アメリカのサマータイムって?注意することはある?

シェアする

こんにちは、アメリカ携帯ハナセルです!
今日はサマータイムについてお話します。

アメリカでは『Daylight Saving Time(デイライト・セービング・タイム)』と呼ばれ、DSTと略されますので、以下ではDSTと記載します。

日本にいると縁のないDST。
安心してください。たいしたことではありません。
(DST開始日に重要な予定がある人を除く)

アメリカがDSTを取り入れている理由は、
太陽光の有効活用だそうですが、私達に直接恩恵があることではないように思います・・・
(自分の得だけを考えていてはいけません)

時計の写真

アメリカのサマータイムの期間

アメリカでは、毎年3月第2日曜日~11月第1日曜日の期間がDSTとなります。

2020年は3月8日~11月1日
2021年は3月14日~11月7日
2022年は3月13日~11月6日
2023年は3月12日~11月5日がDSTの期間です。

DSTが始まった日は、その日の時間が23時間になって、
DSTが終わった日は、その日の時間が25時間になるんです。

読むだけでは、この意味がよく分からないですよね。
でも大丈夫です。実際に過ごすと、たいしたことではありません。

アメリカでもサマータイムが無い地域もある

アメリカの中でも
アリゾナ州とハワイ州にはDSTがありません

サマータイムで注意すること

注意しないといけないこともあります。
それは、DSTが始まる日に旅行や大切な用事があるとき

DSTのことをすっかり忘れていたら1時間遅刻です。
時計を1時間早めるのを忘れないでくださいね!

特にアリゾナ州ではDST自体を採用していないため、
アリゾナ州への旅行、アリゾナ州から他州への旅行では更に注意が必要です。

サマータイム中は、日本との時差が変わります

アメリカから日本に決まった時間に電話をかける約束をしていたり、
日本時間は今何時かな?という時には、
日本との時差が変わることも覚えておかないといけません。

ニューヨークなどアメリカ東部にいる時は
DST中(春夏)は日本との時差は13時間で、DST外(秋冬)の日本との時差は14時間です。

ロサンゼルスなどアメリカ西部にいる時は
DST中(春夏)は日本との時差は16時間で、DST外(秋冬)の日本との時差は17時間です。

日本の人とのやり取りがあるときは、DST開始日と終了日だけでなく、
時差も変わるということも覚えておいてくださいね。

サマータイムが終わる時は?

DSTが終わる日をすっかり忘れていると、
約束の時間よりも1時間早くついてしまうので、特に問題はなさそうですね。

まとめ

DSTで時間の調整が必要なのは開始日と終了日だけ。
注意が必要なのはDST開始日に仕事や予定がある場合。

スマートフォンは、自動で時間が調整されるので心配いりませんが、
壁にかけている時計や目覚まし時計がアナログの場合は、
忘れずに調整してくださいね!

関連記事:アメリカでの暮らしの前に知っておきたい15つのこと&生活のコツ

シェアする

フォローする