ユタ州 ~アメリカ50州大解剖~

シェアする

ユタ州

アメリカ合衆国にある50の州をそれぞれ紹介するアメリカ50州大解剖シリーズ。今回はユタ州を紹介します。

ユタ州について

州都:ソルトレイクシティ
地域:西部
最大都市:ソルトレイクシティ
人口:3,271,616人(2020年)
愛称:Beehive State

ユタ州の地理

ユタ州はアリゾナ、コロラド、ニューメキシコ州と共に「フォー・コーナーズ」の一つの州である。北はアイダホ、ワイオミング州、東はコロラド州、ニューメキシコ州、南はアリゾナ州とネバダ州に面している。

ロッキー山脈、ワサッチ山脈、ユインタ山地、コロラド高原、砂漠、砂岩、森林などバラエティに富んだ自然環境が魅力的。北部は美しい森林と山々がそびえ、中部は高原、山、砂漠が広がり、南部は鮮やかな赤い色をした岩岩と峡谷に囲まれている。

ユタ州の気候

標高4100メートル以上を誇るキングス峰など、ユインタ山地の標高の高い地域や、州の東側のワサッチ山脈の峰などは気温や降水量型の地域と大きく異なるが、ユタ州の大半は夏は非常に暑く乾燥し、冬は寒く山沿いでは降雪量も多い。

ワサッチの雪質はスキーに適しており、ウィンターリゾート業が盛ん。

ユタ州の人口構成

約80%が白人、約13%がヒスパニック、約2%がアジア人、約1%がネイティブ・アメリカンとなっている。

モルモン教の人口が全体の約60%を占め、キリスト教約25%、無宗教が約16%と言われる。全米の中でも治安が良く、それは敬虔で穏やかな人が多いからと言われる。

ユタ州の州都ソルトレイクシティ

ソルトレイクシティはユタ州の首都であり最大の都市であり、州の80%以上の人口がこの地域に集中している。

また、ソルトレイクはモルモン教の拠点としても有名。19世紀中頃に元々イリノイ州やミズーリ州に拠点を置いていたが、衝突の末この地に落ち着いた。ゴールドラッシュ時にはこの地が中継点となり、活発な交易と共に発展した。

2002年の冬季オリンピックが開かれたことでも注目を浴びたが、この地域は冬場は素晴らしいスキーリゾートとなり、世界中から観光客が訪れる。

ユタ州の名所あれこれ

ユタ州には5つの国立公園がある。渓谷のあるザイオン、馬に乗って巡れるコースもあるブライス・キャニオン、アーチーズ、キャニオン・ランズ、キャピトル・リーフ国立公園は誰もがどこかで見たことがある侵食の繰り返しでできた奇石や岩の柱、砂漠が織りなす感動の風景が広がる。

塩分濃度が非常に高いことで有名なグレートソルト湖、アンテロープ・アイランド州立公園、キャンプ、ハイキング、サイクリングも楽しめるローガン・キャニオン、ディクシー国立森林公園、ジュラ紀の恐竜の化石が最も集中しているスポットと言われるジュラシック国定公園、コーラルピンク・サンド・デューンズ砂丘州立公園、シーダー・ブレイクス国定公園など、アメリカの宝がぎっしりと詰まっている。

まとめ

アメリカ合衆国にある50州の中から、今回はユタ州をご紹介しました。

アメリカの州一覧と各州の特徴はこちらの記事で解説していますので、各州の特徴をまとめて読みたいという方はぜひご覧になってください。

アメリカ合衆国にある州と各州の特徴を紹介します。アメリカ合衆国には全部で50の州があります。また、首都であるコロンビア特別区(通称ワシントンD.C.)は、どの州にも属していません。全米50州に1特別区を加え、各州の特徴を解説します。

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする