アメリカで車を運転するには。運転免許や日本と異なる交通ルールについて

シェアする

こんにちは、アメリカ携帯電話ハナセルです!

車社会といわれるアメリカ。
一部の都市を除き、生活のために車が必須という地域が多く、
アメリカで新生活を始める皆さんも気になっている点ではないかと思います。

今日は、アメリカでの車の運転についてお話しようと思います。

アメリカでの運転

アメリカで車を運転できる免許は2種類

アメリカで車を運転するために必要なのは、当たり前ですが「運転免許証」です。

A. 日本発行の「国際運転免許証
B. アメリカの運転免許証

のいずれかを持っていれば、運転できます。

A. 国際運転免許証を発行する方法

日本の自動車免許証を持っている人が、渡米前に各都道府県の警察署または免許センターに申請をすれば発行してもらえます。

正式には「国運転免許証」といいます。

アメリカを含む、ジュネーブ条約加盟国の全てで運転できますが、
有効期限は、発給年月日から1年間と決まっています。

アメリカでの滞在期間が1年以上の人は、
国際運転免許証も発行しておいたほうがスムーズではありますが、
渡米後にアメリカの運転免許証を取得する必要があります。

B. アメリカの運転免許証を取得する方法

日本の免許証を持っている場合

日本の免許証を持っていれば、
試験を受けるだけで、アメリカの免許証をとることができます。

それではどうやって試験を受けるのでしょうか?

アメリカの免許証を発行する機関はDMV(Department of Motor Vehicles)といいます。
https://www.dmv.org/

まず、DMVの公式サイトで筆記テストと、免許申請の予約をします。
そして、DMVで日本の運転免許証を提示します。

州によって異なりますが、例えばニューヨーク州では筆記試験の次に運転実技試験を受け、
合格すれば晴れてアメリカの免許を取得できます。

なお、アメリカでは運転実技試験を自分の車で行います
渡米直後でまだ車を持っていない場合は、知人やレンタカー会社から借りるなどして車を用意する必要があります。
日本の免許証や国際運転免許証を持っていると実技試験が免除される州もありますので、事前に確認しましょう。

筆記試験は基本的に英語ですが、場所によって日本語で受けられることもあるそうです。

日本の免許証が無い場合

こちらもやはり州によって多少の差はありますが、大体以下のような流れでアメリカの免許証を取ることができます。

1.筆記試験を受ける
これは先に説明した日本の免許証を持っている場合と同様に、DMVで予約します。

2.仮免許で練習する
筆記試験に合格すると、仮免許が出ます。
仮免許を持っていると、助手席に免許を持つ人が座れば、一般道で練習できます

これ・・・日本の教習所で免許を取った私からすると、信じられないことです。
例えば、もしかしたら今後ろに止まっている車の運転者は、今日初めて車道で運転を始めた人である可能性だってあるということです。

常に安全運転を心がけ、仮免許のドライバーによいお手本を示したいですね。

3.運転試験を受ける
試験官が助手席に座っている状態で運転し、一般道を走ります。
先に説明した日本の免許証をもっている場合と同様に、自分の車に乗って試験を受けます。
合格すればアメリカの免許証がもらえます。

アメリカの交通ルール 日本とは違う点は?

ご存知の通り、アメリカでは左ハンドル、右車線走行です。
始めは怖く感じますが、慣れてしまえば大丈夫です。

その他にも、いくつかアメリカで運転する際の注意点を挙げてみたいと思います。

アメリカでは、赤信号でも右折可能

信号が赤でも、対向車線に車が来ていなければ、一旦停止してから右折して大丈夫。
右折してはいけない交差点もあります。信号に「NO TURN ON RED」と表示されています。

アメリカには、信号のない交差点がある

信号のない交差点で、「STOP ALL WAY」となっている交差点では全ての車が一旦停止します。そして、その交差点に一番最初に入った車から進んでいきます。

日本では馴染みのない、ラウンドアバウトって?

ラウンドアバウト信号のない交差点です。真ん中に丸い路肩のような部分があり、その周りを反時計回りに車が走り、進行方向に出て行きます。直進で走っていたら、必ずラウンドアバウトの前で停止し、ラウンドアバウト内を走っている車の走行を妨げないようにして進入します。

これは日本にはほとんどないシステムです。けれども、慣れてしまうととても便利で、さまざまな利点があります。

まず、自分が行きたい方向に出損なっても、もう1周すれば大丈夫。また、ラウンドアバウトの手前で必ず一旦停止するので高速で交差点に進入する車がないため、大きな事故を防げます。

アメリカには、複数人乗っている車専用の車線がある

全ての道路はではないですが、大きな道路や高速道路には、「Carpool」や「HOV(High Occupancy Vehicle)Lane」といって、複数人が乗車している車が優先的に走行できる車線があります。道路に菱形のマークが表示されています。

州により異なりますが、ある州で菱形の表示がある車線を一人しか乗っていない車が走行すると、$300の罰金が課されるようです・・・気をつけないといけませんね。
このような車線が設置されていることからもアメリカ暮らす人が、どれだけ車を利用し、車社会であるかを示していると思います。

アメリカでは、前向き駐車が一般的

アメリカでは大型店舗に車で買い物に行くことが多いので、特に前向き駐車だとトロリーからトランクに荷物を移すのも簡単です。

アメリカでのドライブの必需品は?

携帯電話

カーナビアプリアメリカで車に乗る際には、万が一のため、アメリカの携帯電話もお忘れなく。
突然の故障や事故の際に、携帯電話があれば必要な機関にすぐに連絡が取れます。

また、スマートフォンならカーナビのアプリを使うことができます。Googleマップは、無料アプリにも関わらず日本語でのナビにも対応していますし、ドライブ中にあると心強いです。

ドライブ時間が長い場合は、途中で充電が切れてしまうと困るので、携帯充電器も忘れないようにしましょう。

まだアメリカの携帯をお持ちでない方には、ハナセルのアメリカ携帯はいかがでしょうか?
私たちハナセルは、日本人のためのアメリカ携帯電話サービスを10年以上にわたり提供しています。
アメリカの携帯・スマホアメリカのSIMカードが渡米前に日本で手に入りますし、既に渡米されている方には、アメリカにお届けします。どちらも送料無料です。
ネットから日本語で手軽にお申し込みいただけますし、分からないことは日本語でお問い合わせいただけます。
アメリカでのドライブを予定されている方は、ぜひご検討ください。

サングラス

アメリカは南側の地域を中心に、日本よりも紫外線が強いことが多いです。
運転中にまぶしいと危険ですので、サングラスは必需品。
また、日差しが強い地域で長時間運転する場合は、日焼け止めも忘れないようにしましょう。

広大なアメリカで便利に生活するためには、車はとても役に立ちます。
安全運転を心がけながら、アメリカ生活を満喫してください!

関連記事:ニューヨークの交通手段 地下鉄・バス・タクシー・Uberの乗り方大解説

シェアする

フォローする