アメリカ駐在のスマホやSIMはどうすればいい?

アメリカ駐在での携帯電話はどのようにする予定ですか?
駐在員に携帯電話を支給する会社もありますが、会社で支給されない場合や、家族帯同でアメリカに行く場合、仕事用とプライベートで携帯電話を分けたい場合には、自分自身でアメリカで使う携帯電話を手配する必要があります。

アメリカ駐在のスマホ

なぜ、アメリカ駐在で日本のスマホをそのまま使わない方がいいのか?

旅行でアメリカに滞在する場合には、日本の携帯電話をそのままアメリカで利用するという方も多いですが、アメリカ駐在の場合には現実的ではありません。

アメリカでは、ソフトバンクやドコモ、auの電波は飛んでいないので、アメリカの携帯会社の電波を借りることになります。 これを「国際ローミング」というのですが、利用すると通常の日本の携帯代に加えて国際ローミング料金がかかり、料金が非常に高くなります。海外赴任の一般的な期間は2~5年といわれていますが、この間ずっと国際ローミング料金を払い続けるなんて人はそうそういないでしょう。

アメリカでの国際ローミング料金
※普段の携帯電話料金に追加されます
データ1分の通話
米国へ・着信
ソフト
バンク
iPhoneアメリカ放題
無料キャンペーン中(通常 980円/月)
無料無料
スマホ2,980円/日125円・175円
ドコモ980円/24時間125円・175円
au980円/24時間120円・165円

ソフトバンクでiPhoneを契約している場合は、アメリカ放題というサービスが使え、アメリカでも日本と同じ料金で携帯電話を使うことができます。
料金だけ見ると、ソフトバンクのiPhoneならアメリカ駐在で使えると思うかもしれませんが、こちらもあまりお勧めできません。アメリカで、日本の携帯電話番号を使い続けることになるからです。
お店の予約をする際や、各種サービスの会員登録をする際など、アメリカで生活をしていると、アメリカの電話番号が必要となる場面が出てきます。アメリカの電話番号を使うためにも、アメリカ現地の携帯電話サービスがおすすめです。

方法1: 日本のスマホに、アメリカのSIMを入れて使う

アメリカの携帯電話サービスを使う方法はいくつかありますが、日本で使い慣れたスマホにアメリカのSIM(シム)を入れて使うというのが、一番お得で便利な方法です。ただし、若干の専門知識が必要になります。

SIMというのは、スマホや携帯の中に入っているICチップのことで、自分の携帯電話番号や、どの携帯会社を使うかといった情報はSIMの中に記録されています。スマホから日本のSIMを取り出して、アメリカのSIMに差し替えれば、アメリカ現地の携帯電話サービスが使えるようになります。

アメリカ駐在のSIMカード

アメリカ駐在のために高価な端末を購入しなくても、アメリカの電話番号が使えるというわけです。

しかし、ドコモやソフトバンク、auなどのキャリアで購入した携帯電話には、簡単に他社へ乗り換えできないよう、他社のSIMカードを受け付けない「SIMロック」がかかっています。日本のスマホにアメリカのSIMを入れる前に、まずはスマホのSIMロックを解除する必要があります。

SIMロック解除は日本の携帯を解約する前に日本で行います。(解約後もSIMロック解除できる場合もあります。)
iPhoneの場合は、iPhone 6s plus、6s、SEか、それより新しい機種で、購入から101日以上経っていれば、購入したキャリアでSIMロックを解除してもらえます。購入から100日以下でも、機種代金の支払いが終わっていれば解除可能です。
キャリアのサポートサイトからネットで手続きすれば、手数料無料で解除できますし、自分で手続きするのは難しいという方はキャリアショップで手数料を払えば解除してもらえます。
詳細なSIMロック解除条件はこちらをご覧ください。

残念ながら、今使っているスマホがSIMロック解除できない機種だった場合は、アメリカのSIMカードを使うことができません。また、SIMロックを解除できたとしても、日本専用に作られた機種や格安機種の場合、アメリカでは電波が拾えないことがあります。このような場合は、アメリカのスマホまたはアメリカのガラケーの購入を検討しましょう。

SIMロックなどと聞くと複雑そうに感じるかもしれませんが、私たちアメリカ携帯ハナセルのように、日本語で相談できる携帯会社もあります。SIMロック解除や対応機種について疑問がある場合は、問い合わせてみましょう。

また、私たちハナセルのように、アメリカのSIMカードを日本に配送している会社もあります。ハナセルのアメリカSIMカードは日本でも使えるので、渡米前にテスト利用することもできます。赴任前に携帯電話の準備を済ませることができると、アメリカ到着後にすぐに使えて心強いですね。

アメリカ携帯ハナセルのご紹介
ハナセルのアメリカSIMは、日本またはアメリカへ送料無料でお届けします。開通手数料もかからないので、初期費用はSIM代金の$9だけです。

ご利用いただける携帯電話機の条件があるので、難しく感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、わからないことは日本語でお問い合わせいただけます。日本人サポートチームが丁寧にご回答いたします。

用途別に選べるアメリカ携帯プランは、いつでも無料で解約できるので、帰国時期が未定の駐在員の皆さまもご安心ください。

方法2: アメリカ駐在用のスマホを購入する

今使っているスマホではアメリカのSIMが使えない・・・
そんな場合は、アメリカ駐在用にスマホの購入を検討してはいかがでしょうか。

アメリカにも日本と同様に、スマホの端末代を1年や2年で分割払いするという制度があります。しかし、渡米直後にはアメリカでのクレジットカードの履歴が存在しないため、審査に通らないことも多いです。その場合、端末代の全額を一度に支払うことになります。

アメリカ駐在のスマホ

スマホというと、高価なものというイメージあるかもしれませんが、アメリカでは手軽に買える価格のスマホも販売されています。 たとえば、私たちハナセルのアメリカスマホ最安機種は$139です。ハナセルは日本にも送料無料でお届けしますので、アメリカ赴任前に準備していただけます。

また、思い切ってハイスペック機種をアメリカで購入するというのも手です。アメリカのAppleストアで売られているSIMフリーiPhoneは日本でも使えます。それにApple本社があるだけあって、日本よりも安く買えることが多いです。
iPhone以外のスマホは機種によっては日本で電波が拾えないこともあるので、帰国時に日本でも使いたい場合は日本の周波数に対応しているか確認しましょう。

アメリカのiPhoneを購入するメリットの一つとして、マナーモードにしたときにカメラのシャッター音が鳴らないという点があります。カメラのシャッター音が消せないのは、実は日本で販売されている携帯電話だけです。アメリカではレストランや美術館などの落ち着いた場所では音を消して写真を撮る人がほとんどなので、シャッター音を鳴らすのが少々恥ずかしい時があります。Androidの場合は、アメリカのSIMカードに変えるとシャッター音が鳴らなくなる機種もあるそうです。

アメリカ携帯ハナセルのご紹介
ハナセルでは、アメリカスマホ最安機種を$139で販売しています。日本またはアメリカへ送料無料でお届けし、開通手数料もかからないので、初期費用は端末代金のみです。

iPhoneの販売はしていませんが、SIMフリーiPhoneにハナセルのアメリカSIMを入れてご利用いただけます。わからないことがあれば日本語でお気軽にお問い合わせくださいね。
アメリカのスマホ

方法3: アメリカのガラケーを購入し、WiFiがある場所で日本のスマホを併用する

最低限の連絡手段があればいいという方には、日本のスマホとアメリカのガラケーの2個持ちもおすすめです。

今使っているスマホでアメリカのSIMカードが利用できないとしても、WiFiにつなげばインターネットが使えます。
日本でも無料でWiFiが使える場所が増えてきましたが、アメリカはもっと以前から無料WiFiが普及しています。多くのお店やレストラン、図書館、公園、公共交通機関などが無料WiFiを提供しており、それらの場所なら日本のスマホが使えます。

しかしそれだけでは、WiFiが無い場所で一切連絡がつかなくなってしまいますし、電話番号が無いため少々不便です。
WiFiが無い場所での連絡や、電話での連絡のために、スマホよりも安いアメリカのガラケーを購入します。
販売価格は、例えばハナセルのアメリカのガラケーは$39です。日本にも送料無料でお届けします。

初期費用が安いガラケーを赴任前に購入し、アメリカでの生活が落ち着いてからスマホの購入を検討されるというお客さまもいらっしゃいます。SIMフリースマホであれば、ガラケーに入っているアメリカのSIMカードをスマホに入れ替えるだけで、電話番号やプランはそのままに、スマホへ機種変更できます。購入予定のスマホでSIMが使えるかわからない場合は、利用しているアメリカの携帯電話会社に相談しましょう。ハナセルでは日本語でお問い合わせいただけます。

アメリカ駐在のガラケー

アメリカのガラケーでは、通話以外に、SMSでメッセージを送ることもできます。
SMSはショートメッセージサービスの略で、アメリカでは「テキスト」と呼ばれることが多いです。日本では使うことがあまり無いかもしれませんが、携帯電話番号宛にメッセージを送れるので、アメリカでは広く使われています。

ハナセルにはテキスト使い放題で月$9.99のプランがあり、ガラケーで携帯代を抑えたい方にお勧めです。一般的に見てもスマホよりもガラケーの方が毎月の携帯代を抑えられることが多いです。
外出先でWiFiがみつからない場合、LINEや地図アプリなどのスマホならではの機能が使えませんが、それでも構わない方には料金が抑えられる方法です。

アメリカ携帯ハナセルのご紹介
ハナセルではアメリカのガラケーをたったの$39で販売しています。
日本またはアメリカへ送料無料でお届けし、開通手数料もかからないので、初期費用は$39のみ

また、ガラケーに最適なアメリカ携帯$9.99プランは、テキストが使い放題。テキストは日本ではあまり使われませんが、アメリカで携帯電話同士でメッセージをやり取りする最も一般的な方法です。連絡手段をテキストだけにすれば、1カ月の携帯代が$9.99です。
BLU Zoey Flex 3G

アメリカ駐在の間、日本のスマホの契約はどうすればいい?

アメリカ駐在が終わり、日本に帰国した時、今と同じ携帯電話番号やキャリアのメールアドレスを使いたいですか?
Yesという方は、契約を休止し、携帯電話番号やメールアドレスを一定期間保管することができます。

例えば、ソフトバンクユーザーでアメリカ駐在期間が2年の場合、1万2000円ほどの料金で、アメリカ駐在後も今の電話番号とメールアドレスを使うことができます。

休止時に違約金は発生しませんが、再開時に再び2年縛りのプランに入らないと違約金がかかる場合があるようです。

電話番号とメールアドレスの保管料金
最長期間事務手数料月額料金
ソフトバンク5年間3,000円390円
ドコモ3年間1,000円電話番号 400円
メールアドレス 100円
au5年間2,000円372円

※各社とも再開は無料
※上記以外の料金(ユニバーサルサービス料など)がかかる場合もあります

日本帰国後に新しい携帯電話番号になっても構わない方は、解約したほうがお得です。
ただし、アメリカ赴任の期間が短い場合は、違約金よりも休止期間中にかかる料金の方が安くなることがあります。赴任期間が短く、日本帰国後も同じキャリアを使うつもりなのでしたら、料金を比較してみてはいかがでしょう。

日本に一時帰国する時の携帯はどうすればいい?

アメリカ駐在の期間中に、日本に一時帰国される方も多いと思います。
日本の携帯を解約または休止してしまったら、一時帰国の時に携帯電話をどうすればいいのでしょうか?

アメリカの携帯電話プランには、アメリカ国内でしか使えないものと、アメリカ国外でも使えるものがあります。
アメリカ国外でも使えるものの中にも、国外では料金が高くなるものと、国外でも米国内とほとんど変わらない料金で使えるものがあります。

ハナセルのアメリカ携帯プランは、世界210カ国で米国内とほぼ同じ料金で使えます。もちろんその世界210カ国の中に日本も入っています。 一時帰国する機会が多い駐在員さんには、アメリカでの料金だけでなく、日本で使えるかどうかと、日本での利用料金も確認することをお勧めします。

また、日本では使えないアメリカ携帯プランを利用している方のために、ハナセルでは一時帰国専用のジャパンSIMカードも販売しています。このように一時帰国中は普段とは別の携帯サービスを利用するという方法もあります。


以上、アメリカ駐在中の携帯電話・スマホの持ち方を3つと、日本の携帯をどうすればいいのかを紹介してきました。

記事内でも紹介してきましたが、私たちハナセルは10年以上にわたって日本人のためのアメリカ携帯電話サービスを提供している会社です。 ネットでお申し込みいただけ、日本とアメリカ送料無料でお届けします。

赴任前にアメリカのSIMや携帯を手に入れることができますし、日本語でお問い合わせいただけるので、帯同するご家族にも安心してご利用いただけます。

用途に合ったスマホ・携帯の持ち方を見つけて、楽しく充実したアメリカ駐在生活をお送りください。