アメリカと日本のマクドナルドの違い!店内ならドリンク飲み放題?

シェアする

アメリカと日本のマクドナルドは、メニュー内容やお店のシステムに異なる部分があります。
普段何気なく利用しているファストフードチェーンも、特徴や仕組みについて深く知ることで新たな発見があるかもしれません。
今回は日米両国で身近で老若男女問わず愛されているマクドナルドについて、歴史やアメリカと日本の違いについてご紹介していきます。

1.現存するアメリカ最古のマクドナルドはダウニー市

マクドナルドは、今やアメリカだけでなく世界中で知らない人はいないほどのハンバーガーチェーン店です。
私たちが知るマクドナルドは、実業家のレイ・クロックがマクドナルド兄弟と契約してフランチャイズ展開したものです。
元々はカリフォルニア州サンバーナーディノで1940年にマクドナルド兄弟が始めたハンバーガーレストラン「マクドナルド・ハンバーガー」が原点でした。
マクドナルド・ハンバーガーでは低価格・無駄のないメニュー展開・スピーディな商品提供と現在のマクドナルドに繋がるサービスが提供され、フランチャイズ化した後も時代の変化によるニーズと合致して急速に普及しました。

マクドナルドのメニューが楽しめる最古の店舗は、ダウニー市にあるフランチャイズ3号店。

ダウニー市にあるフランチャイズ3号店

画像引用元:マクドナルドの第1号店はどこにある?ここでしか食べられない絶品アップルパイの秘密|@DIME アットダイム

メニュー内容はほぼ同じですが、ミッドセンチュリーの本物のレトロアメリカンな内装の中でマクドナルドが楽しめるとあり、わざわざ足を運ぶ人も少なくないそうです。

1-1.マクドナルド・レストラン1号店跡地はミュージアムに

マクドナルド兄弟の「マクドナルド・ハンバーガー」や、1955年にレイ・ロック氏がイリノイ州にオープンさせたフランチャイズ第一号点は現在ではミュージアムになっています。

画像引用元:マクドナルドの第1号店はどこにある?ここでしか食べられない絶品アップルパイの秘密|@DIME アットダイム
ミュージアムスペースでは、当時のメニューや広告、キャラクターの移り変わり、歴代のハッピーセットのおもちゃの展示などマクドナルドファン垂涎の展示がされています。
アメリカにおいて、なぜファストフード文化が発展したのかについては、『アメリカの食文化は日本とこんなに違う!?外食・食材調達も解説』でも解説しています。

2.アメリカと日本のマクドナルド4つの違い

アメリカと日本のマクドナルド4つのちがい

アメリカと日本のマクドナルドは、メニューの内容やプライスなどに違いがあります。
日米のマクドナルドの違いを4つの項目に分けて見ていきましょう。

2-1.メニュー

アメリカのマクドナルドの通常メニューは、共通する部分は多いものの日本のメニューとはやや内容が違います。

・牛肉のハンバーガー

牛肉のハンバーガー

・チキン/魚

チキン/魚

・朝マック

朝マック

※メニュー画像出典:McDonald’s: Burgers, Fries & More. Quality Ingredients.

ちなみにサイドはポテトかリンゴのスライスのみでした。以前はサイド用サラダもあったようですが、現在ではメニューに表示されていません。

メニュー内容は州や地域によって変わることもありますが、てりやきマックやチキンタツタ、エビフィレオは日本限定のメニューのようです。

2-2.価格

アメリカのマクドナルドの価格は日本よりも高め。
世界各国の物価水準を測る時に使われるビッグマックの値段は、
・日本:390円
・アメリカ:5.81USD(約789円)
とかなり違います。

ただ、アメリカの中でも州・地域によって価格は異なります。
都市部は高く、郊外は値段が安くなるそうです。これも日本のマクドナルドにはない仕組みですね。

2-3.大きさ

アメリカのハンバーガー=巨大というイメージがあるかもしれませんが、実は通常メニューのハンバーガーのサイズや味はほぼ同じ。
サイズや味付けの規定があるので、同じメニューで差が出ないようになっています。

しかし、アメリカ限定のハンバーガーは大きいサイズのものが多く、朝マックのステーキサンドや分厚いパティのアンガスバーガーなどは日本人からするとかなりボリューミーに感じるかもしれません。

ドリンクやポテトの量はアメリカの方が大きい傾向にあります。
特にドリンクは、下表のようにサイズが全く違います。

日本のマクドナルドアメリカのマクドナルド
Sサイズ300ml700ml
Mサイズ500ml946ml
Lサイズ650ml1300ml

日本と同じ感覚で頼むと、飲みきれないこともあるかもしれません。
また、日本ではセットはハンバーガー+ドリンク+ポテト等サイド各1品ずつですが、アメリカでは
・ハンバーガー2個+ドリンク+ポテト
・ハンバーガー+ドリンク+ポテト+ナゲット
などボリューミーなセットも提供されています。

セットで頼むことを考えると、やはりアメリカのマクドナルドの方が総じて量は多いと言えるでしょう。

2-4.デザート類の充実度

アメリカのマクドナルドは日本よりも、デザートや甘いドリンクのメニューが充実しています。

デザート類メニュー

※メニュー画像出典:McDonald’s: Burgers, Fries & More. Quality Ingredients.

また共通メニューのアップルパイも、日本では揚げていますが、アメリカではオーブンで焼いています。味付けもアメリカの方がシナモンの風味がやや強めで本格的です。

3.なんとアメリカのマクドナルドはドリンクがお代わりし放題!

アメリカではドリンクがお代わりし放題

アメリカのマクドナルドでは、イートインする場合ドリンクはお代わりし放題です。
ベンダーマシンといってドリンクバーのような機械があって、好きにお代わりができます。

イートインなら大きいサイズではなく、ドリンクはSサイズにしてお代わりする方がお得です。

3-1.マクドナルドに限らずアメリカの飲食店はリフィルフリーが多い

マクドナルドに限らず、アメリカのファストフードやカジュアルレストランではリフィルフリー(お代わり自由)のお店が多いです。
バーガーキングやタコベルなど、日本でもお馴染みのお店でもアメリカではドリンクがお代わりし放題です。

ただし、これはコーラなどのジュース類のみで、コーヒーなどはお代わり自由ではありません。
アメリカでジュース消費量が多い理由が分かるような気がしますね。

4.アメリカのマクドナルドでも当然モバイルオーダーはできる

アメリカのマクドナルドでも当然モバイルオーダーできる

日本でもお馴染みのマクドナルドのモバイルオーダーは、アメリカが発祥です。
モバイルオーダーはスマホのマクドナルド専用アプリから、
・使用店舗
・メニュー
・クーポン
・受け取り方法
を選択して先にオーダー&支払いをします。

受け取り方法は、
・イートイン
・店内カウンター受け取り
・ドライブスルー
・駐車場受け取り
から選ぶことができます。

こうしたモバイルオーダーはマクドナルドだけではなく、
・スターバックス
・チックフィレ
・ピザハット
・ドミノピザ
など大手ファストフードチェーンにも導入されています。
他にも、MBA/MLB/MLS/ディズニーリゾート/ユニバーサルスタジオなどの売店・レストランでもモバイルオーダーが利用できます。

4-1.スムーズにオーダーできるようにアメリカSIMを用意しよう

マクドナルドは空港にもあるので、アメリカについてすぐちょっと腹ごなしをしたい時やコーヒーを飲んで落ち着きたい時にも使えます。
モバイルオーダーは、メニューの写真や値段を見比べてオーダーできますし、支払いも簡単ですので、あまり海外に慣れていない人にもおすすめです。

マクドナルドなど飲食店の場所を調べたり、モバイルオーダーを活用するためにも通信環境を整えておきましょう。
ハナセルでは初期費用15USD~、月額料金9.99USD~というリーズナブルな価格でアメリカ用のSIMカードがご利用いただけます。
SIMカード、スマホ本体はオンラインから簡単にお申込みいただけるだけでなく、日本でもアメリカでも配送料は無料。

アメリカの通信キャリアのように請求時に、連邦税や州税が加算されることもなく明朗なプラン料金で利用できると、ユーザーの皆様からご好評いただいております。

月額プランや申込方法については、ハナセル公式サイトからご確認ください。
アメリカ携帯サービスのHanaCell(ハナセル)

まとめ

アメリカのマクドナルドは通常メニューの内容やサイズはあまり日本と変わりないものの、価格・サイドメニューの内容・トータルの量などは少なからぬ違いがあることが分かりました。
これからアメリカに行く予定がある方は、セット内容やサイドメニューのサイズを調整して食べきれる量を頼むことをおすすめします。
アメリカではマクドナルドだけではなく、現在インフルエンサーのハンバーガーブランドも大流行中なので、色々食べ比べるのも楽しいでしょう。
とはいえ和食も楽しみたい・・・。という方に向けたレシピも公開しております。アメリカ生活の自炊にぜひお役立てください。
アメリカ在住者・留学生のための簡単和食(日本食)自炊レシピ21点!

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする