アメリカ携帯電話 初心者のための基礎講座

アメリカでスマホ利用するなら日本での「現地SIM選び」が重要!

留学・ビジネスなどでアメリカへ長期間行く方のなかには、現地でスムーズなスマホ利用を行うために「アメリカ現地SIM」の利用をお考えの方もいらっしゃるでしょう。しかし、日本での準備を怠ると、「アメリカで自分のスマホが使えない」という事態になる可能性があることに、注意しておかなければなりません。

今回は、「アメリカでスマホを利用する方法」「アメリカSIMの入手法とプラン選び」について、注意点を交えながらご紹介します。

1.アメリカでスマホを使う方法は4種類

アメリカで通常のスマホを契約するためには、住所証明書やクレジットカードヒストリーが必要となり、用意するのが難しければ高額な保証金が必要となります。
契約できる方は限られるため、現実的には以下にご紹介する4つの方法でスマホを利用することとなります。

国際ローミング
国内で契約している携帯電話が海外でも利用可能となる通信サービスです。手軽に海外でスマホ利用できる反面、プランや設定を誤ると料金が高額になるというリスクがあります。

通話料金目安:4,500円程度(15分)
データ通信料金目安:3,000円程度(1日)

携帯レンタル
携帯レンタルサービスを提供している業者から、現地で使える携帯電話機を借りる方法です。手軽に通話手段を確保することができますが、レンタルを行っている端末は音声通話専用のものが中心となります。インターネットを使えないことは大きなデメリットです。

通話料金目安:800円程度(1日)
データ通信料金目安:利用不可

Wi-Fiレンタル
レンタルサービス業者からWi-Fi機器を借りてインターネット通信を行う方法です。スマホ以外にもパソコンやタブレットにも接続できますが、携帯レンタルとは逆に通話ができません。

通話料金目安:利用不可
データ通信料金目安:1,000円程度(1日)

アメリカSIM
アメリカのSIMカードを購入して、スマホに挿入することで、スマホの利用をする方法です。設定の手間がかかる場合もあります、審査も不要で最も手軽で安価にスマホを利用できるおすすめの方法です。プランも豊富で、使い放題でも安価に利用できるSIMカードサービスもあります。

通話料金目安:30~50円(0.27~0.5ドル)程度(1分)
データ通信料金目安:35円(0.27ドル)程度(1MB)
※ただし、通話料・データ通信料がセットになったプランも多い

1-1.アメリカ現地SIM利用がおすすめの人

アメリカでスマホを使う方法はいくつかありますが、どのような人がアメリカSIMの利用に向いているでしょうか。

駐在員とその家族
駐在員は滞在期間も一定ではなく、急な帰国もあり得る立場です。本人は会社支給のスマホを利用できる場合もありますが、家族のスマホは用意する必要があります。スケジュールに合わせてカードの抜き差しだけで、簡単にアメリカでもスマホが使えるようになるアメリカ現地SIMは重宝します。

長期滞在者及び永住者
選択したSIMに対応している端末なら、アメリカ現地SIMで日本のスマホを利用できるため、在米日本人にも人気があります。アメリカ現地SIMのなかには長期利用で安くなるプランがあったり、現地キャリアとの契約は手続きや料金面で煩雑であることも人気の理由です。

アメリカ留学生とその家族
若年層で契約に制限のある留学生には、日本でのアメリカ現地SIM入手+契約がおすすめです。学校や滞在先でWi-Fiが使える場合は、低価格のデータ通信量が少ないプランを選ぶことができます。現地で、英語によるプラン契約が不安な方にも人気です。

旅行者
旅行の場合、期間は決まっていても、地図や店舗や観光スポットの情報など初めての土地でネットをたくさん使うため、スムーズなデータ通信ができるアメリカ現地SIMがおすすめです。

2.「アメリカSIM入手」と「料金プラン選び」はどうしたらいいの?

はじめてアメリカSIMに利用を検討している方は、どのようにSIMカードを入手したらいいのか、どのようなプランが自分に向いているか、が気になるポイントでしょう。

ここからは、「アメリカSIMを入手する方法」と「料金プランの選び方」について解説します。

2-1.アメリカSIM入手方法

アメリカSIMを入手するためには、現地調達以外にもいくつかの方法があります。

1. 現地のSIM販売店舗で購入する
英語での口頭のやり取りが必要となる、アメリカの通信事業会社が提供するSIMを販売している現地店舗で購入します。現地ですぐにスマホを使う必要が無い方や、英語でのやりとりに不安がない方におすすめです。
ただし、ツーリストを対象とした海外トラベルSIMはあまり普及していないため、空港にはほとんど店舗が無いのが難点です。

2. アメリカの通信事業会社が提供するSIMを日本で購入する
海外用プリペイドSIMの販売店舗・通販サイトは日本でも展開されています。事前に日本で購入しておくと、渡米した後すぐにでもスマホを使うことができます。
日本語で説明を読むことができるため、所持しているスマホとの適合性やプランを精査してから購入できます。

3. アメリカでも使用可能な日本の通信事業会社が提供するSIMを購入する
日本国内でも、アメリカでも、利用可能なSIMカードを販売している通信会社から購入します。ただし、アメリカの通信事業会社の通信網を一部借りてサービス提供しているため、他の入手法と比べて割高になる傾向にあります。

2-2.SIMの料金支払いは「月額プラン」がおすすめ

SIM利用における料金の支払いは、大別すると以下の2つのプランに分けることができます。なかでも、特に「月額プラン」がおすすめです。

Pay As You Go
必要量に応じて課金するプリペイド式プラン。利用しただけ従量課金される。

月額プラン
月額で決まった料金を支払う月額契約プラン。通話・データ通信ともに必要量に応じたプランを選択可能です。「月額プラン」は、Pay As You Goと比べ、チャージの残高・仕様の有効期限を気にする必要がなく、チャージ切れで必要な時に電話が使えなくなることもありません。

アメリカでは相手から受けた通話も課金され、不慣れな土地で想像以上に通話やインターネットを利用する可能性もあるため、「月額プラン」を選択して、安定してスマホを使えるようにしておくと良いでしょう。

3.アメリカSIMを購入する前に…

アメリカでのスマホ利用にはアメリカ現地SIMがおすすめですが、利用にあたって注意すべきポイントがいくつかあります。

場合によっては、想定外の支払いが発生したり、トラブルに見舞われる可能性があるため、購入前に必ず確認しておきましょう。

3-1.スマホの「SIMロック」「通信仕様」を要確認

スマホによってはアメリカ現地SIMが使えない可能性があります。日本を出発前に、以下の確認が必要です。

SIMフリーになっているか
日本のスマホには、キャリアがそれぞれ設置している「SIMロック」が設定されています。利用したいスマホ端末がSIMフリーになっていないと、対応のキャリア以外のSIMカードを認識できないため、アメリカSIMを装着しても利用できません。
SIMロックがかかっていたら、キャリアに問い合わせてロックを解除しておきましょう。

通信仕様が対応しているか
通信方式や対応周波数はスマホによって違うため、購入するSIMが自分のスマホに合っていないと使うことができません。そのため、SIM購入前に、該当のSIMが自分のスマホでも使えるのかどうかを、確認する必要があります。海外でSIMを入手すると、対応していなかった場合に、スマホが使用できないことになるため、日本での問い合わせ、SIMの入手がおすすめです。

3-2.アメリカSIM選びのポイントは?

アメリカ現地SIMカード選びの際は、優先事項として「欲しい機能・データ量」を設定し、不要な機能や料金をカットしていくプロセスがおすすめです。

以下の点を押さえて、アメリカ現地SIMを選んでいきましょう。

月額定額
通話のみ定額・データ通信のみ定額、ニーズに合った定額プランを選ぶことでコストカットできます。

開通手続きが簡単かどうか
手続きはシンプルな方が、思い立った時に手軽に利用できます。

開通手数料がかからないか
開設手数料が不要なプランの方がコストカットできます。

デザリングが使用できるか
テザリングが無料で使えるプランであれば、パソコンの利用も可能です。

アメリカだけでなく日本でもそのままスマホが使えるかどうか
日本・アメリカの両国で使えれば、いちいち契約やSIMの変更する必要がないため便利です。

サポートが日本語に対応しているか
日本語サポートに対応していると、トラブルの際にも安心です。

契約期間の縛りがないか(無料で解約できるか)
最低契約期間が設けられていると、お金が無駄になる可能もあるため、無料でいつでも契約解除できプランが良いでしょう。

表示されている料金に州税などが追加されないか
州によって法律・税制が違うアメリカでのスマホ利用でも、追加料金なしで契約・利用できるとコストカットできます。

HanaCellでは、これらの点をすべて満たしたアメリカ現地SIMを販売中。ネットで簡単に申し込むことができ、日本またはアメリカへ送料無料でお届けします。

まとめ

アメリカでスマホを利用するためにはアメリカ現地SIMの利用が、最もおすすめです。なかでも、プリペイド式のSIMよりも、月額プランでしっかりと契約を結んでおくことで、トラブルなくスマホが利用できます。

月額プランには、種類が豊富にある一方で、ポイントを押さえておけば、低価格で充実したサービスを利用することができます。アメリカでスマホの利用を予定している方は、是非アメリカ現地SIMを日本で用意しておきましょう。