SIMカード変更でLINEはどうなる?データ引継ぎ方法と変更時の注意点

シェアする

キャリアの乗り換えなどでSIMカードを変更する際、今までの電話番号やメールアドレスが使えなくなるケースがあります。中には、「SIMカードの変更によってLINEのデータが消えてしまうのではないか?」と不安になる人も多いのではないでしょうか。

LINEは登録する際などに電話番号認証が必要であり、SIMカード変更の影響を受ける恐れがあります。スマホ本体を変更したかどうかによって取るべき対処は異なります。

本記事では、SIMカードを変更したときの対処方法や、アメリカSIMに変更した場合の注意点などを解説するため、ぜひ参考にしてください。

1.SIMカードの変更でLINEアカウントはどうなる?

SIMカードを変更する場合、利用しているスマホ本体がそのままであれば、LINEをそのまま使い続けることができます。基本的に、LINEのデータ引継ぎやアカウント移行など、特別な手続きを行う必要はありません。

ただし、LINEに登録している電話番号やメールアドレスが変わる場合は、正しい内容に変更しましょう。

LINEを使うためには、登録済み電話番号と実際の電話番号が一致していることが前提です。古い登録情報のまま使い続けると、LINE公式アカウントからの通知が届かなくなったり、アカウントの移行ができなくなったりする恐れがあります。

1-1.トーク履歴や写真・動画などのデータは?

古いSIMカードを新しいSIMカードに替えても、LINEのトーク履歴・写真・動画は引き続き閲覧可能です。LINEのトーク履歴や写真データなどはスマホ本体に保存されているため、SIMカードの変更に影響されません。

SIMカードに保存されるデータは「携帯端末の利用者に関する情報」であり、主に以下のデータが挙げられます。

  • 識別番号
  • 電話番号
  • キャリアのメールアドレス

SIMカードを変更することで、前のSIMカードに保存されている電話番号・キャリアのメールアドレスが使えなくなります。

スマホ購入後にインストールしたアプリの機能・写真・動画は、SIMカードの変更後も継続使用が可能のため、安心してください。

2.異なる端末でログインする場合はアカウント・データ引継ぎが必要

今まで使っていた端末でSIMカードのみを変更する場合は、引継ぎの必要はありません。

一方で、端末を変更する場合はLINEアカウント・データ引継ぎが必要です。LINEアカウント・データ引継ぎは、古い端末と新しい端末の両方で設定を行わなければならないため、変更前に事前準備をしましょう。

以下では、「LINEアカウント」と「トーク履歴」に分けて、2021年2月時点の最新版バージョンにおける引継ぎ方法を解説します。

2-1.LINEアカウントの引継ぎ方法

端末がiPhoneでもAndroidであっても、LINEアカウントの引継ぎ作業はほとんど変わりません。

LINEアカウントの引継ぎは、以下の設定方法で行います。

○旧端末で行う引継ぎの手順

1旧端末でLINEにログインし、ホーム画面の「設定」(歯車マークのボタン)を押して、「アカウント」を選択する
2「アカウント」の「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」に、旧端末の情報が登録されていることを確認する(登録していない場合は登録を行う)
3端末変更の当日に、ホーム画面の「設定」を押して「アカウント引き継ぎ」を選択し、「アカウントを引き継ぐ」をオンにする

「アカウントを引き継ぐ」には、有効時間が設定されています。有効時間が過ぎると、「アカウントを引き継ぐ」がオフに戻るため、オンオフの切り替えは端末を変更する当日に必ず行ってください。

○新端末で行う引継ぎの手順

1新端末にLINEアプリをインストール後、起動する
2新端末の携帯電話番号を入力し、送られてきたSMS認証番号を入力する
3アカウントを持っているかを聞かれるため、「アカウントを引き継ぐ」を選択する
4ログイン方法を「電話番号」「メールアドレス」のいずれかで選択し、旧端末の情報を入力する

旧端末で「アカウントを引き継ぐ」をオンにすることで、自身のアカウント画面(「○○としてログイン」という画面)が表示されます。

アイコン・名前に間違いがないことを確認し、「ログイン」を押すことで、アカウント引継ぎは完了です。

2-2.トーク履歴のバックアップ・復元方法

新端末にLINEアカウントを移行しただけでは、旧端末のトーク履歴は引継ぎが行われていません。

トーク履歴を引継ぐためには、手動によるバックアップと復元が必要です。ただしiOS端末からAndroid端末のように、異なるOS端末に機種変更する場合は、トーク履歴の引継ぎができません。

以下は、iPhone・Androidそれぞれにおける、トーク履歴のバックアップ・復元方法です。

〇iPhoneでのトーク履歴のバックアップ・復元方法

iPhoneでLINEのトーク履歴を引継ぐ際は、Appleが提供するクラウドサービスのiCloud Driveを利用します。

○バックアップする方法

1旧端末のiCloud Driveをオンにする
2LINEホーム画面の「設定」から、「トーク」を選択する
3「トークのバックアップ」を選択して、「今すぐバックアップ」を押す

「バックアップ完了」が表示されたら、トーク履歴のバックアップは完了です。

○復元する方法

1新端末のiCloud Driveをオンにする
2LINEのアカウント引継ぎを行う
3「トーク履歴を復元」画面が表示されたら「トーク履歴を復元」を選択
4「トーク履歴をバックアップから復元」を押す

以上の手順でトーク履歴が復元できます。

なお、iOS版LINEでトーク履歴を復元できるタイミングは、アカウント引継ぎの最中のみです。アカウント引継ぎを全て完了した後に、トーク履歴の復元はできないため注意してください。

〇Androidでのトーク履歴のバックアップ・復元方法

Androidでは、トーク履歴のバックアップ・復元にGoogleドライブを利用します。Androidユーザーは基本的にGoogleアカウントを保有しているため、特別な準備は必要ありません。

〇バックアップする方法

1LINEホーム画面の「設定」から、「トーク」を選択する
2「トーク履歴のバックアップ・復元」を選択して、「Googleドライブにバックアップする」を押す

「トーク履歴をバックアップしました」という画面が表示されたら、トーク履歴のバックアップは完了です。

○復元する方法

1LINEホーム画面の「設定」から、「トーク」を選択する
2「トーク履歴のバックアップ・復元」を選択して、「復元する」を押す

「復元が完了しました」という画面が表示されたら、トーク履歴の復元は完了です。Android版LINEの場合、トーク履歴のバックアップデータは設定画面でいつでも復元できます。

トーク履歴のバックアップ・復元は、iPhoneとAndroidで方法や実行できるタイミングが異なります。アカウント引継ぎを行う前に、端末に合った方法でトーク履歴のバックアップを行いましょう。

3.LINEの登録番号をアメリカの電話番号に変更する方法

2021年2月時点では、LINEに登録している電話番号を別の国の電話番号に変更するためには、LINEを再インストールする必要があります。なお再インストールしても、購入したスタンプは引き続き使用可能です。

以下はLINEの再インストール方法です。LINEを最新バージョンにアップデートしてから行いましょう。

〇LINEの再インストール方法

1ログイン情報を確認する
2トーク履歴をバックアップする
3LINEアプリを削除する
4LINEアプリをもう一度インストールする
5LINEにログインし、アメリカの電話番号を登録する
6トーク履歴を復元する

ログインに必要なメールアドレスとパスワードは、以下の方法で確認・変更できます。

メールアドレス:「設定」→「アカウント」
パスワード:「設定」→「アカウント」→「パスワード」

また、Facebookと連携することで、Facebookのログイン情報でLINEにもログインできるため便利です。

3-1.アメリカのSIMに変更する場合の注意点

スマホのSIMカードを、日本のSIMからアメリカのSIMに差し替えても、LINEはそのまま使用可能であり、特別な設定は必要ありません。

ただし、日本の携帯電話を解約する場合は、LINEに登録してある電話番号をアメリカの電話番号に変更しましょう。特に、アメリカに移住・長期滞在する場合は、日本の携帯電話を解約することが多いため、注意が必要です。

解約した電話番号は、しばらくすると別の人が利用します。LINEでは、1つの電話番号に対し、1つのLINEアカウントしか作ることができません。

そのため、LINEの登録情報をアメリカの電話番号に変更しなかった場合、次にその電話番号を使う人がLINEに登録した時に、自分のLINEアカウントがリセットされる恐れがあります。

4.LINEの登録電話番号を海外から日本に変える方法

LINEの登録番号は通常、「設定」→「アカウント」から簡単に変更が可能です。しかし、国番号を伴う国を跨いでの変更の際には、LINEの再インストールの必要があります。
これは、日本から海外の登録番号への変更でも、海外から日本への変更でも同様です。

事前準備として、メールアドレスとパスワードの設定・確認を行っておきましょう。
ホーム画面上部の歯車マークから設定画面に移動し、「アカウント」の項目で登録されているメールアドレスの確認や引き継ぎ用パスワードの設定が可能です。
facebookとの連携や、iOSのバージョンによってはApple IDとの連携もできますので、もしもの時のためにログイン方法を増やしておくのも良いかもしれません。

トーク履歴もそのまま引き継ぎたい方は、「設定」→「トーク」からバックアップを忘れずにやっておきましょう。
毎日、3日に1回、週に1回など頻度を選んで自動でバックアップする設定にしておくことも可能です。

バックアップの準備ができたら、あとはLINEアプリを1度アンインストールし、再インストールして新しく登録したい電話番号を入力して開始します。
その後、事前に設定しておいたメールアドレスとパスワードで引き継ぎとトーク履歴の復元を行えば、電話番号の変更は完了です。

変更せずに利用していると、アカウントリセットの他にも、公式グループの参加やスタンプの購入の際など一部の機能の利用に影響する場合もあります。
長期滞在することになる時は、忘れずに電話番号の変更をしておきましょう。

5.アメリカで使用できる格安SIMの契約は「ハナセル」で

アメリカで使用できる格安SIMを契約したい人は、「ハナセル」の利用がおすすめです。

ハナセルは多くの機種に対応できるアメリカSIMを提供しており、以下のように日本人にとって使いやすい魅力が豊富にあります。

  • 日本語による丁寧なサポート体制
  • 月額料金が全米最安値の$9.99プランなど、ニーズを満たせる各種プランを用意
  • 日米へ送料無料でお届け。渡米前に日本で準備できる
  • SIMカード1枚で通常SIM~nanoSIMサイズに対応できる

すでにアメリカで携帯電話を使用している場合も、ハナセルのアメリカSIMに変更可能であり、現在の電話番号は手数料無料で引き続き使用できます。

お得なアメリカSIMを探している人は、ハナセルをぜひご利用ください。

アメリカのSIMカードが送料無料で日本で手に入る

まとめ

SIMカードのみを変更した場合、LINEアカウントはそのまま使用できます。一方でスマホ本体も変更した場合は、LINEアカウント・データ引継ぎが必要です。

LINEアカウント・データ引継ぎは旧端末と新端末の両方で行う必要があるため、端末変更前に引継ぎ準備を進めましょう。特に、トーク履歴の引継ぎ方法はiPhoneとAndroidで異なるため、端末に合った方法で引継ぎを進めてください。

またアメリカのSIMカードに変更する場合は、アメリカの電話番号を登録するためにLINEを再インストールしなければならないことに注意しましょう。

関連記事:

アメリカの大手携帯電話会社は、Verizon Wireless・AT&T Mobility・T-Mobile USの3社です。今回は、アメリカの携帯事情として、3大キャリアの特徴・携帯電話の料金支払い方法・無料Wi-Fi事情などを解説します。
アメリカでスマホ利用するならアメリカSIMの利用をおすすめします。留学・ビジネスなどでアメリカへ長期間行く方のなかには、現地でスムーズなスマホ利用を行うために「アメリカ現地SIM」の利用をお考えの方もいらっしゃるでしょう。しかし、日本での準備を怠ると、「アメリカで自分のスマホが使えない」という事態になる可能性があることに、注意しておかなければなりません。
吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする