ミズーリ州 ~アメリカ50州大解剖~

シェアする

ミズーリ州

アメリカ合衆国にある50の州をそれぞれ紹介するアメリカ50州大解剖シリーズ。今回はミズーリ州を紹介します。

ミズーリ州について

州都: ジェファーソン・シティ
地域:中西部
最大都市:カンザスシティ
人口:6,154,913人(2020年)
愛称:The Show Me State

ミズーリ州の地理

アメリカの真ん中に位置するミズーリ州は、北と南の州境は直線で区切られ、東と西はそれぞれミズーリ川とカンザス川(一部)で州境が設定されている。

北はアイオワ、東はネブラスカ、カンザス、オクラホマ州に、南はアーカンソー、東はテネシーケンタッキーイリノイ州と計8つの州に接し、米国の中でも最も多い。

地理的には中西部としてカウントされる場合が多いが、政治や歴史など文化的なトピックの際には南部と分けられる場合もある。

ミズーリ州の気候

ミズーリ州は湿潤大陸性気候と湿潤亜熱帯気候に属する。海も山脈もない内陸部の特徴が強く現れ、一年を通して寒暖の差が激しい。夏は暑く湿度が高く、冬は寒くなる。

7、8月は最も暑く、降水量も多い。夏場は特に竜巻や雷などが発生する。12月、1月、2月にはひと月に1、2回程度の割合で降雪もある。

ミズーリ州の人口構成

ミズーリ州の人口の内訳は、白人が約80%、黒人は約11%、アジア人は約2%である。

かつて奴隷制度があった頃のプランテーション農業の影響は今も残り、南部のミシシッピ川周辺の都市では黒人の比率が高めになっている。

カンザスシティは移民が多く、アフリカ、東欧、アジア系のコミュニティが多く形成されている。

ミズーリ州の州都ジェファーソン・シティ

州都ジェファーソン・シティの名前は合衆国第三代大統領のトーマス・ジェファーソンにちなむ。元々ミズーリの州都はセントルイスだったが、1821年にジェファーソン・シティに移動した。

ミズーリ川近くの州会議事堂、ミズーリ州立博物館などが定番の観光名所。

ミズーリ州の名所あれこれ

イリノイ州に近いセントルイスは、かつての開拓時代に西部を目指す開拓者を迎える入り口の街として栄えた。ゲートウェイ・アーチ国立公園の巨大なモニュメント、セントルイス美術館、ワンダーズ・オブ・ワイルドライフ水族館&博物館、ブルース博物館、マーク・トゥエイン博物館、カーディナルズの本拠地のブッシュ・スタジアムなどは観光客に人気のスポット。テーブルロック湖、フォレスト・パークなども自然や植物が好きな方は外せない名所。

カンザスシティにある第一次世界大戦博物館、ネルソン・アトキンズ美術館、スプリングフィールドのルート66、ファンタスティック・カバーンズなどの洞窟群、アンティークモールなども知る人ぞ知るの観光地になっている。

まとめ

アメリカ合衆国にある50州の中から、今回はミズーリ州をご紹介しました。

アメリカの州一覧と各州の特徴はこちらの記事で解説していますので、各州の特徴をまとめて読みたいという方はぜひご覧になってください。

アメリカ合衆国にある州と各州の特徴を紹介します。アメリカ合衆国には全部で50の州があります。また、首都であるコロンビア特別区(通称ワシントンD.C.)は、どの州にも属していません。全米50州に1特別区を加え、各州の特徴を解説します。

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする