・場所によっては滞在先の近くに店舗がない
などの理由でハードルが上がります。

アプリ・ブラウザからの手続きであれば、時間帯・曜日・地域に関係なく自分の好きなタイミングで電話番号が取得できます。

5-3.電話も使用できる

SIMが無くてもWi-Fi環境があればデータ通信自体は可能です。
しかし、通話やテキストメッセージ(SMS)機能を利用するには電話番号が必要になります。
特にアメリカではメッセージのやりとりをSMSで行う人が多いので、「電話はあまり使わない」という人でも、SIMはあった方がよいでしょう。

eSIMを使えばアメリカの携帯番号が発行されるので、電話やテキストも問題なく利用できます。

5.eSIMならではのデメリット

デメリット

eSIMを使う前に知っておきたいデメリットについてまとめました。
eSIMならではの難点もあるので、利用を検討されている方はご覧ください。

6-1.OSや機種によっては対応していない

メーカーや機種によってはeSIMに対応していないスマホも多いです。

たとえばGalaxyシリーズは海外版ではeSIMに対応していますが、国内版は非対応です。
このように、世界的なスマホメーカーでも販売されている国によっても仕様が変わるので、渡航後に困らないように事前によく調べておきましょう。

また、アメリカの大手キャリアのeSIMはアプリから手続きしますが、キャリアによってはAndroid版のアプリがないキャリアもあります。

6-2.SSNなしではプリペイドプランしか使えない

eSIMだけでなく、アメリカではスマホなど各種契約を行う際にSSN(ソーシャルセキュリティナンバー)が必要です。
SSNは入国情報がデータに反映されてから移民局に申請して、番号とカードが発行されます。
トータルでは2週間くらいかかるので、その期間通常のプランでキャリアと契約するのは難しいでしょう。

SSNについては、『SSN(ソーシャル・セキュリティ・ナンバー)とは【アメリカで役立つ知識】』でご紹介しています。

アメリカでの生活で必要となるSSN(ソーシャル・セキュリティ・ナンバー)。携帯電話を契約をする時も、通常はSSNを求められます。SSNがどういうものか、皆さんは分かりますか?

SSNがない状態だとプリペイド(先払い)プランを利用するしかありません。プリペイドプランでも延長して同じ番号を使い続けることもできますが、毎月支払い手続きが必要です。

通常プランのように自動的にカードから引き落とされるということはないので、手続き忘れに気を付けなければなりません。

6-3.プランが短期間で変わるリスク

eSIMのプリペイドプランは短期間で変わることも少なくありません。
キャリアがサポートしていればリニューアル前のプランが継続して使用できるケースもありますが、猶予期間を設けて移行を促される場合もあります。

それだけ技術の進歩やメーカーのアップデートの速度が早いとも言えますが、プランの刷新後に新しいプランにしてから「リニューアル前のプランの方がよかったな」と思っても元に戻せません。

特に値段が安かったり、特典が多いプランを利用している場合はプラン変更時のリスクについてよく考えておきましょう。

6-4.アプリのエラーも多い

eSIM用のアプリの評価は、大手キャリアでも賛否がはっきり分かれています。

レビューを見てみると、
・支払いが出来なかった
・手続き中にエラーになった
・リフィル(延長)したいのに反映されない
などの否定的な口コミも少なからず見受けられました。

もちろん快適に利用できている人も多いですが、アプリからの手続きにはこのようなトラブルが発生する可能性があることも念頭に置いてください。

ご紹介したようなeSIMならではの難点が気になる、という方には「物理SIM」がおすすめです。
物理SIMは、通常、マイクロ、ナノ、すべてのSIMサイズに簡単に切り取れ、後からSIMサイズの変更も可能です。
機種変更する場合は、SIMカードを差し替えるだけで、同じ電話番号と契約プランの引き継ぎも可能です。

詳しくはこちらからご確認ください。
アメリカ携帯/SIMサービスのHanaCell(ハナセル)の物理SIM

アメリカSIM 長期滞在
アメリカeSIM 短期プリペイド

7.アメリカで使うeSIMならサポート充実のハナセルがおすすめ!

アメリカで使うためのeSIMが欲しいなら、HanaCell(ハナセル)がおすすめです!

短期滞在の場合は短期プリペイドeSIMがおすすめです。
旅行日数(5日間、7日間、15日間、30日間)によってeSIMを選べます。
eSIMはSIMの差し替えが不要なので、ハナセルの公式サイトでお申込みいただいた後、すぐに利用開始いただけます。
ハナセルの短期プリペイドeSIMの詳細や、対応機種の確認はこちらのページをご覧ください。

長期のアメリカ旅行や留学、駐在、在住で海外SIMカードを契約する場合は、ハナセルの長期プランSIM・eSIMがおすすめです。
ハナセルの長期プランSIMは渡航前に日本で購入でき、購入から契約、解約まですべての手続きが日本語で可能です。
全米最安値のリーズナブルな月額料金プランも用意しているほか、契約手数料や解約手数料などの追加料金はかかりません。
テザリングにも対応しているため、他端末の通信も問題ありません。
なお、機種がeSIMに対応していなかったという方は、物理SIMカードをお選びいただけます。
物理SIMカードの配送は、日本でもアメリカでも送料無料です。
ハナセルのアメリカ長期滞在SIM・eSIMの詳細や、対応機種の確認はこちらのページをご覧ください。

お客さまの写真

日本語でストレスフリー
園田 沙理さん
問い合わせの対応も比較的はやく、とても丁寧です。また、日本語で問い合わせられるためストレスフリーでとても助かります。

初めてのeSIMでもストレスなし
トッシーさん 旅行先:ハワイ、7日間eSIM利用
通話およびデータ通信ともストレスなく利用できました。また、設定方法も丁寧なガイドのおかげで簡単にできました。ありがとうございました! 以前はSoftbank契約でアメリカ放題を使っていたのですが、Ymobileに変更した後はWifiルーターをレンタルしていました。しかし、通話が出来できず、現地チャーリータクシーやレストランの予約に困っていました。今回初めてeSIMを使い、通話が普通に出来て本当便利でした。今後もeSIMを利用させていただきます。

スムーズに利用できた
FAさん 旅行先:アメリカ合衆国、7日間eSIM利用
本当に簡単な手続きやスムーズな切り替えで、携帯が日本と同様にすぐに使用できた為、快適な滞在ができました。ありがとうございました。

質問への対応がよかった
しこうさん 旅行先:ホノルル(ハワイ)、7日間eSIM利用
質問にスピーディーにわかりやすく答えてくれた。とても親切だったのでまた利用したいと思う。

アメリカSIM 長期滞在
アメリカeSIM 短期プリペイド

まとめ

eSIMはアメリカの大手キャリアを手軽に利用できると、旅行や出張時に使う人も増えてきています。短期間のプリペイドプラン使用の場合は便利ですが、アメリカに長期滞在する人にとっては毎月のリフィルの面倒さやアプリのエラー発生率がリスクとなるかもしれません。

留学や就職・転勤などで長期間アメリカに住む人には、日本語で契約できてリーズナブルな価格設定のハナセルのようなアメリカ用eSIMがおすすめです。

詳しくはこちらからご確認ください。
アメリカ携帯/SIMサービスのHanaCell(ハナセル)のeSIM

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
アメリカ・ハワイ旅行準備ガイド
アメリカSIM 長期滞在
アメリカeSIM 短期プリペイド
この記事のタイトルとURLをコピーする
背景を押して閉じる