チャリティキャンペーン

今、アメリカSIM(販売価格$9)、アメリカ携帯、ジャパンSIMカードを購入すると、
HanaCellがお客さまに代わって$9をアフリカ給食支援活動に寄付します!

$9はアフリカの子どもの60日分の給食費です。同時購入の場合は、$9×購入数を寄付します

マラウイの子どもたち

HanaCell運営会社の社長トニー・スミスが、2016年に世界最貧国の1つマラウイ共和国で開始した給食支援活動は、40カ所の幼稚園と12カ所の小学校に通う14,435人の子どもたちに給食を提供しています。

普段からHanaCellの利益の大部分はこの給食支援に使れていますが、チャリティキャンペーン期間中は、商品の販売価格をチャリティ活動に寄付することで、お客さまにも直接、給食支援活動に参加していただけます。

クリスマスシーズンにHanaCellの商品を購入して、アフリカの子どもたち給食を届けませんか?

お客さまの声に対する取り組み

ハナセルが成長し続けられるのは、ひとえにお客さまのおかげです。当ページでは、お客さまからのご意見やご要望に対する、ハナセルの取り組みをご紹介いたします。

検討中の事項

  • お客様からのご要望 ハナセルでもiPhoneの販売を開始して欲しい

    検討中

    現在、iPhoneでハナセルをご利用いただけるSIMカードを販売しております。機種本体の販売は未定ですが、前向きに検討しています

  • 2018年度の取り組み

    お客様からのご要望 PayPalで支払いたい

    達成しました

    2018年6月、PayPalでのお支払いに対応しました

    お客様からのご要望 ジャパンSIMカードを空港で受け取りたい

    達成しました

    ジャパンSIMカードの受け取りを、2018年3月に成田空港、5月に羽田空港、9月に関西国際空港で開始しました

    お客様からのご要望 ジャパンSIMをソフトバンク同士無料にしてほしい

    達成しました

    2018年4月、ジャパンSIMカードがソフトバンク同士無料通話の対象になりました

    2017年度の取り組み

    お客様からのご要望 データ通信量が2GBと使い放題の中間のプランが欲しい

    達成しました

    2017年11月。データ通信量6GBとYouTube見放題付きの$59プランを開始しました

    お客様からのご要望 アマゾンで購入したい

    達成しました

    2017年6月。日本のアマゾン(Amazon.co.jp)で、ハナセルのアメリカSIMカードの販売を開始しました。詳細はこちら

    お客様からのご要望 ジャパンSIMカードでデータ通信が使いたい

    達成しました

    2017年1月。データ通信を使った時だけ月$59でパケットし放題が適応される、新しいジャパンSIMカードを発売

    お客様からのご要望 ジャパンSIMカードで電話番号の初めに0063をつけるのが面倒

    達成しました

    2017年6月、ジャパンSIMカードの0063なしの国内通話料金を値下げ。0063を付ける場合と同じ料金

    ※以前は電話番号の初めに0063をつけないと割高になっていた

    2016年度の取り組み

    お客様からのご要望 $29、$49プランの高速データ通信容量を増やしてほしい

    達成しました

    2016年8月。月額基本料はそのままで、$29、$49プランの高速データ通信容量を1GBから2GBに倍増しました

    お客様からのご要望 配送日時を選べるようにしてほしい(日本へのお届け)

    達成しました

    2016年8月。日本配送の場合、ショッピングカートで配送日と時間帯を指定できるようになりました

    お客様からのご要望 日本・アメリカ以外のクレジットカードで申し込めませんか

    達成しました

    2016年9月。世界各国のクレジットカードでお申込みいただけるようになりました

    お客様からのご要望 スマホからログインページが見づらいです

    達成しました

    2016年9月。ログインページをモバイル対応にしました

    2015年度の取り組み

    お客様からのご要望 LTEデータも使い放題になりませんか

    達成しました

    2015年10月、LTE高速データ、アメリカ国内通話、テキストのすべてが使い放題の$79プランを開始しました

    お客様からのご要望 プランをもっと充実させてほしい

    達成しました

    2015年2月、アメリカ携帯電話プランの料金体系を一新。3つの使い放題つきプランから選べるようになりました

    お客様からのご要望 日本やアメリカ国外でも使いたい

    達成しました

    ハナセルのアメリカ携帯電話がアメリカ国外でも使えるようになりました。日本および対象の210カ国で、米国内とほぼ変わらない料金で利用できます

    2014年度の取り組み

    お客様からのご要望 定額制のプランはないのですか?

    達成しました

    2014年9月、iPhone 5以降向けのナノSIMカード限定で、ハナセル初となる使い放題プランを開始しました。今後、対応機種を増やせるよう努力してまいります

    お客様からのご要望 iPad向けの定額プランも用意してほしい

    達成しました

    2014年10月、iPad向けの使い放題データSIMカードを発売しました。Retinaディスプレイ搭載の新モデルiPadでご利用いただけます

    2013年度の取り組み

    お客様からのご要望 タブレット用SIMカードを販売してほしい

    達成しました

    2013年8月。iPad、タブレット向けのデータSIMカードを発売。アメリカ、カナダ、日本でも使えます

    お客様からのご要望 日本もアメリカも送料を無料にして欲しい

    達成しました

    2013年1月よりアメリカ携帯電話およびアメリカSIMカードの配送料(10ドル)を無料にしました

    2012年度の取り組み

    お客様からのご要望 Web上で使用料金がわかるようにして欲しい

    達成しました

    2012年8月。クレジットカードのお引落しや通話明細を、Web上で確認ができるマイハナセルオンラインシステムができました

    お客様からのご要望 データ料金を下げてほしい

    達成しました

    2012年6月。データ料金を、$0.005/ KBから、$0.001/ KBに大幅値下げしました

    2011年度の取り組み

    お客様からのご要望 日本語が使える携帯が欲しい
    スマホが欲しい

    達成しました

    2011年4月。日本語対応のスマートフォン「IDEOS」を販売。これに伴い、日本語のテキスト(SMS)送受信も可能になりました

    お客様からのご要望 インターネット機能をつけて欲しい

    達成しました

    2011年4月。オプション料金なしで、インターネットのご利用が可能になりました

    2010年度の取り組み

    お客様からのご要望 日本での利用がレンタルだけなんて、不便・・・

    達成しました

    2010年11月。日本のプリペイド携帯電話よりお得でレンタルより便利なジャパンSIMカードを発売しました

    お客様からのご要望 サポートの電話受付時間を増やしてほしい

    達成しました

    2010年10月。従来の4時間から、ニューヨーク時間9時~17時の8時間体制に変更しました

    お客様からのご要望 渡米前に携帯電話機を受け取りたい

    達成しました

    2010年3月。商品の日本配送サービスをスタートしました。配送料金はアメリカと同じ、手数料は一切必要ありません

    2009年度の取り組み

    お客様からのご要望 請求書や通話明細書をPDFにして欲しい

    達成しました

    2009年6月。メールにてお送りしている請求書などのファイル形式をPDFに変更しました

    お客様からのご要望 購入時に確認の電話をうけるのが面倒です

    達成しました

    2009年4月。ウェブ上でカード決済できるショッピングカートを導入しました

    お客様からのご要望 携帯電話機の操作方法についてもっと詳しく知りたい

    達成しました

    2009年12月、マイハナセルをオープン。操作方法など、サービスを利用するために必要な情報をまとめました

    お客様からのご要望 盗難や紛失の補償サービスはないのですか?

    達成しました

    2009年3月より、盗難や紛失、破損に対する補償サービス"あんしん補償"をスタートしました

    2008年度の取り組み

    お客様からのご要望 クレジットカード請求書や明細書を郵送ではなく、電子化にして欲しい

    達成しました

    2008年11月。請求書や明細書はE-mailにてお送りすることとなりました

    お客様からのご要望 現在使っているアメリカの携帯電話番号を、そのままハナセルで利用したい

    達成しました

    2008年1月。ご利用中のアメリカの電話番号を継続して利用できるナンバーポータビリティサービスを開始しました

    2007年度の取り組み

    お客様からのご要望 いつ荷物が届くか把握したいので、Fedexのトラッキング番号を教えて欲しい

    達成しました

    2007年12月。Fedexのトラッキング番号をEメールにてお知らせするようにしました


    ハナセルのアメリカ携帯の詳細