海外旅行時のsimカードの使い方と購入する際のポイントを紹介

シェアする

海外へ渡航する際には、スマホはなくてはならない必需品です。スマホがなければ、目的地へ迷わず向かうために地図アプリを開いたり、鉄道の時刻表を検索したりできません。スマホなしの海外旅行や海外出張は、大変な不便が伴うでしょう。

この記事では、海外simカードの使い方について、手順を追って解説します。さらに、海外simカードを購入する際のポイントについても紹介するため、渡航先でスマホを使用したいと考えている人は、ぜひご覧ください。

1.海外simカードを使うための3つの手順

海外で、日本と同じようにスマホを使ってデータ通信を行う場合、下記に示す3つの選択肢があります。

  • レンタルWi-Fiルーター
  • キャリアが提供する海外用プラン
  • 海外simカード

このうち海外simカードは、キャリアの提供する海外用プランに比べて費用が低く抑えられ、かつWi-Fiのように余分な荷物を持つ必要がありません。そのため、海外渡航の際に、海外simカードを選択する人が増加傾向です。

ここでは、海外simカードの使い方について、3つのステップに分けて順番に解説します。

1-1.手順①スマホの用意

携帯電話販売店で購入するスマホの大半はsimロックがかかっているため、購入したキャリア以外のsimカードが使用できません。
そのため、海外simカードを利用する場合、simロックのかかっていない「simフリースマホ」を用意する必要があります。simフリースマホを用意する手段は、次の2通りです。

  • simフリースマホを新規で購入する
  • スマホのsimロックを解除する

simフリースマホは、家電量販店や格安スマホ事業者などで購入できます。

現在、所有しているキャリアのロックがかかっているスマホも、simロックを解除することで、simフリースマホに変えることが可能です。購入後100日以上を経過しているなど、各キャリアが設けている条件を満たしていれば、simロックを解除できます。
simロックの解除方法はキャリアごとに異なるため、自分が使用しているキャリアのsimロック解除方法を調べましょう。

1-2.手順②simカードを購入

海外simカードの購入には、「渡航前に国内で購入する方法」と「渡航先で購入する方法」があります。それぞれの概要やメリット・デメリットは次の通りです。

国内で購入する場合
メリット
  • ・説明を日本語で受けられる
  • ・インターネットでの通販以外に、家電量販店や空港でも購入できる
デメリット
  • ・やや割高となる傾向にある
渡航先で購入する場合
メリット
  • ・国内で購入するよりも通信費や通話料を抑えられる
デメリット
  • ・事前に購入先を調べておく必要がある
  • ・空港に着いてからsimカードを購入するまでスマホが使用できない
  • ・現地の言語や英語を使用する必要がある

渡航先でsimカードを購入すると費用を抑えられますが、現地携帯会社の販売員とコミュニケーションを取る必要があります。渡航先で購入手続きを行うことに不安を感じる人は、国内であらかじめ海外simカードを購入しておきましょう。

1-3.手順③simカードの初期設定

海外simカードを使用するためには、「アクティベーション」や「APN設定」を行う必要があります。

アクティベーションとは、スマホのライセンス認証で、simカードを端末で使用するかの確認作業のようなイメージです。APN設定とは、「Access Point Name設定」の略称で、スマホに接続先の回線を認証させる作業を指します。

APN設定やアクティベーションはスマホの機種やOSごとに進め方が異なるため、自分の機種でどのように設定を行うのか確認しておきましょう。アクティベーションとAPN設定は合わせて数分程度で終わります。

simフリースマホの入手から海外simカードの購入、初期設定までの3ステップで、海外旅行の際も普段のスマホを利用することが可能です。

関連記事:海外SIMでiPhoneを使用する方法と選び方!

2.海外simカードを購入する際のポイント

日本国内でスマホの通信契約を結ぶ際、キャリアやプランをもとにして選ぶように、海外simカードを購入する際も複数の選択肢から選ばなければなりません。

しかし、海外simカードを選ぶ際の基準は国内simと異なるため、注意しなければならないポイントがあります。以下で紹介するポイントを参考にして、自分に合った海外simカードを選びましょう。

2-1.simカードの種類

simカードの種類には、「データ通信専用」「通話専用」「データ通信+通話」の3種類があります。しかし、通話のみの海外simカードを取り扱っている企業は少ないため、実質的な選択肢は、「データ通信専用」と「データ通信+通話」という2種類です。

近年は、電話回線を利用せず音声通話を行えるアプリが普及しているため、データ通信専用のsimカードで問題ないという人が増えています。しかし、データ通信専用simカードでは電話番号が取得できないため、仕事などでスマホを使う人は、電話番号が取得できるデータ通信+通話のプランがおすすめです。

2-2.simカードのサイズ

simカードのサイズには、次の3種類があります。

  • 標準sim
  • マイクロsim
  • ナノsim

標準simが最も大きいサイズで、ナノsimが最も小さいサイズです。simカードを購入する際は、自分のスマホで使えるサイズのカードを購入しなければなりません。

スマホのsimカードサイズと異なるsimカードは利用できませんが、サイズが小さすぎた場合には、変換アダプタを取り付けることで、簡単にサイズアップが可能です。

また、海外simカード販売会社によっては、標準・マイクロ・ナノの3種類にカードを自分で切り取れるところもあります。サイズを選んで切り取れるsimカードであれば、購入時にsimカードのサイズを確認する必要がないため、おすすめです。

2-3.simカードの対象国

海外simカードに利用対象国が設定されている場合、対象の国以外では使用できません。渡航先でsimカードを購入する際は、対象国であるか否かを気にする必要はありませんが、日本であらかじめ購入する場合には注意が必要です。

また、アメリカで利用できる海外simカードの中には、グアムやハワイで使用できないものがあります。渡航先がアメリカ本土から離れている場合は、事前に確認しておきましょう。

ヨーロッパのように特定の地域を周遊したり、地球一周など複数の国をまたいだりする場合は、複数国で使えるsimカードがおすすめです。複数国で同じsimカードを使用する際は、カードによって特別な設定が必要であるため、事前に設定方法を調べておきましょう。

2-4.データ容量

データ容量は通信料に最も大きく影響します。購入するデータ容量は日本で普段使っている通信量を参考に決めましょう。

ホテルにWi-Fiがなかったり、地図アプリを多用したりすると、想像以上にデータを消費してしまいます。そのため、使用できるデータ量に対して不安を感じる人は、普段使用しているデータ通信量よりも多めのプランを契約することがおすすめです。

旅行中にデータを使い切ってしまった場合は、通信料金をチャージすることで、そのまま使い続けられる海外simカードもあります。しかし、日本のクレジットカードが使えないことやクレジットカードのブランドに制限が設けられている場合もあるため、注意しましょう。

2-5.サポートやサービス

海外simカードを選ぶ際に、サポートやサービス面で意識すべきポイントを3つ紹介します。

①日本語でのサポートに対応しているか
海外で突然simカードが上手く機能しなくなった場合など、非常事態に日本語でサポートが受けられると、安心して利用できます。

②テザリングの有無
テザリングを行うことができれば、一緒に行動している人もネット通信が可能です。また、データ容量がなくなった場合に、他の人からテザリングしてもらうこともできます。

③無料のサービスがあるか
SNSや動画サービスなど、普段の生活でよく使うアプリのデータ通信量が使い放題のサービスもあります。よく使うアプリのデータ通信量が使い放題となっていることで、消費量としてカウントされるデータ通信量を節約することが可能です。

このように、それぞれの海外simカード販売会社によって、サポートやサービスの内容が異なる点が、simカードを選ぶ際の基準となります。

まとめ

海外で格安にスマホを使うためには、海外simカードの利用がおすすめです。海外simカードを使うことにより、渡航先の通信回線を使用してデータ通信・音声通話が行えます。

海外simカードの使い方は、次の3ステップです。まず、simロックのかかっていないスマホを用意します。続いて、海外で使用できるsimカードを入手しましょう。入手したsimカードをスマホに差し込み、初期設定を行うことで、海外でスマホが使用できます。

海外で日本と同じようにスマホを使いたい人は、渡航目的や渡航先、日本で普段使用している通信量などをもとに、最適な海外simカードを入手しましょう。

関連記事:海外simカードの使い方と購入する際のポイントを詳しく解説

アメリカで使えるSIMカード
iPhoneで使えるアメリカのSIMカード
アメリカのスマホ

アメリカのSIMカードが日本で手に入る

シェアする

フォローする