アメリカで視聴できる日本動画配信サービスを紹介!VPNについても解説!

シェアする

アメリカで視聴できる日本動画配信サービスを紹介!VPNについても解説!

日本の主要な動画配信サービスは、基本的にはアメリカでは視聴できません。
なぜなら、アメリカではアクセスが規制されているためです。

しかし、VPNという技術を活用することで、アメリカに居ながら日本の動画配信サービスの利用ができます。今回の記事ではVPNがどういうものなのか、アメリカではどのような日本動画配信サービスを利用できるのかについてお話します。

1. アメリカで視聴できる日本動画配信サービス8社の特徴

今回の記事では、次の8社の日本動画配信サービスの特徴についてご紹介します。

  • U-NEXT
  • Amazon Prime Video
  • TSUTAYA TV
  • Netflix
  • FODプレミアム
  • Abemaプレミアム
  • dTV
  • Disney+

なお、これらの動画配信サービスをアメリカで利用するためにはVPNの活用が必要です。

「Amazon Prime Video」「Netflix」「Disney+」に関しては、アメリカ版であればVPNを必要としませんが、日本版とは視聴できる動画の種類や、字幕の日本語対応状況が異なります。日本の動画をたくさん見たい場合は、VPNを使って日本版を視聴することを検討しましょう。

1-1. U-NEXT

U-NEXT(ユーネクスト)は、見放題作品数No.1を誇る日本動画配信サービスです。
作品数は21万本以上で、動画の見放題だけではなく、電子書籍の読み放題も楽しめます。
そしてU-NEXTは利用者が多いため、各国や各VPNサービスでの接続に関する情報なども得やすいです。

U-NEXTの月額は1,990円ですが、毎月1,200円分のポイントがもらえるため、実質月額790円で利用できます。
31日間の無料トライアルもあるため、お気軽にお試しできます。

またU-NEXTは、ドラマやアニメなどのオンエアから視聴できるまでのスピードが他の動画視聴サービスと比べて早いです。
そのため、新作をいち早くチェックしたい方には特におすすめです。

1-2. Amazon Prime Video

Amazon Prime Video(Amazonプライムビデオ)は、Amazon Prime会員が利用できる動画配信サービスです。
元々Amazon Prime会員の方は、特に追加の費用を負担することなく利用できます。
ちなみにAmazon Primeに加入すると、ビデオの視聴だけではなく、「Amazon Prime Reading」や「Amazon Prime Music」によって書籍も音楽も読み放題かつ聞き放題です。

日本版のAmazon Prime Videoは月額500円ですが、年契約をすると年会費が4,900円となるため、実質月額408円で利用できます。そのため、長期的にサービスを利用したい方にとってはよりお得です。

1-3. TSUTAYA TV

TSUTAYA TVは、日本国内で有名なビデオレンタル店の「TSUTAYA」が運営している動画配信サービスです。
毎月1,100ポイントがキャッシュバックされ、このポイントで映画2本分購入できます。

1-4. Netflix

Netflix(ネットフリックス)は、日本を含め多くの国で利用できる動画配信サービスです。
Netflixの動画は、PCやスマートフォンだけではなく、Xboxやプレイステーションなどのゲーム機でも視聴できます。
海外版のNetflixは、その国での設定の値段になるため、日本版よりも安く利用できることもあります。

Netflixには他にも「すべて英語の字幕に対応している」「海外のコンテンツに強い」「オリジナル作品が豊富」という魅力があります。
そんなNetflixですが、日本版の利用プランは次のとおりです。

プラン月額(税込)同時視聴できる端末数画質
ベーシック880円1台SD
スタンダード1,320円2台HD
プレミアム1,980円4台HD・4K

1-5. FODプレミアム

FODプレミアムは、利用できる端末が7つと多い日本動画配信サービスです。
毎月1,300ポイントがキャッシュバックされるため、実質無料で利用し続けることもできます。
動画以外にも、雑誌や漫画を読むことも可能です。

1-6. Abemaプレミアム

Abemaプレミアムは、Abema TVが運営している日本動画配信サービスです。
Abema TVの出資元はテレビ朝日であるため、テレビ朝日のコンテンツが充実しています。
さらにリアルタイムで日本のニュースが見られるため、アメリカに居ながら日本の情報にキャッチアップできます。

Abemaプレミアムの大きな強みは、無料でも満足のいく程の利用ができることです。
もし無料で利用してみて気に入ったら、有料会員になってさらに多くのサービスが利用できるようにすることをおすすめします。

1-7. dTV

dTVは、月額550円という安さが最大の魅力である日本動画配信サービスです。
動作も12万本以上と豊富で、ドラマや映画、アニメなどのジャンルが揃っています。

またdTVには、オリジナル作品も豊富にあるため、特定の俳優や女優、声優のファンという方にもおすすめです。
そしてdポイントを貯めることも使うこともできるため、dポイントを日頃から使っているドコモユーザーの方はお得に利用できます。

1-8. Disney+

Disney+(ディズニー プラス)は、ディズニーやマーベルなどが好きな方向けの動画配信サービスです。
月額990円で、4つのデバイスから同時視聴できます。
動画は10代までの若年層向けのものが多いため、お子さんのいらっしゃるご家庭には特におすすめです。

2. アメリカから日本動画配信サービスを利用するためのVPNとは?

アメリカから日本動画配信サービスを利用するためのVPNとは?

VPNは、海外で日本動画配信サービスを利用するのに必要な技術です。
なぜVPNが必要なのかというと、日本の主要な動画配信サービスは、ほぼ全て海外からのアクセスを規制しているためです。
しかしVPNを利用することで、どこからアクセスしているのかIPアドレスを瞬時に隠すことができ、海外での日本動画視聴サービスを利用できるようになります。

2-1. 無料VPNを使用するメリット・デメリット

無料VPNのメリットは、次のとおりです。

  • コストがかからない
  • 規制の状況が変わっても無料なので問題ない
  • VPN接続の練習をするのに使える

その一方で無料VPNには、次のデメリットがあります。

  • 高画質の動画を数時間視聴したら終わる程度の容量しかない
  • 通信速度が有料版と比較して遅い
  • 接続できる日本の動画配信サービスが少ない
  • 情報セキュリティに不安がある

2-2. 有料VPNを使用するメリット・デメリット

有料VPNのメリットは、次のとおりです。

  • 容量が十分にあるため高画質動画を長時間見られる
  • 対応している日本の動画配信サービスが多い
  • 通信速度もが速い
  • セキュリティ対策が万全
  • 日本語でのサポートを受けられるサービスもある

その一方で有料VPNには、次のデメリットがあります。

  • 日本の動画配信サービス側の規制が変わったら見られなくなる
  • 中国など使えない国がある
  • 知名度の高いサービスでなければ詐欺の危険性がある
  • 年額で契約すると規制状況が変わったときにお金が無駄になる
  • 特定の動画配信サービスや端末では使えないことがある

3. アメリカから日本動画サービスを利用するのにおすすめなのはNordVPN

NordVPNは、通信速度・セキュリティ・価格・使い勝手の面で優秀なVPNです。
他のVPNでは視聴が難しいHuluやAmazonプライムの視聴もできます。

さらに30日間の無料期間があり、無料期間内に解約すれば一切費用がかかりません。
そのため、何のリスクもなく利用をお試しできます。
非常におすすめできるVPNであるため、この機会にぜひお試しください。

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする