プリペイド携帯とは?サービス内容とメリット・注意点を解説

シェアする

携帯電話やスマホを新規で利用したいと考えている人の中には、プリペイド携帯の利用を検討している人もいるでしょう。プリペイド携帯には様々なメリットがある一方で、プリペイド携帯ではできないこともあるため、注意が必要です。

この記事では、プリペイド携帯の基本情報やサービス内容、プリペイド携帯でできること・できないことについて紹介します。アメリカなどで使いやすいスマホ(海外SIM)も併せて確認し、スムーズかつ快適にスマホを利用しましょう。

1.プリペイド携帯とは|できること・できないことを解説

携帯電話やスマホを利用する場合には、通話や通信で利用した分の料金を基本使用料とともに後払いすることが一般的です。一方、プリペイド携帯とは、通話料や通信料として使用するための料金を先払いするタイプの携帯電話・スマホを指しています。

プリペイド携帯の使用を開始したい場合には、通常契約ではなく、専用の申し込みを行わなければなりません。申し込みと手続きが完了し、利用開始登録を行うことでサービスを利用できるようになります。

このように、プリペイド携帯は一般的な携帯電話・スマホと支払い方法や契約方法・契約内容が異なっています。そのため、一般的な携帯電話やスマホでできることが、プリペイド携帯ではできない場合があり、注意が必要です。

ここでは、プリペイド携帯でできることと、プリペイド携帯ではできないことについて簡単に取り上げます。

1-1.前払いで電話・ネットが使える

プリペイド携帯は、通話や通信にかかる費用を前払いすることで利用できる携帯電話・スマホです。プリペイド携帯は、一般的な携帯電話・スマホと同様に電話やネット、SMSを利用できますが、前払いした金額分までしか利用できません。
後払いの場合よりも使い過ぎを防げるというポイントは、大きなメリットの1つといえるでしょう。

チャージ金額以上の通話・通信が必要となった場合には、プリペイドカード(チャージカード)を購入して、番号を登録することで継続利用が可能です。
残高を追加する方法やプリペイドカードを購入できる場所、サービス内容、通話料・通信料などの利用料金は通信会社によって異なるため、契約前によく確認しておきましょう。

1-2.後払い・キャリア決済が使えない

プリペイド携帯は、利用にかかる費用を前払いすることで使用可能となる携帯電話・スマホであるため、後払いやキャリア決済は利用できない仕組みとなっています。
ビジネスなどでプリペイド携帯を利用するときには、いざというときに「利用上限を超えてしまった」という事態が起きないよう、利用状況をしっかりと管理しなければなりません。

また、通信会社によってはプリペイド携帯では、Eメールの利用ができない場合もあります。主な連絡手段としてEメールを利用している人や、仕事用のプリペイド携帯を考えている人は、通信会社が提供するサービスの内容をよく確認しておきましょう。

2.プリペイド携帯のメリット

プリペイド携帯は、一般的な後払いの携帯電話やスマホと比較すると、「後払いやキャリア決済ができない」など使用する上での制限があります。しかし、使用する目的や使い方によっては、大きなメリットを得られる場合も珍しくありません。

ここでは、プリペイド携帯を利用する3つのメリットについて解説します。

2-1.通信費を節約できる

プリペイド携帯は、前払い済みの金額までしか利用できません。使い過ぎる前に利用を終了できるため、使い方によっては通信費を大きく節約することが可能です。
前払いした金額分よりも多く利用したい場合は、プリペイドカードやクレジットカードなどで追加チャージすることで引き続き使えるため、安心して利用できます。

また、後払い方式の携帯電話・スマホの場合、通話料や通信料に加えて、基本使用料がかかることが一般的ですが、プリペイド携帯の場合は基本使用料がありません。電話やデータ通信で使用した分の料金しかかからないため、通信費の節約に繋がるでしょう。

2-2.審査なしでスマホが使える

一般的に携帯電話やスマホの契約のときには、契約者や使用者に一定の支払い能力があるかどうかを審査するステップがあります。
しかし、料金を前払いすることで利用できるプリペイド携帯の場合、多くの通信会社では審査なしでプリペイドのスマホを使用することが可能です。

ただし、プリペイド携帯が犯罪利用されることを防ぐため、通信会社によっては契約のときに審査が行われる場合があります。収入面で不安がある人や、ローンを滞納した経験がある人は留意しておきましょう。

2-3.海外で日本のスマホをそのまま使える

国内でも申し込みを受け付けている海外用のプリペイドSIMを、日本で使用しているスマホに差し込めば、そのまま海外でプリペイド携帯のように使用できます。

普段から使用している操作に慣れたスマホが海外でも利用できると、より安心して海外での滞在を楽しむことができるでしょう。

ただし、海外のプリペイドSIMはほとんどが現地から輸入したプリペイドSIMであるため、日本語によるサポートに対応していないケースが多くある点に注意が必要です。この場合、簡単な日本語のマニュアルはあっても、開通の手続きなどは現地の言語となり、トラブル時のサポートも日本語で問い合わせることができません。

3.プリペイド携帯の注意点

様々な魅力があるプリペイド携帯ですが、注意点もいくつか存在します。ここでは、プリペイド携帯のデメリットや注意点について確認しましょう。

■プリペイド携帯を利用する上でのデメリット・注意点

  • 通話料・通信料が割高である
    プリペイド携帯は基本料金がかからないものの、通話料や通信料が割高な傾向にあります。使用頻度が高い人の場合、事業者によっては一般的な携帯電話・スマホよりも利用料金が高くなってしまうこともあるため注意しましょう。
  • 有効期限を過ぎると通話・通信することが不可能である
    プリペイドカードの有効期限を過ぎると、残高があっても通話や通信ができなくなる点にも注意が必要です。携帯電話やスマホの使用頻度が低い人は、プリペイドカードの有効期限はしっかりと覚えておくことをおすすめします。
  • 一定期間チャージしていないと解約となる
    プリペイド携帯に一定期間チャージしていない場合、利用登録が更新されず、解約となってしまうことも少なくありません。同じ電話番号を長期的に利用したい場合には、使用しない期間がある場合でも、定期的なチャージが必要であることに注意しましょう。

プリペイド携帯の利用期間が長くなる場合、メリットよりもデメリットのほうが多くなる傾向にあります。アメリカをはじめとする海外に長期間滞在する予定がある人で、お得にスマホを利用したい人は、他の方法を検討することをおすすめします。

4.アメリカでお得にスマホを使いたい人は「HanaCell」がおすすめ

アメリカで長期的にスマホを利用したい人は、プリペイド携帯よりもお得かつ便利に利用できる「HanaCell」のアメリカSIMがおすすめです。

■HanaCellのSIMを利用するメリット

  • 日本で使っているスマホをそのまま利用できる
    SIMフリーなどの利用条件を満たした対応機種であれば、日本国内で使用しているスマホをそのまま利用することが可能です。日本配送も送料無料なので、日本で手に入れてアメリカに持って行けます。なお、HanaCellではスマホ本体も商品として販売しているため、新規購入したい人も安心です。
  • 利用料金が比較的安く済む
    HanaCellには月額9.99ドルからの格安プランがあり、アメリカの大手キャリアよりも安価に利用できます。また、解約はいつでも無料で行えます。
  • 日本語サポートがしっかりしている
    HanaCellでは、申し込みから解約までの各ステップで日本語サポートが充実しています。困ったときに日本語で相談できる点は、大きなメリットの1つです。
  • ほとんど機能の制限を受けずに利用できる
    HanaCellの場合、製品独自の機能やテザリングなど、スマホに搭載されている多くの便利な機能やアプリに対応しており、ほぼ制限なく利用できます。

HanaCellのアメリカSIMは、アメリカで携帯をお得に使えるサービスです。アメリカで、スマホを長期的に利用したいと考えている人は、HanaCellの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

​​​​​日本人が選ぶアメリカ携帯

まとめ

使用料金の前払いが原則であるプリペイド携帯には、通信費を節約できたり審査なしで端末を新規契約できたりするといったメリットがあります。
一方で、使い方によっては通常よりも料金が割高となってしまうことが珍しくありません。使用期間が長い人や利用予定のデータ通信量が多い人は、プリペイド携帯ではなく、海外SIMの利用を視野に入れましょう。

アメリカでスマホをお得かつ便利に利用したい人は、HanaCellのアメリカSIMがおすすめです。安価な料金プランを利用でき、日本語サポートもしっかり整っているHanaCellの利用をぜひご検討ください。

シェアする

フォローする