アメリカ携帯電話 初心者のための基礎講座

アメリカ携帯の契約期間

日本で携帯電話を契約する場合、2年縛りという仕組みがありますよね。
期間の途中で解約をすると、多額の違約金が発生するということは皆さんご存知のことと思います。

この2年縛りという仕組みは、アメリカの携帯電話にも存在するのでしょうか?

嬉しいことに、近年のアメリカ携帯プランは、契約期間の無いものがほとんどです。

以前はアメリカも日本と同様に、2年間などの契約期間が設けられていたのですが、ここ数年で廃止される流れになっています。

また、契約期間が設けられている場合も、日本と違う点があります。
日本の2年縛りは自動的に契約が更新され、タイミングを逃すとまた2年解約できないという事態に陥ります。
アメリカの場合は、2年経つとその後はいつ解約しても違約金がかからない場合がほとんどです。

ただし、注意したいのは、加入と同時にスマートフォンなどの携帯端末を手に入れた場合です。
端末の分割払いが終わる前に解約しようとした場合、
プランそのものには違約金がかからないものの、未払いの端末代を一括で支払う必要があります。

【HanaCellの場合】

ハナセルのアメリカ携帯電話プランは、契約期間が存在しません。そのため、アメリカでの滞在期間が短い人でも安心して契約でき、いつでも無料で解約できます!
また、一括で購入していただきやすい、お手軽価格のスマホやケータイを揃えています。