海外からスマホで電話をする方法|SIM選びのポイント

シェアする

海外の渡航先から日本に住む人にスマホで電話をかけたいと考える人は多いでしょう。しかし、海外からスマホで電話をするためには、どのような方法があるのかをよく知らず、困っているという人も少なくありません。

そこで今回は、海外でスマホを使って電話をする方法を3種類紹介した上で、海外でスマホ通話を利用する際にとくにおすすめの海外SIMについて解説します。
お得に、より安心して海外からスマホで電話を掛けたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.海外でスマホを使用し電話をする方法

海外からスマホを使って日本に電話をかけるとなると、通話料金が高くなるのではないかと不安に思う人も多いでしょう。通話方法によっては、格安料金でスマホでの通話を行うことが可能です。

海外でスマホを使って電話をする方法には、次の3つの方法が挙げられます。

  • ・国際音声通話ローミング
  • ・海外SIM
  • ・無料通話アプリ

ここでは、それぞれの方法について詳しく解説します。

1-1.国際音声通話ローミングを使用する

日本国内の通信会社と契約しているスマホを使って海外から電話をかける際、日本のキャリアが提携している海外の電波を使えるサービスが国際音声通話ローミングです。

国外から日本に電話をかける場合、国内外の通話料と国際ローミング料を全額負担しなければなりません。

反対に、日本から国外にいる自分に電話がかかってきた場合、国内通話料については相手負担となるものの、海外通話料と国際ローミング料は自己負担となります。また、海外の同じ国にいる人に電話をかける場合も、国際電話扱いとなります。

なお、データローミングと比べて国際音声通話ローミングは安価ではあるものの、国内通話よりも料金が割高であることがほとんどです。

1-2.海外SIMを利用する

海外SIMとは、固有のID番号が割り当てられたICチップの中でも、海外で使えるSIMカードのことです。

海外SIMの中でも音声通話ができるものを購入することで、いつもの電話番号は使えないものの、海外SIMの電話番号によって電話をすることができます

国際電話の場合、料金は国内通話よりも割高となってしまうものの、海外の同じ国にいる人との通話であれば、料金はより安く済みます。

アメリカから電話をかける際は『hanacellのSIMカード』がおすすめです。

1-3.無料通話アプリを利用する

無料通話アプリを利用すれば、国際通話でも現地同士の通話でも、通話料は掛かりません

ただし、インターネットに接続するための通信料が掛かる点には十分注意してください。国際データローミングを利用する人は、従量制課金によって高額のパケット通信料金を請求されてしまわないよう、国際データ定額サービスを忘れずに申し込んでおきましょう

なお、海外SIMを利用して、無料通話アプリを利用するという手段もあります。プリペイド式や月契約の海外SIMであれば、追加請求をされることもないため安心です。

1-4.レンタルスマホを利用する

渡航先で利用できるスマホをレンタルし、電話をかけるという方法です。
ただし、こちらの方法は金額が高くなってしまう場合もあるため、注意しましょう。
例えば、1日2,000円の料金が発生するスマホをレンタルする場合、10日間で20,000円かかります。
また、こちらには通話料、パケット通信料が含まれていないため、トータルの金額はさらに高くなり、決してお得な方法とは言えません。

1-5.ホテルの電話を利用する

スマホを利用せずに海外から電話をかける方法としては、渡航先のホテルの電話を利用するという方法が挙げられます。
しかし、客室から利用する国際電話は、通話料金が高額になりやすいです。
料金を把握しておらず、ついつい長電話をしてしまうと、チェックアウトの際に想定外の料金を請求される可能性もあるため、使い過ぎには気を付けましょう。

1-6.プリペイド・コーリングカードを利用する

ホテルの客室から日本に電話をかけると、前述の通り通話料金が高くなることがあります。
もし、想定外の金額になるのが不安だというのであれば、プリペイド・コーリングカードを使用し、公衆電話などから電話しましょう。
こちらは、サービスを提供する電話会社の割引サービスを理由し、電話ができるカードのことをいいます。
通話料はとても良心的で、前払い制のため思ったよりも高い金額を後から請求される心配もありません。

2.海外でスマホを利用するなら海外SIMがおすすめ

無料アプリを利用するにしても、海外でスマホを使って通話したいのであれば、海外SIMを利用することをおすすめします。

ここでは、海外でスマホを利用する際は、海外SIMがおすすめと言える理由を2つ紹介します。海外でスマホ利用する機会がある人は、ぜひ当項目を参考にしてください。

2-1.渡航時における通信遮断などの手間がない

海外でスマホの通話機能だけを利用したい場合、機内モードではなくデータローミング通信の遮断設定を行わなければなりません。データローミング通信を遮断しておかなければ、後から高額な通信料を請求されてしまう可能性があります。また、データローミング通信を遮断していると、海外ではデータ通信を利用することができません。

しかし、海外SIMを使うことで、渡航時におけるデータ通信の遮断設定をする手間を省くことが可能です。スマホにもともと入っているSIMカードを海外SIMに替えるだけで、高額になりがちな日本の携帯会社との通信を簡単に遮断でき、海外でもデータ通信が安価に利用できます。

高額請求の心配をすることなく、海外でも安心して通話もデータ通信も楽しむことができることは、海外SIMならではの利点と言えるでしょう。

2-2.日本の通信回線のままでは料金が高くなる

日本における通信キャリアの通信回線を利用する国際音声通話ローミングや国際データローミングは、どうしても料金が高くなりがちです。比較的安価な国際音声通話ローミングを利用する場合でも、相応の料金が掛かります。

たとえば、国外から日本に電話をかける場合には100~200円/分前後、国外で日本からの電話を受ける場合でも50~150円/分前後の料金が掛かると言われています。

一方、音声通話付き海外SIMの場合、1,500~3,000円前後の安価なものであっても、1か月通話し放題となることも少なくありません。
また、音声通話が付いていない海外SIMでも、1日あたり150~200円前後の低価格でインターネット通信を行えるため、無料通話アプリを利用すれば心置きなく通話できます

3.電話をするために海外SIMを選ぶ際のポイント

海外SIMを使ってのスマホ通話は設定方法も比較的簡単です。しかし、場合によっては思うように海外SIMを使えないことがあるため、注意しなければならないこともあります。

ここからは、海外SIMを選ぶ際のポイントを紹介します。海外SIMを購入する際は、ぜひ参考にしてください。

3-1.自分のスマホが海外SIMを利用できるか

持っているスマホがSIMフリー端末でない場合、SIMカードを海外SIMに入れ替えても、海外SIMを利用することはできません

海外SIMを利用したいのであれば、まずは自分のスマホがSIMフリー端末であるかどうかをチェックする必要があります。持っているスマホがSIMフリー端末でない場合は、携帯会社にSIMロック解除を依頼するか、SIMフリー機種端末を用意した上で海外SIMを購入しましょう。

3-2.音声通話に対応したSIMであるか

海外でもスマホでの音声通話を行いたい場合、購入するSIMが音声通話に対応しているかどうかをチェックしましょう。

SIMにはさまざまな種類があり、中にはデータ通信のみのSIMもあります。データ通信のみのSIMには音声通話の機能は付いていません。

とくに、固有の電話番号を使って電話を掛けたい人は、音声通話に対応しているかどうかを確認した上で、海外SIMを購入するようにしましょう

3-3.音声通話の料金

音声通話に対応している海外SIMを見つけたら、音声通話の料金についてもしっかりチェックしてください。海外SIMによっては、音声通話の料金は国際音声通話ローミングを利用する場合と大差がありません。

海外SIMの中には、30円/分前後で音声通話が利用できるお得なプランもあります。そのため、海外で音声通話を行いたい場合は、利用料金についてもしっかりと確認しておきましょう。

3-4.SIMが対応している外国の数

海外SIMを購入すれば、どの国でも使うことができるというわけではありません。海外SIMはそれぞれ対応している国が決まっているため、SIMを購入する際には対応している国についてしっかりチェックしておく必要があります。

一つの国の中で海外SIMを利用したい場合には、その国のみに対応している海外SIMがおすすめです。価格も安く、またその国の電話番号を利用できるので、その国の人から国内電話で電話をかけてもらえます。ハナセルのアメリカSIMカードの場合、いくつかプランがありますが、米国内通話は使い放題または1分$0.27(約30円)。日本人のためのサービスなので、日本語で申し込め、日本配送を行っている点もポイントです。

アメリカのSIMカードが日本で手に入る

世界中のさまざまな国々に渡航する人は、複数の国に対応している海外SIMを購入するといいでしょう。一つの国にのみ対応している海外SIMの場合、国の数だけ新たなSIMを購入しなければなりません。そのため、複数の国でスマホを利用する際は、SIMが対応している外国の数についても確認しておくことが大切です。

関連記事:アメリカ在住者が選んだ、日本からアメリカへ持って行くべき物

まとめ

海外でスマホ通話を行うための主な方法としては、国際音声通話ローミング・海外SIM・無料通話アプリの3つが挙げられます。中でも、海外SIMは格安料金で通話を行うことができるため、おすすめです。

ただし、海外SIMには多くの種類があり、料金や対応している国などはさまざまです。

今回の記事を参考に、海外でスマホを利用する際は、自分の使い方に合った海外SIMを選び、渡航先での通話を楽しみましょう。

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする