アメリカ携帯の契約期間

シェアする

日本で携帯電話を契約する場合、2年縛りという仕組みがありますよね。
期間の途中で解約をすると、多額の違約金が発生するということは皆さんご存知のことと思います。

この2年縛りという仕組みは、アメリカの携帯電話にも存在するのでしょうか?

嬉しいことに、近年のアメリカ携帯プランは、契約期間の無いものがほとんどです。

以前はアメリカも日本と同様に、2年間などの契約期間が設けられていたのですが、ここ数年で廃止される流れになっています。

また、契約期間が設けられている場合も、日本と違う点があります。
日本の2年縛りは自動的に契約が更新され、タイミングを逃すとまた2年解約できないという事態に陥ります。
アメリカの場合は、2年経つとその後はいつ解約しても違約金がかからない場合がほとんどです。

ただし、注意したいのは、加入と同時にスマートフォンなどの携帯端末を手に入れた場合です。
端末の分割払いが終わる前に解約しようとした場合、
プランそのものには違約金がかからないものの、未払いの端末代を一括で支払う必要があります。

【HanaCellの場合】

ハナセルのアメリカ携帯電話プランは、契約期間が存在しません。そのため、アメリカでの滞在期間が短い人でも安心して契約でき、いつでも無料で解約できます!
また、一括で購入していただきやすい、お手軽価格のスマホやケータイを揃えています。

アメリカ携帯ハナセルのプラン

関連記事:アメリカのスマホ・携帯・SIMカード契約の基礎講座

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする