プリペイドSIMのメリット・デメリットとおすすめのアメリカSIM!

シェアする

ビジネスや留学などでアメリカに渡航するときに、現地でスマートフォンを使用したい方は多いでしょう。

海外でスマートフォンを利用する手段のひとつとしてプリペイドSIMがありますが、プリペイドSIMにはデメリットもあるため、事前に長所や短所を把握することが大切です。

当記事では、プリペイドSIMの概要や購入方法、プリペイドSIMを使うメリット・デメリット、アメリカでスマートフォンを利用したい場合におすすめのSIMについて解説します。
アメリカで利用できるSIMを探している方はぜひ参考にしてください。

1.プリペイドSIMとは?

プリペイドSIMとは、購入時にデータ利用料を先払いするタイプのSIMを指します。
プリペイドは「先払い」という意味を表す言葉です。

そもそもSIMは、スマートフォンに挿入して使う小さなチップです。
SIMにはキャリア契約者の識別番号や電話番号などの情報が記録されており、端末にSIMを挿入することでデータ通信や通話ができます。

海外用のプリペイドSIMを活用すれば、旅行先や留学先などでスマートフォンによるデータ通信を行うことが可能です。

1-1.プリペイドSIMの購入方法

アメリカで使用できるタイプのプリペイドSIMは、さまざまな方法で購入できます。
プリペイドSIMの主な購入方法は次の通りです。

・アメリカで現地調達する
プリペイドSIMは、アメリカに到着してから現地の販売店で購入できます。
主な販売場所は、空港に設置されているSIMカードの自動販売機や現地のコンビニ、携帯会社の店舗などです。

・海外ECサイトで買う
海外のSIMカード販売業者からECサイトを通じてプリペイドSIMを購入することもできます。海外ECサイトでプリペイドSIMを購入すれば、アメリカに渡航する前の段階でスマートフォンの設定を済ませることが可能です。

・日本で購入する
日本国内のECサイトや家電量販店、プリペイドSIM販売会社の店舗でプリペイドSIMが購入できます。また、日本の空港でプリペイドSIMを買うことも可能です。

2.プリペイドSIMを使用するメリット

使い捨てタイプのプリペイドSIMには、月額契約タイプのSIMカードにはない良さがあります。特に、契約などの手続きにかかる手間が少ない点や、データ通信量が固定されている点などは、プリペイドSIMの長所です。

ここでは、プリペイドSIMを使用するメリットについて詳しく紹介します。

2-1.契約・解約手続きの手間がかからない

プリペイドSIMを購入する際は、一般的なSIMカードを購入するときのような契約手続きはありません。SIM購入時に店舗で長時間待たされたり、申し込み書類を用意したりする手間が省けます。

また、一般的なSIMカードは解約時にも手続きが必要ですが、プリペイドSIMなら解約手続きも不要です。プリペイドSIMの場合、解約に必要となる契約時の書類などを探したり、店舗やWebサイトで必要事項を入力したりする手間がかかりません。

さらに、使い捨てタイプのプリペイドSIMなら、解約時の違約金がかからないこともメリットです。旅行や留学などでSIMが必要となるタイミングに合わせて、自由にプリペイドSIMを契約・解約できます。

2-2.データ通信量を気にしなくて済む

プリペイドSIMは利用できるデータ通信量と料金があらかじめ決まっているため、データ通信量を気にしなくて済むことがメリットです。

一般的なSIMカードは、プランごとに決められたデータ通信量や通話時間を超えると追加料金が発生する場合があります。一方、使い捨てタイプのプリペイドSIMであれば、購入時に先払いした金額以上の料金が請求されることはありません。

プリペイドSIMには利用可能なデータ通信量ごとに複数のプランがあるため、スマートフォンの使用目的に合わせて購入できます。海外で動画視聴や大容量ファイルの送受信を行う予定がある場合は、利用できるデータ通信量が大きいプリペイドSIMを購入しましょう。

3.プリペイドSIMを使用するデメリット

プリペイドSIMには魅力がある反面、料金や利便性の観点からデメリットがあります。

プリペイドSIMの主なデメリットは、一般的なSIMと比較して料金が割高であることやデータ容量が少ないことなどです。
また、データ容量を使い切ってしまった場合はチャージの手間が発生します。

ここからは、プリペイドSIMのデメリットについて解説します。

3-1.料金は割高に設定されている

プリペイドSIMは、月額タイプのSIMよりもデータ量あたりの料金設定が割高となっています。

多くの通信キャリアでは、月額料金を払ってデータ通信が利用できるプランと、使い捨てで利用できるプランの両方を用意していることが一般的です。
月額タイプのプランは継続利用が前提となっているため、その分使い捨てタイプのSIMより利用料金がお得に設定されています。
一方、使い捨てタイプのプリペイドSIMは短期間の利用が前提であり解約時の違約金もないため、料金は割高です。

また、多くの通信キャリアでは月額タイプの料金プランを契約したときに、新規契約キャンペーンとして割引サービスや特典を受けることができます。
一方、プリペイドSIMには契約時の割引サービスや特典がないことがデメリットです。

3-2.通常よりもデータ容量は少ない

プリペイドSIMは一般的なSIMと比較して、データ容量の上限が少なく設定されています。

一般的なSIMでは月々の定額料金を支払うことで、長時間の動画視聴などを問題なく行えるほどのデータ通信が可能です。使い放題のプランなら、データ容量の上限を気にする必要がありません。

一方、プリペイドSIMは使用できるデータ容量が少ないため、通信量を節約しながら使わなくてはならない点がデメリットです。使い捨てタイプのプリペイドSIMであらかじめ設定されたデータ容量を使い切ってしまうと、あらためて購入する必要があります。

また、日本で販売されているプリペイドSIMの種類によっては、データ容量をキャリア回線による音声通話に使用することができません。

音声通話に対応していないプリペイドSIMはデータSIMと呼ばれ、インターネット通信の利用のみが可能です。キャリア回線による音声通話機能を使いたい場合は、音声通話SIMを利用しましょう。

3-3.都度データ容量をチャージする必要がある

プリペイドSIMの利用期間中にデータ容量を使い切った場合は、都度データ容量をチャージする必要があります。

一般的なSIMは、データ容量の上限に達したときに自動で通信制限がかかり、追加料金を支払うことで通信制限の解除が可能です。支払いはスマートフォンから簡単にできるため、データ容量の追加は気軽に行うことができます。

一方、データ容量をチャージして使うタイプのプリペイドSIMは、データを使い切るたびにチャージする手間がかかることがデメリットです。海外のプリペイドSIMではチャージ方法の説明画面がすべて英語で表示されることもあるため、英語が苦手な場合はより大きな手間がかかります。

プリペイドSIMは、データ容量を使い切った時点からインターネット通信が一切できません。データ容量がなくなるとチャージ方法をインターネットで調べたり、メールで誰かに質問したりすることもできなくなるため、事前にどうすればチャージできるのか把握しておきましょう。

4.プリペイドSIMのデメリットをカバーするためには?

アメリカでプリペイドSIMのデメリットをカバーしたいときは、ハナセルのアメリカSIMがおすすめです。ハナセルのアメリカSIMはプリペイドSIMではなく、月額契約タイプの海外SIMカードとなっています。

ハナセルのアメリカSIMを使うメリットは、下記の通りです。

・チャージ残高がなくなる心配がない
ハナセルのアメリカSIMなら、プリペイドSIMのようにデータ容量のチャージ残高がなくなる心配がありません。アメリカでの滞在期間中、リーズナブルな価格でスマートフォンによるデータ通信を利用できます。

・日本語に対応している
ハナセルのスタッフは全員が日本人のため、英語が苦手な方でも安心して利用できます。

・無料で簡単に解約できる
使い終わった時点で簡単に解約できる点も、ハナセルのアメリカSIMを利用するメリットです。日本語の専用ページにログインすれば、オンラインで解約手続きができます。ハナセルのアメリカSIMは解約手数料が無料です。

アメリカ滞在中に快適に利用できるSIMを探している方は、ハナセルに問い合わせてみましょう。

アメリカのSIMカードが日本で手に入る

まとめ

プリペイドSIMはデータ利用料を先払いするタイプのSIMで、海外でスマートフォンを使用したい方に活用されています。しかし、プリペイドSIMは料金が割高であることや、データ容量が少ないことなどがデメリットです。

プリペイドSIMのデメリットが不安な場合は、リーズナブルな月額契約で安心して利用できるハナセルのアメリカSIMをおすすめします。留学や海外旅行、出張などでアメリカに滞在する方は、ぜひハナセルの利用を検討してみてください。

日本人が選ぶアメリカ携帯

シェアする

フォローする