アメリカで使えるスマホを端末別に紹介!バンドの確認方法も

シェアする

留学やビジネスなどでアメリカに渡航する予定がある場合、さまざまな準備が必要となります。アメリカで使えるスマホの用意も、欠かせない準備です。

国内でSIMフリー端末を使用している場合でも、実際は現地で使えない可能性があります。あらかじめ、アメリカで使用できるスマホの種類を把握しておきましょう。

今回は、アメリカで使えるスマホをiPhone端末・Android端末別に紹介します。使用の可否を分けるバンドについても解説するため、所有するスマホがアメリカで使用できるのか知りたい方は参考にしてください。

1.SIMフリー端末でもアメリカで使えないスマホがある?

海外でスマホを使う際は、国内キャリアのSIMを抜き海外SIMを入れることとなります。そのため、海外で利用できるスマホはSIMフリー端末であることが条件です。
しかし、全てのSIMフリー端末が必ず海外で使えるわけではありません。アメリカの場合は、SIMフリー端末でも使えないスマホがあります。

iPhoneの場合、SIMフリー端末であればiPhone 6s・6s Plus・SE以降の新しい機種がアメリカで使用可能です。一方、Androidの場合はSIMフリー端末であっても使用できないことがあります。

SIMフリー端末であってもアメリカで使えない理由は、端末が「アメリカの周波数帯(バンド)」に対応していないためです。

1-1.海外使用の可否を分ける「バンド」とは?

バンドとは、無線通信で使われる周波数帯のことであり、簡単に表現すると「データをやりとりする通信回線」です。各国ではキャリアごとにバンドを割り当てており、キャリア側と端末側のバンドが合っていることで、初めてデータ通信が行えます。

そのため、日本で購入したスマホに海外SIMを挿してアメリカで使用するためには、2つの条件を満たさなければなりません。

  • SIMフリー端末である
  • スマホがアメリカのバンドに対応している

SIMフリー端末をアメリカで利用する際は、どのバンドに対応していれば良いのでしょうか。アメリカにおける携帯電話会社では、「Verizon」「T-Mobile」「AT&T」「Sprint」が大手キャリアとされています。

ただし、日本で購入・レンタルできるアメリカ対応のSIMは、「T-Mobile」「AT&T」のキャリアを使用していることがほとんどです。そのため、SIMフリー端末のバンド確認は、「T-Mobile」「AT&T」のバンドに対応しているかどうかを確認しましょう。

下記は、「T-Mobile」「AT&T」のバンドを、3G・4G(LTE)の通信規格それぞれで記載した表です。なお、表中で数字の前に置かれている「B」とは「バンド」のことであり、B2は「バンド2」、B4は「バンド4」です。

T-Mobile AT&T
3G B2・B4 B2・B5
4G
(LTE)
B2・B4・B12・B66・B71 B2・B4・B17・B30

海外利用の際は、旅行先における対応バンドの事前調査が大切です。

2.【端末別】アメリカで使えるスマホ

ここでは、T-Mobileバンドに対応しているスマホを端末別に紹介します。紹介している機種は基本的にアメリカで使えるものの、マイナーチェンジモデルでは対応バンドが異なるケースもあるため注意してください。

不安な場合は、携帯会社や海外対応SIMの販売会社に問い合わせることがおすすめです。

2-1.iPhone端末

iPhone端末はiPhone 6s・6s Plus・SE以降の機種であれば、SIMロック解除後にT-Mobileのバンドを使用可能です。対応しているバンドはB2・B4・B12が中心であり、新しい機種ではB66やB71に対応しているケースもあります。

機種名 使用できるT-Mobileのバンド
3G 4G(LTE)
B2 B4 B2 B4 B12 B66 B71
iPhone 6s × ×
iPhone 6s Plus × ×
iPhone SE × ×
iPhone 7 × ×
iPhone 7 Plus × ×
iPhone 8 ×
iPhone 8 ×
iPhone 8 Plus ×
iPhone X ×
iPhone XS ×
iPhone XS Max ×
iPhone XR ×
iPhone 11 ×
iPhone 11 Pro ×
iPhone 11 Pro Max ×
iPhone SE(第2世代) ×
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max

2-2.Android端末

Android端末はスマホ本体のメーカーによって、アメリカにおける利用可否が異なります。ここでは、Google Pixel・AQUOS・Xperia・HUAWEIについて、アメリカで利用できる機種と対応バンドを紹介します。

〇Google Pixel

機種名 使用できるT-Mobileのバンド
3G 4G(LTE)
B2 B4 B2 B4 B12 B66 B71
Google Pixel 3
Google Pixel 3 XL
Google Pixel 3a
Google Pixel 3a XL
Google Pixel 4
Google Pixel 4 XL

〇AQUOS

機種名 使用できるT-Mobileのバンド
3G 4G(LTE)
B2 B4 B2 B4 B12 B66 B71
AQUOS R × ×
AQUOS R2 × ×
AQUOS R3 × ×
AQUOS zero × ×
AQUOS zero2 × ×
AQUOS sense3 plus × ×

〇Xperia

機種名 使用できるT-Mobileのバンド
3G 4G(LTE)
B2 B4 B2 B4 B12 B66 B71
Xperia X Performance × ×
Xperia XZ × ×
Xperia XZs × ×
Xperia XZ2 × ×
Xperia XZ3 × ×
Xperia 1 × ×
Xperia 5 × ×

〇HUAWEI

機種名 使用できるT-Mobileのバンド
3G 4G(LTE)
B2 B4 B2 B4 B12 B66 B71
HUAWEI Mate 10 Pro × ×
HUAWEI Mate 20 Pro × ×

3.アメリカで使えるSIMカードを購入する際は「ハナセル」がおすすめ

日本のスマホをアメリカで使うためには、アメリカのバンドに対応した機種だけでなく、海外SIMカードも必要となります。アメリカで使えるSIMカードを購入する際は、「ハナセル」がおすすめです。

ハナセルは、アメリカに滞在する日本人向けに、アメリカの携帯電話サービスを提供しております。店長をはじめ、スタッフは全員が海外在住経験のある日本人であり、日本人が利用しやすい体制を構築していることが特徴です。
プランの種類は豊富であるため、お客様のニーズに応じて選んでいただくことができます。サポートは日本語で対応することから、使用中に疑問が生じた際はぜひご相談ください。

また、ハナセルではお客様の購入したSIMカードを、日米どちらにも送料無料で配送しております。自分のスマホをアメリカでも使いたい方は、ハナセルの海外SIMカードをご利用ください。

アメリカのSIMカードが日本で手に入る

まとめ

今回は、端末別にアメリカで使えるスマホの紹介、およびバンドに関して解説しました。

日本のスマホをアメリカで使うためには、アメリカのバンドに対応したSIMフリー端末であることが条件です。日本で購入・レンタルできるアメリカのSIMは「T-Mobile」「AT&T」を使用することが多いため、2社のバンドを使えるスマホであるかどうか確認しましょう。

アメリカへ旅行や留学の予定がある方は、スマホの対応バンドを確認したうえで、ハナセルのアメリカ対応SIMをぜひご利用ください。

シェアする

フォローする