アメリカで使えるSIMフリースマホとは?注意点とおすすめプラン

シェアする

スマホ(スマートフォン)や携帯電話は、今や世界共通の生活必需品であり、海外旅行をする際にも必要と考える方が多いアイテムです。海外出張や海外旅行などで海外への渡航を考えている方の中には、日本で持つスマホと現地で使うスマホを一本化したいという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、アメリカで使えるSIMフリースマホの選び方についてご紹介します。アメリカ・日本の両方で使えるスマホやSIMカードを活用し、スムーズに日米を行き来できるようにしましょう。

1.アメリカで使うSIMフリースマホを選ぶ際は対応バンドに注意

近年耳にする機会が多い「SIMフリースマホ」とは、スマホの通信会社(キャリア)の垣根を越えて使用できるスマホのことを指します。

SIMフリースマホが登場する前は、ある通信会社で購入・契約したスマホでは、他の通信キャリアの回線が使用できませんでした。
このような状態を「SIMロック」と言い、SIMロックがかかったスマホをSIMロックスマホ、SIMロックが解除された状態のスマホを「SIMフリースマホ」と言います。

SIMロック解除されたスマホは、日本国内ではほとんどの大手スマホキャリア(携帯キャリア)から、通信料金が安い格安SIM(格安スマホ)会社まで使用できます。

ただし、SIMロックを解除したSIMフリースマホが、日本と同様にアメリカでも使用できるわけではありません。通信に使用されているバンド(周波数帯)は、通信事業者ごとに異なるためです。

日本でも各通信会社によって通信の規格が異なりますが、日本で流通しているスマホは、国内の通信規格のほとんどに対応しています。しかし、アメリカの通信会社で使用されている通信規格には、対応していない場合があります。
アメリカでも使えるスマホを検討する際には、アメリカにおける通信会社の規格に、検討中のSIMフリースマホが対応しているかどうかを確認する必要があります。

2.アメリカの大手キャリア4社の通信方式とバンド

アメリカでも使用できるSIMフリースマホを探すためには、次の3点について知る必要があります。

  • ①アメリカにおけるスマホの通信方式
  • ②アメリカの主なスマホキャリア
  • ③アメリカで使用されている電波のバンド

ここでは、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

①アメリカにおけるスマホの通信方式
アメリカでは日本と同様に、3G通信と4G通信が利用されています。現在では4Gが主に使用されていますが、4Gが混み合っている場合には3Gに切り替えられるシステムが主流です。

大手スマホキャリアでは、3Gと4Gのどちらも使用可能となっています。
また、通信エリアはまだ限られているものの5Gが利用できるキャリアもあります。

②アメリカの主なスマホキャリア
アメリカの大手スマホキャリアには、「T-Mobile(Tモバイル)」「Verizon(ベライゾン)」「Sprint(スプリント)」「AT&T(エーティー アンド ティー)」の4社があります。それぞれの特徴は次のとおりです。

スマホキャリア 特徴
T-Mobile
  • ・3Gが繋がるエリアは他のキャリアと比べると狭いが、4Gが繋がるエリアが急激に拡大している注目のキャリア
  • ・通信品質はかなり高め
Verizon
  • ・アメリカの大手キャリアの中で最も通信可能エリアが広い
  • ・通信スピードは安定して速い
  • ・4G通信では最大の通信バンド(13)をもつ
Sprint
  • ・通信可能エリアが他のキャリアと比べると少ない
  • ・日本のソフトバンクと提携
AT&T
  • ・Verizonと並び、通信エリアが広くスピードも安定している
  • ・繋がりやすいことでも有名

上記の特徴をふまえ、各キャリアが利用している通信方式や対応バンドを確認した上で、アメリカで利用するスマホを選びましょう。

③アメリカで使用されている電波のバンド
アメリカの大手スマホキャリア事業者である「T-Mobile」「Verizon」「Sprint」「AT&T」の4社における、通信方式とバンドは次のとおりです。

T-Mobile

通信方式 対応バンド
3G GSM・GPRS・EDGE・UMTS・HSPA+ 1900MHz・1700/2100MHz(AWS)
4G LTE 【メイン】2・4・12・71
【サブ】5・66

Verizon

通信方式 対応バンド
3G CDMA 800MHz・1900MHz
4G LTE 【メイン】13
【サブ】2・4・5・66

Sprint

通信方式 対応バンド
3G CDMA 800MHz・1900MHz
4G LTE 【メイン】25
【サブ】26・41

AT&T

通信方式 対応バンド
3G GSM・GPRS・EDGE・UMTS・HSPA+ 850MHz・1900MHz
4G LTE 【メイン】12・17
【サブ】2・4・5・14・29・30・66

各キャリアには、メインで使用される4Gの対応バンドがあります。アメリカで使用するSIMフリースマホを選ぶ際には、それぞれのキャリアにおけるメインの通信方法に対応しているかどうかを確認しましょう。

3Gは4Gが利用できない場合に使用される通信方式であるため、4Gほど重視しなくても問題ありませんが、念のためチェックしておくことをおすすめします。

3.アメリカで使うSIMフリースマホはiPhoneがおすすめ

ここまでに紹介したとおり、アメリカで使用するスマホを選ぶ際には、アメリカの大手キャリアの取り扱いバンドや通信規格を考慮する必要があります。
そのため、「アメリカで使えるSIMフリースマホ探しに時間がかかりそう」と不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

アメリカで使えるSIMフリースマホ選びで悩んでいる方には、Appleから販売されており日本でも購入しやすい「iPhone」シリーズがおすすめです。SIMフリーのiPhoneを入手するためには、次の方法があります。

  • ・Apple StoreでSIMフリーiPhoneを購入する
  • ・キャリアショップで購入したiPhoneのSIMロックを解除する

SIMフリーのiPhoneは、Apple Storeからのみ販売されています。
国内キャリアから販売されているiPhoneは、そのキャリアのSIMロックがかかっているため、そのままではアメリカで使用することができません。

しかし、2015年5月から総務省がSIMロック解除を義務化したことにより、キャリアのiPhoneでもSIMロックの解除が可能となり、他キャリアのSIMカードを利用できるようになりました。

3-1.スマホだけでなくSIMカードの契約も忘れずに

Wi-Fi環境なしでインターネットを使用したり、音声通話を利用したりするためには、SIMカードが必要不可欠です。アメリカで使えるSIMフリー端末を自分で準備できたら、アメリカで利用可能な海外SIMカードの契約も忘れずに行いましょう。

アメリカで使用するスマホ端末を日本でも使いたい場合は、日米どちらの国でも利用できるSIMカードを選ぶ必要があります。
日本で契約可能で、渡航先に出発する前にSIMカードを装着して事前に動作確認ができるSIM業者を選ぶと、万全の状態で渡航可能です。またSIMカード契約の際には、トラブル発生時のことを考え、日本語のサポートが充実しているところを選ぶとなお良いでしょう。

4.万全を期すならSIMカードとスマホのセットプランを選択!

アメリカへの渡航前は準備などで忙しく、アメリカで使えるSIMフリースマホとSIMカードの両方を準備することが難しい場合もあるでしょう。そういった場合には、海外利用できるSIMカードとスマホがセットになっているプランもおすすめです。

SIMカードとスマホのセットプランには、アメリカ国内で利用可能であるか、SIMカード会社によって確認、動作が保証されているというメリットがあります。スマホとSIMカードの契約を別口で行う必要もないため、出発日までに時間がない方や手続きを簡単に済ませたい方は、ぜひ検討してください。

また、SIMカードとスマホのセットプランは、Android端末をアメリカで簡単に使いたい方にも人気です。国内利用も可能なものを選べば、日本用・アメリカ用とスマホの2台持ちをする必要もありません。SIMカード装着後の動作確認が済んでいるSIMフリーAndroidスマホをアメリカで利用したい方は、SIMカードとスマホのセットプランを選択しましょう。

まとめ

アメリカで使えるスマホを選ぶ際には、現地キャリアの通信方式や対応周波数帯を確認する必要があります。SIMフリー版のiPhoneなら間違いなくアメリカで利用できますが、SIMカードがなければ通信ができないため、SIMカード契約を忘れないようにしましょう。渡米前に日本語でアメリカのSIMカード契約ができる会社もあります。

Android端末を利用したい方や、忙しくスマホやSIMを用意する時間がない方は、スマホとSIMカードがセットのプランがおすすめです。スムーズかつスマートにアメリカで使用できるスマホを準備し、アメリカでの滞在をより楽しいものにしましょう。

関連記事:海外SIMでiPhoneを使用する方法と選び方!

シェアする

フォローする