iPhoneでデータ通信料金の発生を防ぎたい

ジャパンSIMカード、アメリカ$9.99プランご利用のお客様でデータ通信の料金を防ぎたい場合は、
電話機でデータ通信を遮断する設定が必要です。

iPhone はソフトウェアやアプリケーションの各種設定などにより、定期的な通信を自動で行います。
データを自動で同期することで常に最新のデータを確認できるなど、より便利にご利用いただくことができますが、
自動で通信が行われた場合もデータ通信料が発生します。
そのため iPhone でデータ通信料が発生しないようにするためには、携帯電話ネットワークのデータ通信を行わないようにする設定が必要です。

ここでは、基本的なモバイルデータ設定のオフの方法をご案内しますが、
iPhoneでは下記モバイルデータ通信の設定オフだけでは、完全にデータ通信を遮断できないことがあります。

モバイルデータ通信設定がオフでも、バックグラウンドでデータを使ったり、Wifiアシスト機能などでWifi接続からモバイルデータ通信に切り替えてしまうこともあります。
iPhoneでデータ通信の発生を完全に遮断したい場合は、正しく設定していただけますよう本体のお買い求め先またはアップル社にて設定方法をお確かめください。

基本的な設定方法
※ご利用の機種やiOSのバージョンによって操作が異なる場合があります。

SIMカード挿入前に、まずiPhoneをWiFiへ接続してください。
その後、SIMカードを携帯に挿入しモバイルデータ通信をオフにしてください。

1.最初に表示されるホーム画面より「設定」を選択
2.「モバイルデータ通信」を選択
3.「通信のオプション」(または「モバイルデータ通信のオプション」)を選択
4.「4Gをオンにする」を選択し、「オフ」に切替
5.画面左上の → 「戻る」を選択
6.「モバイルデータ通信」を (オフ)に切替

【iOS 9.2 までの場合】
1.最初に表示されるホーム画面より「設定」を選択
2.「モバイルデータ通信」を選択
3.「4Gをオンにする」 を選択し、「オフ」に切替
4.画面左上の「戻る」(または「モバイルデータ通信」)を選択
5.「モバイルデータ通信」を (オフ)に切替

【iPhone 6、iPhone 6 Plus より前の機種やiOS 8.3より前のバージョンの場合】
1.最初に表示されるホーム画面より「設定」を選択
2.「モバイルデータ通信」を選択
3.「4Gをオンにする」を (オフ)に切替
4.「モバイルデータ通信」を (オフ)に切替

※iPhoneでは上記モバイルデータ通信の設定オフだけでは、完全にデータ通信を遮断できないことがあります。
iPhoneでデータ通信の発生を遮断したい場合は、正しく設定していただけますよう本体のお買い求め先またはアップル社にて設定方法をお確かめください。
本体側で正しくオフに設定されていませんと、WiFiに未接続の場合やWiFiに接続していても、モバイルデータ通信が優先される場合など気づかないうちにモバイルデータ通信が発生する可能性があります。
同期化やアプリの更新などにより自動的に背景データが発生した場合、データ通信費用はお客さまのご負担となります。

アメリカ携帯電話HanaCell(ハナセル)