アメリカ携帯電話 初心者のための基礎講座

【日本&アメリカの大手キャリア別】スマホのSIMロック解除方法

スマホにはSIMロックが施されているものが多く、SIMカードを差し替えただけでは、現地SIMを利用しての海外での通話やデータ通信ができない可能性があります。また、日本国内においてもSIMロックが解除されていないと、他社のSIMや格安SIMも利用できません。

SIMフリースマホであれば、SIMロック解除の必要はありませんが、所有していない場合は新しく本体を購入する費用が必要になってしまいます。

そこで今回は、日本とアメリカの通信事業者別に「スマホのSIMロックの解除方法」をご紹介します。

1.なぜSIMはロックされているの?

SIMロックとは、契約した携帯会社以外のSIMカードが利用できないようにした制限のことを指します。しかし近年は、ロックがかかっていないSIMフリー端末も販売されています。

なぜ、SIMロックをかける必要があり、SIMロックの解除が義務化されることになったのでしょうか。
まずは、それぞれの理由について詳細に解説します。

1-1.理由は「通信事業者による消費者の囲い込み」

通信事業者(キャリア)が携帯電話・スマホにSIMロックをかける理由は、顧客が契約後に短期間で他の通信事業者に移行しないようにするためです。

通信事業者は、携帯電話・スマホの本体を普及させるため、携帯電話・スマホの本体価格を0円もしくは破格の値段で販売していました。一方で、本体代金を顧客に負担させない代わりに、販売代理店は通信通信事業者から「インセンティブ」を受け取る仕組みです。

インセンティブの原資は、顧客が支払う通信料金であるため、顧客が通信事業者を短期間で乗り換えてしまうと損失が発生します。そこで通信事業者は、消費者が他の通信事業者に簡単に乗り換えられないように、携帯電話・スマホの端末にSIMロックを施したのです。

1-2.日本・アメリカでSIMのロック解除は「義務化」されている

時代が進むにつれ、SIMロックは解除が義務化されるようになりました。日本では2015年の5月、アメリカでは2014年8月から解除の義務化が実施されています。

解除が義務化された理由は、長期の契約者への負担が問題視されたためです。インセンティブ制度の原資は契約者の利用料金から賄われているため、長期で契約するほど損をする仕組みでした。さらに、携帯電話・スマホの普及が進行しても、インセンティブ制度はなくならず携帯料金は高額で、料金プランや通信プランも複雑になっていました。

そこで、SIMロック解除を義務化が決定されます。顧客が携帯本体を新たに購入することなく通信事業者間を移動しやすくすることで、通信事業者同士が競い合って通信料金が低下していくように計りました。

2.日本のスマホをアメリカで使うためのSIMロック解除

SIMロックの基礎が分かったところで、続いては「日本のスマホに、アメリカで現地SIMカードを挿して利用するためのSIMロックの解除方法」を解説していきます。解除方法や注意点は通信事業者ごとに異なるため、現在利用されている通信事業者の解除方法を確認してみてください。

基本的に、パソコンもしくはスマートフォンから顧客専用サイトにログインして解除するか、実店舗に持参して解除してもらいます。

実店舗で解除してもらう場合は、いずれの通信事業者も生年月日が確認できる本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)と解除手数料が必要です。ただし、例外もあるため、注意しましょう。
顧客専用サイトにログインして解除する場合は、解除手数料がかかりません。

◯au   

auの場合は、顧客専用サイトの「My au」にログインし、SIMロック解除のお手続きに進むと解除できます。受付時間は、9:00〜21:30までです。

また、auショップに持ち込むことでもSIMロックを解除できます。ただし、auで購入した機種であっても、すでに解約している場合や名義変更している場合は、auショップでなければSIMロック解除ができません。

◯docomo   

docomoの携帯電話・スマホのSIM解除方法は、発売された時期によって異なります。

2011年4月以前に発売されたスマホは、解除の対象外です。
解除したい端末が2011年4月〜2015年4月に発売された機種である場合は、ドコモショップに持参して解除してもらう必要があります。
2015年5月以降に発売された機種については、以下の2つの条件を満たしている機種においてSIMロックを解除してもらうことができます。

ただし、docomoの端末を2台以上契約しており、すでに別の端末でSIMロックを解除した実績があれば、100日経過していなくても解除可能です。また、ドコモの回線をすでに解約している人も100日の制限はありません。

SIMロックの解除方法は、顧客専用サイトの「My docomo」にアクセスする方法の他に、電話受付やドコモショップでの店頭受付も行なっています。ただし、それぞれの受付方法に対応可否や事務手数料の有料、無料は、端末に種類によって異なります。

◯SoftBank   

SoftBankの携帯電話・スマホのSIMロックを解除する場合は、「My SoftBank」・法人コンシェルサイト・ソフトバンクショップで手続きを行います。ただし、以下の条件を満たした端末でないと、SIMロックの解除ができません。

  • ・2015年5月以降に発売された機種であること
  • ・端末を一括払いで購入した場合は支払いが確認できたとき以降、分割払いで購入した場合は購入日から101日以降
  • ・すでに解約や機種変更している端末の場合は、その日から90日以内

「My SoftBank」の受付時間は、9:00 ~ 21:00までです。また、SIMロックを解除する前に、SoftBank以外の新しいSIMカードをあらかじめ用意しておかなければなりません。

SIMロックを解除すると、アメリカ現地のSIMカードが利用できるようになります。
HanaCellのアメリカSIMカードは、ウェブサイトから手軽に申し込め、送料無料で日本またはアメリカにお届けします。渡米前にアメリカのSIMカードを手に入れると、ソフトバンクのSIMロック解除にも使えます。

3.アメリカのスマホを日本で使うためのSIMロック解除

一方で、アメリカで入手したスマートフォンを日本で使用する場合のSIMロックの解除方法は、通信事業者によって大きく異なります。
そこで、アメリカ大手通信事業者4社「AT&T」「Verizon」「Sprint」「T-Mobile」それぞれのSIMロック解除方法を紹介します。

◯各通信事業者共通の条件
通信事業者にSIMロックを解除してもらう場合は、以下の条件を満たしていることが前提です。

  • ・利用料金の支払いの遅延や滞納がない
  • ・盗難や紛失、不正利用がない
  • ・本体代の支払いが終わっている

◯AT&T
AT&Tは、オンライン上で簡単にSIMロックを解除することができます。
ただし、通信サービスを利用してから60日以上経過している必要があるなど、一定の条件を満たす必要があります。

解除方法の詳細はこちら

◯Verizon
Verizonで購入したスマホのうち、4G対応の機種には、SIMロックがかかっていません。そのため、SIMロックを解除せずに他の通信事業者のSIMカードを刺して利用することができます。
SIMロックがかかっているのは、non-iPhone 3Gですが、コードを入力すると解除可能です。

解除方法の詳細はこちら

◯Sprint
Sprintで購入したスマホが2015年の2月以降に購入したもので、条件を満たしたものは自動でSIMロックが解除される仕組みです。2015年の2月以前に購入したスマホの場合は、Sprintのカスタマーサービスに電話で問い合わせをしなければ、SIMロックを解除してもらえません。
また、スマホの本体を1年以上利用していないとSIMロックが解除できない点にも注意しましょう。

解除方法の詳細はこちら

◯T-Mobile
T-MobileのスマホのSIMロックを解除する場合は、電話やメールで連絡をして、解除コードを発行してもらう必要があります。
契約プラン(ポストペイド)の場合は、契約から40日後、プリペイドの場合は、契約から1年以上経過していないとSIMロックを解除できません。

解除方法の詳細はこちら

まとめ

海外でスマホを利用する場合、SIMロックを解除しなければ、SIMフリーの端末ではない限り現地のSIMカードを挿入しても、データ通信・通話が利用できないため注意が必要です。

しかし、SIMロックの解除できる条件や解除の方法は、通信事業者や機種によって異なります。ソフトバンクのようにSIMロックを解除するタイミングで新しいSIMカードが必要になる場合もあります。自分の携帯電話・スマホがどのように対応すべきか、詳細を確認しましょう。

SIMロックについての理解が不十分だと、目的地に到着してから時間を無駄にしてしまったり、自分のスマホが使えない可能性も考えられます。旅行や出張、留学に行く場合は、早めに自分のSIMロックの有無を確認し、通信事業者・機種に合った準備が重要です。

SIMロック解除後はHanaCellのアメリカSIMを日本で入手しておけば、渡米前に携帯電話の準備をすることができます。

下記にSIMロックや解除に関する関連記事もまとめました。
必要な情報を上手に集めて、アメリカでの快適な生活を送ってください。