ハワイのSIMを使うには? SIMカードの基本から、購入方法、SIMの入れ方まで

ハワイへの旅行中や留学中、ハワイで使えるSIMカードを利用すれば携帯代がお得になります。しかし、SIMカードってなんだか難しそうに感じる人も多いはずです。

次のハワイ滞在でハワイのSIMカードを使ってみたいという方のために、ハワイのSIMカードを使う方法をできるだけ易しく解説してみたいと思います。

ハワイ 旅行 スマホ

そもそも、SIMカードって何?

ハワイ sim

「SIMカード(シムカード)」または「SIM(シム)」というのは、スマホや携帯の中に入っているICチップです。このICチップの中に、どの携帯電話会社のどの携帯電話番号を使うか、といった情報が記録されています。

日本で使っているSIMカードを携帯から取り出して、ハワイのSIMに差し替えれば、携帯端末を買い替えることなく、ハワイ現地価格の携帯電話サービスが使えるようになります。

ハワイのSIMカードを使うと安くなるのは、どういう時?

ハワイのSIMカードを使わなくても、日本の携帯電話はそのままハワイで携帯電話を使うことができます。ハワイでは、ソフトバンクやドコモ、auの電波は飛んでいないので、現地の携帯会社の電波を借りることになります。 これを「国際ローミング」といい、日本国内とは異なる料金設定が適用されます。

<ドコモ、auの場合>
ハワイでデータを使うには、24時間で980円の追加料金がかかります。ハワイで4日以上データを使う方は、ハワイ現地のSIMを使った方が安くなる場合が多いです。
また、ハワイで電話を使う方も、ハワイ現地のSIMを使った方が安くなります。ハワイを含むアメリカ国内へ電話をかける場合の通話料金は1分およそ120円です。日本と特に違う点は、かかってきた電話に出た場合も着信料金がかかること。どこからかかってきても1分165円または175円と、米国内発信よりも高いです。注意しましょう。

ハワイ(アメリカ)での国際ローミング料金
※普段の携帯電話料金に追加されます
データ1分の通話
米国へ・着信
ソフト
バンク
iPhoneアメリカ放題
無料キャンペーン中(通常 980円/月)
無料無料
スマホ2,980円/日125円・175円
ドコモ980円/24時間125円・175円
au980円/24時間120円・165円

<ソフトバンクの場合>
ソフトバンクでiPhoneを契約している場合は、アメリカ放題をハワイでも利用できます。現在は無料キャンペーン中なので、スプリントという携帯会社の電波を使えば、国際ローミング料金がかかりません。うっかりスプリント以外の電波を使うと、国際ローミング料金が発生するので、気を付けましょう。
ソフトバンクでiPhone以外の機種を使っている場合は、ハワイ現地のSIMを使った方が安い場合がほとんどです。アメリカ放題が使えず、ハワイでデータを使うと1日2,980円かかります。通話料金も、ハワイやアメリカ国内にかけると1分125円、かかってきた電話に出ると1分175円となります。


以上のように、ハワイでの滞在日数が4日以上の方や、電話を使う方ソフトバンクでiPhone以外の機種を使っている方は、ハワイ現地のSIMを使ったほうが料金がお得になることが多いです。
現地SIMに入れ替えると、日本の携帯電話会社の通信サービスが使えなくなるので、間違って国際ローミング料金がかかってしまうということもありません。日本に帰ってきたら、日本のSIMカードに戻せば、また日本の携帯電話サービスが使えるようになります。

それに、ハワイのSIMなら、現地の電話番号が使えます。ハワイ滞在中にお店を予約する際や、現地のお友だちがいて電話をかけてもらう場合などにも重宝します。

ハワイのSIMカードを購入するには?

ハワイはアメリカの州のひとつですので、ハワイで利用するSIMカードには、アメリカのSIMカードを購入します。アメリカのSIMカードは基本的にアメリカ本土とハワイのどちらでも使えます。

なお、余談になりますが、グアムやサイパンは、アメリカ領ではあるものの、州ではありません。そのためか、グアムやサイパンではアメリカのSIMカードの多くが使えません。次にグアムやサイパンに行くことがあればご注意ください。

ハワイで使うためのアメリカSIMカードは、ハワイに着いてから購入するか、日本で事前に購入しておくことができます。

実は私自身はハワイに行ったことがないのですが(ぜひ一度行ってみたいものです)、ネットで調べた情報によると、2019年現在でもハワイの空港にはSIMカードを販売しているお店が無いそうです。国際空港ならどこでもSIMカードが売られているものかと思っていましたが、意外ですね。
ハワイに着いてから購入する場合は、空港から出て市街地まで移動した後ということになります。携帯キャリアのショップだけでなく、WalmartなどのスーパーマーケットでもプリペイドSIMが販売されています。

空港に着いてすぐに携帯が使いたいなら、ネットでハワイで使えるSIMを購入し、日本で手に入れておきましょう

アメリカ携帯ハナセルのSIMカードは、ハナセルのオフィシャルサイトから注文でき、日本へのお届けも送料無料です。メールや電話で日本語で質問できるので、わからないことも日本にいるうちに解決できます。

808から始まるハワイの携帯電話番号のSIMカードを手に入れるには?

アメリカのSIMカードは基本的にアメリカ本土とハワイのどちらでも使えるとご案内しましたが、実は808から始まるハワイ独自の携帯電話番号というものが存在します。これはアメリカでは、固定電話だけでなく、携帯電話番号にも市外局番がついているからなんです。808はハワイの市外局番ということです。

日本の場合、03から始まる電話番号を見ると「東京の固定電話の番号だな」とわかりますよね。アメリカでは、808から始まる電話番号を見ると「これはハワイの電話番号だな」とわかるというわけです。特に、ハワイに長期滞在する方はこだわりたい部分ですね。

しかし、日本でネット購入できる旅行者向けのアメリカのSIMカードは、どの地域の電話番号になるか選べないものがほとんどで、ハワイの携帯電話番号ではありません。ハワイの電話番号が使いたい方は、ハワイに着いてからSIMカードを探すか、どの地域の電話番号になるか選べながらも日本でネット購入できるサービスを探しましょう。

アメリカ携帯ハナセルのSIMカード日本でネット購入ができ、ハワイの携帯電話番号を使うこともできます。
お申込み時に「アメリカのZIPコード(郵便番号)最初の5桁」を入力する欄があるので、「96815」と入力してください。これはワイキキの郵便番号ですが、ハワイのどこの郵便番号を入力しても、ハワイ州の市外局番808が付いた携帯電話番号が利用できるようになります。

SIMカードをスマホに入れるのって難しくない?

ハワイのSIMをインターネットやスーパーマーケットで購入した場合は、自分でSIMカードを入れ替えることになりますが、これまで一度もSIMカードに触ったことが無いという方も多いですよね。
SIMカードの入れ替えは実は結構簡単です。動画を交えつつ紹介します。

SIMカードには、「通常」「マイクロ」「ナノ」という3つのサイズがあり、どのサイズを使うかはお持ちのスマホによります。購入前に自分のスマホのSIMサイズを確認しましょう。

「通常」「マイクロ」「ナノ」のどのサイズにも切り取れるマルチカットのSIMカードもあります。どのSIMサイズのスマホでも使えるので、SIMのサイズで悩まず購入できます。

下の動画のように、SIMカードを台紙から切り取ります。マルチカットSIMでは、切り取るサイズを間違えても、後から別のサイズに変更することができます。

切り取ったSIMカードをスマホに入れます。今回はもっとも代表的なiPhoneを例に紹介します。
iPhoneのSIMを入れ替えるには、購入時に付属していたSIMピンが必要です。失くしてしまった場合も、ペーパークリップなどで代用できます。iPhoneをケースに入れている場合はケースを取り外し、iPhoneの側面にある穴にSIMピンを差し込むと、SIMトレイが飛び出します。SIMトレイにSIMカードを置き、SIMトレイを元に戻せば完了です。
文字での説明はわかりづらいので、下の動画をご覧ください。

iPhone以外の機種をお使いの方は、購入時に付属したユーザーガイドやオンラインマニュアルを参照しましょう。
SIMカードを入れる場所はメーカーや機種ごとに異なります。

アメリカ携帯ハナセルのSIMカードは、どのSIMサイズのスマホにも使えるマルチカット。日本で手に入るので、ハワイに行く前にスマホに入れておくこともできます。日本でも使え、料金も米国内とほぼ同じ。日本で準備して、試しに使いたいという方にもおすすめです。

自分のスマホで、ハワイのSIMが使えないかもしれないって本当?

お持ちのスマホでハワイのSIMカードを使うには、
(1) SIMロックが解除されていること
(2) 周波数が対応していること
という2つのチェックポイントがあります。

ひとつずつ解説していきましょう。

ハワイ 旅行 sim

(1) SIMロックが解除されていること
ドコモ、ソフトバンク、auなどの携帯電話会社で購入した端末は、そのままの状態では他社のSIMカードが使えません。これを「SIMロック」といいます。このSIMロックは、決まった条件を満たしていれば、端末を購入したキャリアで解除してもらうことができます。

SIMロックを解除してもらうための条件
  • 2015年5月以降に発売された機種であること。iPhoneの場合は、6s plus、6s、SEや、それより新しい機種です。これは、2015年5月からSIMロック解除が義務化されたからです。ドコモは他社に先駆けて2011年4月からSIMロック解除を受け付けてきたので、それより古い機種でもSIMロックを解除できることがあります。
  • 購入から101日経っているか、機種代金の支払いが終わっていること。

自分が持っているスマホ機種の発売時期がわからない場合は、購入したキャリアに問い合わせるとよいでしょう。ただし、店頭や電話でSIMロック解除の申し込みをすると、3,000円の手数料がかかります。キャリアのサポートサイトから申し込めば、手数料無料でSIMロック解除ができます。SIMロックを解除してはじめて、ハワイの現地SIMが利用できるようになります。

アマゾンや家電量販店、アップルストアなどでは、初めからSIMロックがかかっていない「SIMフリー」のスマートフォンが販売されています。MVNOで購入した格安スマホもSIMフリーの場合が多いです。SIMフリーの場合は、SIMロックの解除をしなくても、そのままハワイの現地SIMが利用できます。

アメリカ携帯ハナセルのSIMカードは、日本で手に入り、日本でも使うこともできます。そのため、ハワイに行く前にSIMロックが解除されているか確認できます。料金も米国内とほぼ同じで、高額になる心配がありません。

(2) 周波数が対応していること
SIMロック以上に難解なのが、この周波数です。
なお、iPhoneは5s/5cの頃から世界各国の周波数に対応していますので、iPhoneユーザーは周波数については気にしなくて大丈夫です。読み飛ばしてください。

通話やインターネットをするためには、スマホで携帯電話会社の電波を拾う必要があるわけですが、その電波の周波数は利用する国や携帯電話会社によって異なります。自分のスマホがハワイの携帯電話会社の周波数に対応していなければ、電波を拾うことができません。

iPhoneのように世界展開しているハイスペック機種は、世界各国で使えるようにたくさんの周波数に対応していますが、格安スマホや日本オリジナルの機種などは、ハワイの携帯電話会社の周波数が入っていない場合があります。また、同じ機種であっても、販売国やキャリアによって、対応する周波数が異なることもあります。

iPhone以外の機種をお使いなら、自分の持っているスマホが、ハワイで使うSIMカードの周波数帯(バンド)に対応しているか確認しましょう。

アメリカ携帯ハナセルのSIMカードは、カスタマーサポートに日本語でご質問いただけます。お持ちのスマホで使えるかわからない場合はお気軽にお問い合わせください。

ハワイのSIMを入れたのにつながらない場合は、どうすればいい?

無事にハワイのSIMをスマホにセットできたのに、つながらない時にはどうしたらいいのでしょう。様々な理由が考えられますが、代表的な対処法をご紹介します。

電波が入らない場合

旅行前ではありませんか?
ハワイ用のSIMを日本で事前購入した場合、旅行前にSIMが使えるか試してみたくなるかもしれませんね。しかし、アメリカのプリペイドSIMのほどんどがアメリカ以外で使えないため、日本でSIMカードを入れても電波は入りません。

アメリカ携帯ハナセルのSIMカードなら日本でも使えます。料金も米国内とほぼ同じです。ハワイに行く前にSIMの準備をすることができて安心です。

アクティベーションが必要なSIMではありませんか?
アメリカのSIMは利用する前にアクティベーションという手続きが必要な場合があります。SIMのユーザーガイドを確認しましょう。

アメリカ携帯ハナセルのSIMカードをハナセルの公式サイトで買う場合は、アクティベーション手続きが不要です。日本配送では、利用開始日を購入時にお選びいただけます。

スマホの電源を入れ直してみましょう
スマホの電源を切り、入れ直すことで、SIMを認識することがあります。

電波は入るけれど、ネットにつながらない場合

スマホの電源を入れ直してみましょう
電波が入らない場合と同様に、電源を入れ直すことで、ネットにつながる場合があります。

APN設定が必要なSIMカードではありませんか?
APNはモバイルデータ通信を使うための設定です。大手キャリアを使う場合、この設定をしなくてもネットにつながることが多いですが、アメリカの格安SIMを使う場合にはAPNが必須です。SIMのユーザーガイドに書かれているAPNを設定し、スマホの電源を入れ直しましょう。

アメリカ携帯ハナセルのSIMカード何も設定しなくてもネットにつながることが多いですが、お使いのスマホによってはAPN設定が必要なこともあります。付属の日本語ユーザーガイドで設定方法をご案内しています。

日本でMVNO(格安SIM)を使っていませんか? 日本のAPNを削除しましょう
日本でMVNO(格安SIM)を使っている場合、日本のAPNが邪魔をしていることがあります。APNを削除し、スマホの電源を入れ直しましょう。iPhoneの場合は、設定→一般→プロファイルからAPNを選び、アンインストールします。
日本に帰ってきたら、日本のAPNを入れ直すことを忘れないでくださいね。

アメリカ携帯ハナセルのSIMカードなら、SIMの使い方がわからなかった場合も、日本語でお問い合わせいただけます。
また、送料無料で日本で手に入り、日本でも利用できるので、ハワイに行く前にスマホの設定ができ、ばっちり使える状態でハワイに向かうことができます。

以上、ハワイのSIMカードを使う方法を紹介してきました。

最後に、記事内でも触れてきたアメリカ携帯ハナセルのSIMカードをハワイで使う場合のポイントを紹介したいと思います。
ハナセル以外のSIMを使う予定の皆さまも、ここまで読んでいただきありがとうございました!

アメリカシムカード
アメリカ携帯ハナセルのSIMカード

$9 (送料・消費税・手数料なし)

  • 日本へのお届けも送料無料
  • ハワイの携帯電話番号が使える
  • わからないことは日本語で質問できる
  • どのSIMサイズのスマホでも使えるマルチカット
  • 日本でも使えるので、日本で設定して確認できる
  • 開通手数料なし、税金の追加なし
  • いつでも無料で解約できる
日本人が選ぶアメリカ携帯サービス 第1位

ハワイで使う場合のよくあるご質問

ハワイの携帯電話番号(市外局番808)を使いたいですが、どうすればいいですか?
  • お届け先が日本の場合、お申込みフォームの「アメリカのZIPコード(郵便番号)最初の5桁」にハワイの郵便番号「96815」をご入力ください。
  • お届け先がハワイの場合も、ハワイの市外局番がついた電話番号になります。

ハナセルの月額プランは旅行者でも使えますか?
はい、ご利用可能です。開通手数料や税金などの追加料金がかからず、いつでも無料でご解約いただけるハナセルのアメリカ携帯プランは、旅行者の皆さまにも多くご利用いただいております。

解約が面倒だったりしませんか?
ご解約手続きは簡単です。ご加入後にお知らせするログインページから、事前に解約日を予約していただけます。ネット手続きなので、日本に帰ってから解約することもできます。
違約金などの解約料は一切かかりません。

月の途中で解約しても、1カ月分の月額基本料金がかかりますか?
  • 利用期間が1カ月以上の場合、月額基本料金が日割りになります。
  • 1カ月未満の場合は、合計で1カ月分の月額基本料金がかかります(お支払いが2回に分かれる場合があります)

ご質問がありますか?

日本語でお気軽にお問合せください
米国内フリーダイヤル 1-888-634-8226
※Skypeを使えば、日本からも無料でかけられます
お問い合わせ
営業時間
NY時間:月~木 9~17時/金 9~16時
CA時間:月~木 6~14時/金 6~13時
日本時間:月~木 23~翌7時/金 23~翌6時