HanaCellアメリカ携帯電話にかけた時の流れるアナウンスについて

HanaCellアメリカ携帯電話にかけた時、ご利用者が電話に出なかった場合のアナウンスをご案内申し上げます。

アナウンス内容は、留守電話をアクティベートされているか、いないかで内容が変わります。
留守番電話のアクティベートは、ご利用の携帯電話から操作を行う必要があります。

留守番電話アクティベーション前で、お電話に出られなかった場合、または電波が入っていない場合のアナウンス:
「I am sorry but the person you have called has a voicemail box that has not been set up yet. Good bye.」
または
「The person you are trying to reach is not accepting calls at this time. Please try your call again later. (その後同じメッセージがスペイン語で流れます。)」
*アナウンスはお客様のご利用の基地局などにより、どちらかが流れます。

留守番電話アクティベーション後、お電話に出られなかった場合、または電波が入っていない場合のアナウンス:
Your call has been forwarded to an automatic voicemail system. XXXXXXXXXXX(携帯電話の番号) is not available. At the tone please record your message. When you have finished recording, you may hang up or press 1 for more options. <ピー>

留守番電話は、携帯電話の番号が流れるように初期設定されていますが、これをご利用者の名前に変更することも可能です。または、ご利用者様ご自身で留守番電話のアナウンスを録音することも可能です。

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介
ハナセルについて
HanaCell 吉田をフォローする
ハナセル店長の日記

コメント