携帯電話市場について

携帯電話市場について

アメリカでのSIMロック解除、2日以内にキャリアからアンロックコードをもらえるというルールができましたが、みなさまの体験はいかがでしょう。

数月前の話になりますが、SIMロック解除のポリシーをFCC(米連邦通信委員会)が見直し、 よりわかりやすくSIMロック解除方法をご案内する、という方針を決めました。 この時、アメリカ大5キャリア(Verizon Wireless、AT&...
携帯電話市場について

スマフォばかり注目しがちですが、フィーチャーフォンの開発も色々進んでいるんですねー。SMSでFacebookを経由するようなサービスもあるみたいですね。

都会の環境では、スマフォでメールをチェックして、Facebookに写真をアップして、タブレットで動画を見て、などどすっかりガジェットに頼るような生活になっていますね。今日はスマートフォンではなく、世界で活用されるフィーチャーフォンのプチ投稿...
携帯電話市場について

スマートフォンが大きく変化した一つの要因はタッチスクリーンでしょうか。今では3Dタッチスクリーンのうわさも耳に入ってきますね。

ここ数年での携帯電話は、目まぐるしく進化してきたように思います。特にタッチスクリーンが一般化したことで、スマートフォンの普及が急ピッチに増加した気がします。タッチとはいえ、一般的なクリック以外にも、スワイプ、フリックなどの操作で大分両手を必...
携帯電話市場について

Google’s Project Glass パソコンをメガネ化しちゃうみたいですね。

スマートフォンが普及し始めたのも、数年前というごく最近の発展のように感じています。私が初めて携帯電話を持ったのも、1997年ごろでした。確かこんなモデルだったように思います。 とにかく重くて、それでも固定電話を契約するよりも割安だった...
携帯電話市場について

2012年の話ですが、アメリカではスマフォユーザー数がフィーチャーフォンユーザーを追い抜きましたね。

スマートフォンの割合については、去年2月の時点で画期的結果が出ています。Nielsonという調査会社によると、スマートフォン対フィーチャーフォン(従来の携帯電話)は、2012年2月がまさに50-50時点でした。 この時点でのス...
タイトルとURLをコピーしました