ミネソタ州 ~アメリカ50州大解剖~

シェアする

ミネソタ州

アメリカ合衆国にある50の州をそれぞれ紹介するアメリカ50州大解剖シリーズ。今回はミネソタ州を紹介します。

ミネソタ州について

州都:セントポール
地域:中西部
最大都市:ミネアポリス
人口:5,706,494人(2020年)
愛称:North Star State

ミネソタ州の地理

北はカナダのオンタリオとマニトバ州に、東側はウィスコンシン、西側はノースダコタとサウスダコタ州、南側はアイオワ州に面している。なお東北部は五大湖の1つであるスペリオル湖に接している。

州の大部分はなだらかな準平原だが、「一万個の湖がある土地」と喩えられるとおり、ミネソタには一万以上の湖、そして広い湿地がある。これは12,000年以上前に巨大な氷河が大地を深く削ったためである。

ミネソタ州の気候

大陸性の気候で夏は湿度もあり、30度以上になる。冬はマイナス20度になることもある。雪も多く降る。

最も暑いのは6月、寒いのは1月で、冬の終わりから春にかけて凍土や雪解けの水が川に流れ込み、春の洪水が起きることもあり、ミネソタ及び川の下流の地域では、氾濫が起きることも。春から夏にかけては竜巻も発生する。

ミネソタ州の人口構成

白人が約85%、黒人は約5%、アジア人は約4% と、白人が圧倒的に多い州である。

白人の内訳は約38%がドイツ、約32%が北欧、約12%がアイルランド、約6%がイギリス、約5%がポーランド、約4%がフランス、約4%がチェコなど。スカンジナビア系、東欧系の文化が色濃く表れているエリアも多い。

首都のセントポールには、ベトナムからの移民受け入れの結果形成された世界で2番目に大きなミャオ族のコミュニティーが存在する。またソマリアからの難民受け入れできたコミュニティーもあることで知られる。

ミネソタ州の州都セントポール

州都セントポールと最大都市ミネアポリスは川を挟んで接しているため、ツインシティーと呼ばれる。セントポールは政治の中心地としての機能が強く、ミネアポリスは文化と経済の中心地として知られる。

セントポール大聖堂、ミネソタ州会議事堂と、ミネソタ歴史センター、ミネソタ科学博物館、交通博物館など観光名所もたくさんある。

スヌーピーの作者、チャールズ・シュルツの出身地と言うことでランドマークプラザとライスパークでスヌーピーと仲間たちの彫刻がたくさん見られる。

ミネソタ州の名所あれこれ

ミネアポリスにはターゲットの本部、ゼネラル・ミルズ、3Mなども本社を置く。

エベレスはアイスホッケーの中心地と言われ、ホッケーの殿堂がある。イタスカ立公園、ボエジャーズ国立公園では アウトドアが楽しめ、ノースショアでは 湖の上にオーロラを見ることもでき、観光客に人気である。

まとめ

アメリカ合衆国にある50州の中から、今回はミネソタ州をご紹介しました。

アメリカの州一覧と各州の特徴はこちらの記事で解説していますので、各州の特徴をまとめて読みたいという方はぜひご覧になってください。

アメリカ合衆国にある州と各州の特徴を紹介します。アメリカ合衆国には全部で50の州があります。また、首都であるコロンビア特別区(通称ワシントンD.C.)は、どの州にも属していません。全米50州に1特別区を加え、各州の特徴を解説します。

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする