アメリカの携帯電話番号を取得するには

近年は連絡方法にメッセージアプリやメールを使うことが多いですが、 アメリカ滞在中にアメリカ現地の携帯電話番号があると便利な場面もあります。
レストランなどの予約に電話番号が必要な場合
アプリ登録にSMS認証が必要な場合

アメリカでスマホを利用するには、国際ローミングやWiFiレンタルという方法もありますが、アメリカの携帯電話番号を使うことはできません。また、一般的な海外旅行用eSIMも、携帯電話番号が使えない場合が多いです。

アメリカの携帯電話番号を使う

ハナセルのアメリカSIMやeSIMは、アメリカの携帯電話番号付きです。
スマホにハナセルのアメリカeSIMをインストールすると、アメリカの携帯電話番号で音声通話やSMSが使えるようになります。物理SIMの場合は、日本またはアメリカまでSIMを送料無料でお届けするので、スマホのSIMスロットに装着し、アメリカの携帯電話番号を使います。

ハナセルのアメリカSIMには2つの商品がありますので、それぞれ紹介します。

アメリカの携帯電話番号が使える
アメリカ携帯長期プラン(eSIM、物理SIM)

月額料金が毎月かかり、解約するまで利用が続く
5種類の料金プランがあり、全米最安値の月$9.99~
全プランでSMS(テキスト)が使い放題
米国内通話は「使い放題」または「$0.27/分」
日本でも通話とSMSが使える
物理SIMとeSIMから選べる
いつでも無料で解約できる
アメリカ携帯料金プラン

長期的に使うアメリカの携帯電話番号を取得したい場合は、ハナセルのアメリカ携帯長期プランをご検討ください。

5種類の料金プランがあり、一番安いプランは全米最安値の月$9.99。すべてのプランで、米国内でのSMSが使い放題です。アメリカから日本へSMSを送る場合も使い放題の対象となります。

音声通話はお選びいただくプランによって「米国内通話使い放題」または「米国内通話 $0.27/分」となります。アメリカでは通話の着信にも通話料金がかかるので、どのくらい通話するか分からない場合は、使い放題がおすすめです。

アメリカでは、固定電話だけでなく携帯電話番号にも市外局番(エリアコード)がつきます。長期プランはアメリカで滞在するエリアの携帯電話番号が使えます。

日本でも通話やSMSがお手軽な価格で使えます。5種類の料金プランすべてで、日本での通話は$0.27/分(国内発信・国際発信・着信ともに)、SMS送信は$0.10/通、SMS受信は無料です。
ただし、日本でのデータ通信は高額なので、必ずスマートフォンのデータローミング設定をオフにしてください。
※米国外でデータ通信を利用すると、$0.27/MBのデータ通信料金がかかります。これは1GBに換算すると$276と非常に高額です
※一部の端末はVoLTE国際ローミングに対応していないため、米国外で利用できない場合があります

アメリカの携帯電話番号が使える
アメリカ短期eSIM

利用期間を5日、7日、15日、30日間から選びます
米国内通話が使い放題
SMS(テキスト)が使い放題
短期利用に便利なeSIM(物理SIMは販売していません)
利用期間が終わると自動解約になります
アメリカeSIM

今回のアメリカ・ハワイ旅行の期間だけアメリカの携帯電話番号を使いたい場合は、ハナセルのアメリカ短期eSIMをご検討ください。

旅行者向けの海外eSIMはデータしか使えないものが多いですが、ハナセルのアメリカ短期eSIMはアメリカの携帯電話番号で音声通話とSMS(テキスト)が使えます。

長期プランと短期eSIMの違いは?

ハナセルのアメリカ携帯長期プランアメリカ短期eSIMはどちらもアメリカの携帯電話番号が取得できます。こちらの比較表で、あなたの目的に合う商品をお選びください。

長期プラン短期eSIM
主な滞在目的アメリカ留学、駐在、在住など。旅行にも使えますアメリカ旅行
利用期間解約するまで継続購入時に利用期間を選ぶ
開通申請必要
開通申請でプランを選びます
必要
解約手続き必要不要
SIMカードの種類eSIM、物理SIM両方に対応。スマホとSIMのセット販売もeSIMのみ
データ量プランによって異なる(2GB~使い放題)プランによって異なる(3~20GB)
テザリングできる
オプション料金はかかりません
できない
プランの変更できるできない
国際通話 できる
月額基本料金に含まれないため、追加料金がかかります
できない
米国外への通話には、LINEやFaceTimeなどの通話アプリをご利用ください
米国外での利用
(国際ローミング)
できる
国際ローミング料金がかかります。高額となる場合もありますのでご注意ください
できない
支払いタイミングポストペイド
購入時にSIM代金のみを支払います。月に1回、後払いで毎月のご利用料金が発生します
プリペイド
購入時のみ支払いが発生します
携帯電話番号の地域※お客さまが滞在する地域の電話番号
開通申請で滞在地域の郵便番号を入力します
ニューヨーク州の電話番号
※米国では携帯電話番号にもエリアコード(市外局番)が付きます

以上、アメリカの携帯電話番号が取得できるハナセルのアメリカ携帯長期プランアメリカ短期eSIMの紹介でした。 アメリカの携帯電話番号の取得に、ハナセルのSIMをご活用いただければ幸いです。

アメリカ携帯料金プラン
アメリカeSIM

アメリカ携帯ハナセルとは?

日本人が選ぶアメリカ携帯サービス 第1位
アメリカ携帯のHanaCell

アメリカに住む日本人の皆さんの携帯電話サービスに対する不満を少しでも解消したい。そんな思いで誕生したハナセルは、これまでにご利用いただいた皆さまのおかげで2024年に17周年を迎えました。

店長の吉田をはじめ、スタッフ全員が海外在住経験のある日本人。日本とは違う携帯電話サービスに対し、皆さん同様の不満を抱くことが多々あったんです。 こうした自身の経験と、お客さまからのご意見を元に、他のアメリカの携帯電話会社にはない、日本人のためのさまざまなサービスを提供しています。

サービス内容の詳細はこちらをご覧ください

店長吉田の写真
アメリカSIM
お申込み