日本や海外でアメリカの携帯電話を使う方法

アメリカに滞在していると、国自体がとても大きく、各州に見所がたくさんあるため、他国に旅行する方はそれほど多くないかもしれません。しかし、1年に一度、もしくは2年に1度など、日本へ一時帰国される方は多いのではないでしょうか?

「帰国したら友達と会いたい」、「日本食レストランで、心ゆくまで日本食を堪能したい」など、さまざまな楽しみかたがあるでしょう。その際、友だちとの待ち合わせやレストランの予約に役立つのは、携帯電話です。

今ではその姿を見かけなくなった公衆電話を探すよりも、携帯をレンタルするよりも、アメリカで使っている機種がそのまま米国外で利用できたら便利ですよね?

国際ローミング

この国外でも携帯電話が使えるサービスを、国際ローミングといいます。
当ページでは、国際ローミングに関する基礎知識や、私たちHanaCellの携帯サービスを日本で使う方法を紹介します。

国際ローミングの基礎知識

国際ローミングとは?

あなたが契約している通信事業者が他国の事業者と提携を結んでいれば、携帯電話を持って海外旅行に行った場合に、海外の通信事業者の電波を利用する事ができます。これを国際ローミングといいます。

ただ、海外のネットワークを借りることになるので、通常、国際ローミングの料金は高くなってしまいます。

国際ローミングの利用方法は?

一般的な国際ローミングの利用方法を紹介します。アメリカ携帯HanaCellの国際ローミング方法はこちら。

国外に行く前に

携帯電話プランによっては国際ローミングが無効となっている場合があります。また、国際ローミング自体が利用できない場合もあります。利用するのが初めての場合は、国際ローミングが有効になっているかどうかを携帯電話キャリアに確認することをお勧めします。また、料金も確認しておきましょう。

なお、アメリカのプリペイド携帯やSIMでは、ほとんどの場合、国際ローミングができないので注意しましょう。すでに契約している携帯電話プランが国際ローミングできないものだった場合は、普段使っている携帯に旅行先の国のSIMカードを入れて利用する方法もあります。

旅行先に着いたら

携帯電話の電源を入れると、自動的にその国の電波を拾い、通話とテキスト(SMS)が使えるようになります。

データ通信を利用するには、スマートフォンのデータローミングが有効になっていることを確認しましょう。

  • iPhoneの場合: 設定>モバイルデータ通信>「データローミング」をオン
  • アンドロイドの場合: Settings(設定)>More(その他の設定)>Mobile network(モバイルネットワーク)>「Data roaming(データローミング)」をオン

ハナセルのアメリカ携帯を日本で使う

ハナセルのアメリカ携帯プランは、国際ローミングがご利用いただけます。初めから国際ローミングが有効になっていますので、ご利用前の連絡なしで、すぐにご利用いただけます。

しかも、日本を含む世界210カ国で米国内とほぼ同じ料金で使えるんです!

そうは言われても、「本当に料金が高くならないか?」「使い方が難しくないか?」など、心配になっちゃいますよね? 皆さまに安心して日本でも使っていただけるよう、利用方法と料金の仕組みをご案内します。

日本への一時帰国中も使えるアメリカ携帯

私のハナセル携帯は日本でも使えますか?

日本で使うには、携帯電話機が日本の電波の周波数に対応している必要があります。

ハナセル販売機種 現在販売中の機種は日本で使えます。
販売を終了した日本で使えるハナセル機種は以下です。
  • 全てのスマートフォン ※Alcatel Onetouch Evolve2のみ日本で利用不可
  • ガラケー:BLU Zoey Flex 3G、サムスンGT-E3309、NokiaC2-01、Nokia2730 Classic、Nokia3120 Classic、MOTO VE538
iPhone 日本で使えます
日本で買った機種 日本で使えます
アメリカで買った機種 3G(UMTS、W-CDMAまたはHSDPA): 2100MHz (band 1)に対応していれば、日本で使えます

ハナセル販売機種を見る

日本ではどのキャリアが使えますか?

日本では、ドコモまたはソフトバンクに繋がります。
どちらのネットワークに接続しても料金に違いはありません。

日本でデータを使う

【料金】 日本でも、アメリカ国内と同じ料金で、データ通信をご利用いただけます。
$9.99プランは$0.27/MB、$29プラン以上は使い放題です。
ただし、データ速度はベストエフォート128kbpsとなります。

【使い方】 データローミングをオンにしてください。オンにする際、追加料金がかかるようなメッセージが表示されることがありますが、ハナセルでは追加料金はかかりませんのでご安心ください。

  • iPhoneの場合: 設定>モバイルデータ通信>「データローミング」をオン
  • アンドロイドの場合: Settings(設定)>More(その他の設定)>Mobile network(モバイルネットワーク)>「Data roaming(データローミング)」をオン

【128kbpsって、どのくらいの速度?】 普段4G LTEなどの高速データ通信に慣れていると、遅く感じるかもしれませんが、お友だちとメールやLINEチャットをしたり、スカイプ電話をするには支障のない速度です。動画を見たり、たくさんの画像を表示するのには向いていません。

日本でテキストする(SMS)

【料金】 全てのプランで、日本でもテキストが使い放題です。

【使い方】アメリカでテキスト(SMS)を使う場合と同じです。

  • アメリカの携帯電話とのテキスト:宛先に相手の電話番号をそのまま入力します ※届かない場合は「+1 電話番号」
  • 日本の携帯電話とのテキスト:ドコモ、ソフトバンクの国際SMS対応機種ならテキストのやり取りが可能です。また、日本語対応の機種同士なら、日本語でメッセージをやり取りすることもできます。
    日本の携帯電話にSMSを送る場合、宛先に「+81 初めの0を除いた電話番号」を入力します。
    日本の携帯電話からSMSを送ってもらう場合、宛先に「+1 電話番号」を入力してもらいます。お友だちにはアメリカまでの国際SMS送信料金がかかります。

日本で電話する

【料金】 NEW 米国内と同じ通話料金になりました($0.50$0.27/分
全てのプランで、国内発信・国際発信・着信が一律$0.27/分です。
※$49・$59・$79プランでアメリカへ通話する場合も、アメリカ国外では$0.27/分がかかります。ご了承ください

【電話をかける】

  • 日本国内にかける: 相手の電話番号をそのままダイヤルします。$0.27/分の発信料金がかかります。
    ※つながらない場合は、 +81 初めの0を除いた電話番号にダイヤルします
  • アメリカにかける、海外にかける: 国際電話をかける方法でダイヤルします。$0.27/分の発信料金がかかります。
    ※$49・$59・$79プランでアメリカへ通話する場合も、アメリカ国外では$0.27/分がかかります
    アメリカの電話番号にかけるには、+1 電話番号
    例)888-634-8226にかける場合、+1 888 634 8226とダイヤル

【電話をかけてもらう】

  • アメリカからかけてもらう: 普段アメリカで使っているハナセル携帯電話番号に電話をかけてもらいます。日本にいても、普段のアメリカの番号にかかってきた電話に出ることができます。お友だちにはアメリカ国内通話料金がかかります。あなたには$0.27/分の着信料金がかかります。
  • 日本からかけてもらう: アメリカに国際電話をかけるのと同じ方法でダイヤルしてもらいます。お友だちにはアメリカまでの国際発信料金がかかります。あなたには$0.27/分の着信料金がかかります。
    日本の携帯電話からかけてもらう場合、010 1 ハナセル携帯電話番号 にダイヤルしてもらいます

    日本のお友だちに国際発信料金を払ってもらうのは申し訳ない・・・という方には、日本の携帯電話番号が使えるジャパンSIMカードもございます。 アメリカ携帯(データ通信、アメリカの友だちとの通話用)とジャパンSIMカード(日本の友だちとの通話用)の2台持ちもお勧めです。

  • 電話をかけてもらう場合の注意点: 日本にいる間にかかってきた電話が留守番電話につながると、着信料金がかかる場合があります。ボイスメールサービスの停止をご希望の場合は、メールでご連絡ください。

【日本で、ハナセルのアメリカ携帯同士にかける】

  • +1 ハナセル電話番号にダイアルします。お互いに通話料金$0.27/分がかかります。
    ※$49・$59・$79プランの場合も、アメリカ国外では発着信に$0.27/分がかかります

日本以外への旅行でも使えますか?

はい。以下の210カ国でも、日本と同じ料金でご利用いただけます。
在米中に、日本からなかなか行けない国に海外旅行したい!という方にもご活用いただけます。

NEW お手軽価格で使える旅行先が、140カ国から210カ国に増えました

アジア・オセアニア:グアム、日本、中国、香港、韓国、台湾、オーストラリア、ニュージーランド、インドネシア、タイ、シンガポール、フィリピン、ベトナム、マカオ、マレーシア、北マリアナ諸島(サイパン)、アフガニスタン、アゼルバイジャン、インド、ウズベキスタン、カザフスタン、カンボジア、キルギス、クリスマス諸島、サモア、ジョージア(グルジア)、スリランカ、タジキスタン、トルクメニスタン(データは使えません)、トンガ、ナウル、パキスタン、パプアニューギニア、バングラデシュ、フィジー、フランス領ポリネシア、ブルネイ、ミャンマー、モルディブ、モンゴル、ラオス

北米・カリブ:カナダ、メキシコ、アルバ、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、イギリス領ヴァージン諸島、オランダ領アンティル、キュラソー島、グアドループ、グレナダ、ケイマン諸島、サバ島、サン・バルテルミー島、ジャマイカ、シント・ユースタティウス島、サン・バルテルミー島、セント・マーチン島、セントクリストファー・ネイビス、セントビンセント・グレナディーン、セントルシア、タークス・カイコス諸島、ドミニカ共和国、ドミニカ国、トリニダード・トバゴ、ハイチ、バハマ、バミューダ、バルバドス、ベリーズ、ボナール、マルティニーク、モンセラート

中南米:アルゼンチン、イースター諸島、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバトル、ガイアナ、グアテマラ、コスタリカ、コロンビア、スリナム、チリ、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ブラジル、フランス領ギアナ、ベネズエラ、ペルー、ボリビア、ホンデュラス

ヨーロッパ:アイスランド、アイルランド、アルバニア、アルメニア、アンドラ、イギリス、イタリア、ヴァチカン、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オランダ、オーランド諸島、オルダニー島、ガーンジー、カナリア諸島、キプロス、ギリシャ、グリーンランド、クロアチア、コソボ、サーク島、サンマリノ、ジブラルタル、ジャージー、スイス、スヴァールバル諸島、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、デンマーク、チェコ、ドイツ、トルコ、ノルウェー、バチカン市国、ハンガリー、フィンランド、フェロー諸島、フランス、ブルガリア、ベルギー、ベラルーシ、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ポルトガル、マケドニア、マルタ、マン島、モナコ、モルドバ、モンテネグロ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルグ、ロシア

アフリカ・中東:アラブ首長国連邦、アルジェリア、アンゴラ、イスラエル、イラク、ウガンダ、エジプト、オマーン、ガーナ、カーボベルデ、カタール、ガボン、カメルーン、ガンビア、ギニア、ギニアビサウ、クウェート、ケニア、コートジボワール、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、サウジアラビア、ザンビア、シエラレオネ、ジンバブエ、セーシェル、セネガル、タンザニア、チャド、チュニジア、トーゴ、ナイジェリア、ニジェール、西サハラ、バーレーン、パレスチナ自治区、ブルキナファソ、ブルンジ、ベナン、マダガスカル、マヨット、マラウイ、マリ、南アフリカ、モーリシャス、モーリタニア、モザンビーク、モロッコ、ヨルダン、リベリア、ルワンダ、レユニオン

【注意事項】主にアメリカでご利用いただくことを前提としたサービスです。アメリカ国外で長期または大量にデータを使用した場合、回線がご利用いただけなくなることがあります。


ハナセルのアメリカ携帯電話プランが、日本や世界各国への旅行中も気軽に使えること、わかっていただけたでしょうか?

ハナセルのアメリカ携帯の詳細はこちら

一時帰国のジャパンSIMカード

HanaCellでは、アメリカ携帯電話プラン以外に、もう一つの携帯サービスを提供しています。
一時帰国SIM「ジャパンSIMカード」です。そして、どちらも日本で携帯が使えます

お客さまから「日本でどちらの携帯サービスを使ったらいいのか?」といった質問が来ることがありますので、ジャパンSIMカードを使うメリットとデメリットを紹介します。

ジャパンSIMカードのメリットとデメリット

日本でジャパンSIMカードを利用するメリットが最もあるのは、実はHanaCell以外の携帯電話プランを使っている方です。
ご紹介したようにHanaCellのアメリカ携帯は日本でも米国内とほぼ同じ料金で使うことができますが、一般的な携帯電話プランは国際ローミングが高額なことが多いからです。国際ローミングが使えないことさえあります。
日本に到着後、普段利用している携帯電話機にジャパンSIMカードを差し込めば、高額な国際ローミングを使うことなく、日本で通話やデータ通信ができます
デメリットは、SIMフリー以外の携帯電話機を使っている場合はSIMロックを解除しないといけないことでしょうか。

一時帰国SIM

訪日旅行客向けのプリペイドSIMを利用するという方法もありますが、日本のプリペイドSIMは音声通話が使えないデータ専用のSIMカードが大多数です。限られた一時帰国の期間に、できるだけ多くの友人と待ち合せしたい、行きたいお店を予約したいという場合には、電話が使えたほうが便利です。

HanaCellのジャパンSIMカード一時帰国のために開発されたSIMカードですので、090や080、070から始まる日本の携帯電話番号で通話することができます。また、使わない月は利用料金がかからず、次回の一時帰国でも同じSIMカードを使うことができます。

普段からHanaCellのアメリカ携帯を使っている場合は、コスト面ではジャパンSIMカードを使うメリットがありません。それでもあえて一時帰国中にジャパンSIMカードを使ってくださっている方には、一時帰国中に日本の携帯電話番号で電話したいという方が多いです。また、HanaCellの国際ローミングはデータ速度が低速ですが、ジャパンSIMカードなら日本でも高速データが使えます


ハナセルの2つの携帯電話サービスの違いを、わかっていただけたでしょうか?
国際ローミングとジャパンSIMカード、あなたの用途に合うものを選んで、日本への一時帰国を存分に楽しんでくださいね♪