アメリカ携帯電話 初心者のための基礎講座

クレジットヒストリー

社会的信頼を得るために・・・

良いクレジットヒストリーがないと、アメリカでの生活は難しい

良いクレジットヒストリーがなければ、アメリカ携帯電話と契約することも、生活すること自体も難しくなります

「クレジットヒストリー」、日本ではあまり聞く機会がないですよね? 簡単に言えば、クレジットカードの利用履歴のことです。このクレジットヒストリーの状況が、アメリカ社会における信用度を現すものとなります。アメリカで生活する場合、SSN同様、必要不可欠なものになるのです。

クレジットヒストリーはカードの利用履歴はもちろん、車や住宅を購入する際の借入金、期日通りに返済されたかを数値化しています。「商品購入のために借金をして、それを期日通りに確実に返済する」ことが問題なく行われていれば、クレジットヒストリーのポイントが高くなる、つまりは社会的信用度が増すということになります。

逆に、クレジットヒストリーのポイントが低いと、たとえ現金を沢山持っていたり、世間的に評判の高い職やポジションに就いていたとしても、部屋すら借りられない、アメリカの携帯電話の一つも契約できなくなってしまいます。

アメリカでクレジットカードを作る難しさ

「日本では、クレジットカードを使って買い物をしていたし、支払いが滞ったことなんて一度もないから、私のクレジットヒストリーは高いはず」と思われた方もいるのではないでしょうか?・・・残念ながら、アメリカのクレジットヒストリーはアメリカ発行のクレジットカードのみが対象となるのです。クレジットヒストリーとは、アメリカでの社会的信用度を計るためのもの。・・・なるほど、日本のカードが対象にならないことは渋々ながら納得できます。そこで、多くの方は、アメリカでクレジットカードを作ろうということになるでしょう。

しかし、アメリカでクレジットカードを作るには、アメリカでのクレジットヒストリーが必要なんです。アメリカで初めてのクレジットカードを作るために、アメリカのクレジットカードで築いたクレジットヒストリーが必要になる・・・。矛盾してますよね。

カード会社の言い分としては、「クレジットヒストリーがなく、社会的信用度が未知数の人に、怖くてお金を貸せない」ということです。確かに分かります。分かるけれども、これでは、渡米直後の人は永久的にクレジットカードが作れない、ということになってしまいます。クレジットカード以外の方法で、アメリカでのクレジットヒストリーを築くことはできないのでしょうか?

渡米直後に、クレジットヒストリーを作るには

「クレジットカードが作れないなら、クレジットヒストリーなんて夢のまた夢」ということはありません。アメリカで家や自動車を購入した日本人も、渡米直後は皆さんのようにクレジットヒストリーがなかったのですから。

まずは、アメリカの銀行が発行するDeposit card(Secure card)を作りましょう。銀行口座を開設するには、パスポートなどの身分証明書、SSN、現住所を証明するもの、そしてカードの使用限度額分のお金(保証金)を持っていきましょう。提出した内容に問題がなければ、銀行口座の開設、そしてカードを取得することができます。

銀行発行のDeposit cardで買い物をして、設定された支払期限までに必ず返済をしましょう。一度でも支払いを滞ってしまうと、せっかくのポイントが下がってしまうので要注意です。およそ半年、もしくは1年間、コツコツと支払いを続けることで、良いクレジットヒストリーが築かれていくと言われています。

クレジットヒストリーなしで、アメリカ携帯電話と契約したら?

良いクレジットヒストリーが築かれるのを待たずに、アメリカ携帯電話会社と契約をする場合、SSN(ソーシャル・セキュリティ・ナンバー)が無い場合と同様に、高額なデポジット(保証金)が必要となる場合があります。携帯会社としては、「使用料金を滞りなく、毎月支払ってくれるか」を判断するためといいますが、渡米直後の出費としては高額ですよね。

プリペイド携帯なら簡単に手に入れることができます。そもそも契約を結びませんからね。しかし、チャージの手間がかかったり、アメリカ国外では利用できないなどのデメリットもあります。

ハナセルの場合は
ハナセルのアメリカ携帯電話プランは、プリペイド携帯よりも便利で安心な月契約プランを採用していますが、クレジットヒストリー、SSN、そしてデポジットなしで契約できちゃいます!