ルイジアナ州 ~アメリカ50州大解剖~

シェアする

ルイジアナ州

アメリカ合衆国にある50の州をそれぞれ紹介するアメリカ50州大解剖シリーズ。今回はルイジアナ州を紹介します。

ルイジアナ州について

州都: バトンルージュ
地域:南部
最大都市:ニューオーリンズ
人口:4,657,757人(2020年)
愛称:Pelican State

ルイジアナ州の地理

南はメキシコ湾に面し、東はミシシッピ州、北はアーカンソー、西はテキサス州に接している。

東側はミシシッピ川に沿って州境が敷かれ、ミシシッピ川はバトンルージュの南北を通り湾に注ぐ。河口付近は沖積平野や湿地が形成されている。

ルイジアナ州の気候

温暖湿潤気候に属し、夏が長く冬が短い。夏は湿度が高く、暑い。夏場は特に竜巻やハリケーンの被害が出やすい。

特にメキシコ湾沿いの地域は低地で入江や湿地が多く、悪天候時の高潮や浸水に襲われることが多い。

冬場は雪が降ること自体が稀であるが、万が一氷点下の気温と降雪の予報が出た際は、前もって道路の閉鎖や住民の自宅待機の呼びかけなどの対策が取られる。これは常に暖かい気候のため、住民や街が凍結や降雪の対策や順応がすぐにできないための判断である。

ルイジアナ州の人口構成

白人約63%、黒人約32%、アジア系が約2%となっている。白人の内訳はフランス系、ドイツ系、アイルランド系、イギリス系の順で多い。

アメリカの東海岸はもともとイギリス領であったが、ミシシッピ川主流より西のルイジアナ州を含む地域ーアイオワ、アーカンソー、オクラホマ、カンザス、コロラド、サウスダコタ、テキサス、ニューメキシコ、ネブラスカ、ノースダコタ、ミズーリ、モンタナ、ワイオミングの15州はフランス領だった。

そのためルイジアナ州にはフランス系白人が多く、文化の至る所にケイジャンやクレオールなどフランス由来の影響がある。

ケイジャンとは現在のルイジアナ州南部に入植したフランス人のことで、ルイジアナ買収前にすでにこの地を拠点とするルーツがある。クレオールとはルイジアナ買収前にルイジアナにてフランス、スペイン、アフリカ、ネイティブアメリカンを先祖に持つ、という意味。

ルイジアナ州の州都バトンルージュ

バトンルージュはフランス語で赤い杖という意味。17世紀の終わりより、フランスからの植民によって栄えたのが始まり。

バトンルージュ動物園、ルイジアナ美術館、キャピトルパークミュージアムなどが観光名所となっている。またブルース、ゴスペル、カントリー、ケイジャンなどの音楽が街を彩る。

ルイジアナ州の名所あれこれ

ニューオーリンズでは国定歴史地区となっているフレンチクオーターや、バーボン通り、ラファイエット、ジャクソン広場は是非とも訪れたい。ケイジャン料理、クラフトビール、年間400以上も開かれるフェスティバルやマルディグラなど楽しみは尽きない。

沼地や海岸線の探索も美しい景色を楽しめる。ペリカンやワニなどの野生動物を見たり、エビ、カニなど海の幸も満喫できる。

ポヴァティポイントは世界遺産に指定されている先住民族の遺跡。ミシシッピ川のクルーズやジャズバーなどもルイジアナオススメの定番アトラクション。

まとめ

アメリカ合衆国にある50州の中から、今回はルイジアナ州をご紹介しました。

アメリカの州一覧と各州の特徴はこちらの記事で解説していますので、各州の特徴をまとめて読みたいという方はぜひご覧になってください。

アメリカ合衆国にある州と各州の特徴を紹介します。アメリカ合衆国には全部で50の州があります。また、首都であるコロンビア特別区(通称ワシントンD.C.)は、どの州にも属していません。全米50州に1特別区を加え、各州の特徴を解説します。

アメリカ携帯ハナセルが運営する「アメリカ新生活・移住ブログ」では、本記事のように、アメリカでの生活や旅行で困ったときの解決方法や、アメリカに行く前に知っておきたい知識など、アメリカで役立つ様々な情報を発信しています。

本記事がお役に立ちましたら、ぜひ
#アメリカsimハナセル
#アメリカ携帯ハナセル

をつけて、Twitterでシェアしてくださいね。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介 コンテンツ制作ポリシー
この記事のタイトルとURLをコピーする

シェアする

フォローする