アメリカ携帯電話 初心者のための基礎講座

スマホでインターネット

スマートフォンでインターネットに接続する方法は、大きく分けて2つあります。モバイルデータ通信WiFi(ワイファイ)です。このページを最後まで読んでいただければわかりますが、アメリカでスマホをお得に使うには、この2つの違いを理解することが重要です。

スマートフォンでインターネットをする2つの方法

モバイルデータ通信は、その名の通り、携帯電話の回線でインターネットに接続する方法です。日本ではパケット通信とも呼ばれていますね。携帯の電波があればどこでも使うことができます

一方のWiFiは何が違うのでしょうか。一昔前、パソコンなどの機器でインターネットをするには、必ずケーブルに接続しなければいけませんでした。それを、ケーブル無しで、みんなに使えるようにしたものがWiFiです(無線LANとも呼ばれます)。WiFiは、そもそも携帯電話とは違う場所で生まれたものなんですね。
WiFiスポットでしか使うことができませんが、一般的にモバイルデータ通信よりも高速です。無料で提供されているものと、WiFiスポットの提供会社に接続費用を払って利用するものがあります。

アメリカのWiFi事情

Wifiマーク日本でも、無料でWiFiを提供する飲食店やコンビニなどが増えてきましたね。アメリカでは日本よりも早くからWiFiが普及していますので、街中で簡単に無料WiFiスポットを見つけることができます。

スターバックス、マクドナルドといった大手チェーンが無料WiFiを提供していますので、初めて出かけた街でもWiFi探しに苦労することはありません。図書館や公園などの公共の場所でも無料WiFiが提供されています。

また、ご自宅用にインターネット接続サービスと契約している場合、同じ会社が提供している街中のWiFiスポットも無料で利用できることが多いです。ぜひ確認してみてください。

WiFiは使える範囲が限られますが、データ量を気にせず使え、無料で使える場所もたくさんあります。自分の行動範囲にあるWiFiスポットを調べて、ぜひ活用したいですね。「Wi-Fi Finder」などのアプリを使って検索することができますよ。

アメリカのモバイルデータ通信(携帯電話回線を使ったインターネット)

日本では、1ヶ月に2GBまでなら3,500円、5GBなら5,000円・・・というように、データ量の上限ごとにデータパックを選びますよね。アメリカでも同様に、1ヶ月に1GBまでなら50ドル、2GBまでなら65ドル・・・というように、データ量の上限ごとにプランが用意されていることがほとんどです。お得なプランを選択するためには、自分が1ヶ月間にどのくらいのモバイルデータを使うのかを把握しておくことが重要です。

価格の目安はといいますと、アメリカの大手数社を比較したところ、データ通信付きの一番安い携帯電話プランで1ヶ月約40~80ドルでした(2016年調べ)。日本の大手と同じくらいでしょうか。

1ヶ月のデータ量を使い切ってしまった後、日本ではデータ速度が遅くなります。しかしアメリカでは、加入しているプランによっては、来月までデータ通信が全く使えなくなるものもあります。プランを選択するときにしっかり確認しておきましょう。

ハナセルの月$29プランでは、毎月高速データ通信を2GBご利用いただけます。ご自宅やWiFiスポットでWiFiを使えることを考えると、毎月2GBもあれば十分という方が多いのではないでしょうか。高速データを使い切った後も、ベストエフォート128kbpsでデータ使い放題です。データが使えなくなったり、追加料金が加算される心配はありません。

その他にもYouTube見放題や、4G LTEデータ使い放題のプランなどをご用意しています。
ハナセルのアメリカ携帯電話プランはこちら

テザリング(インターネット共有)とは

ご自宅にインターネットを引いていない場合や、インターネット環境が無い外出先にいる時も、スマートフォンを経由して、パソコンやゲーム機などをインターネットに接続することができます。

それを「テザリング」または「インターネット共有」といいます。

携帯電話会社によっては、有料オプションに加入しないとテザリングが使えなかったり、テザリングそのものが使えない場合もあります。

例えば、邦人向けにアメリカのプリペイド携帯サービスを行っているKDDI Mobile x H2O Wirelessは、iPhoneと一部のアンドロイドで、テザリングを使うことができません。

ハナセルのアメリカ携帯プランは、テザリングが使えます
オプションの追加料金もかかりません

アメリカの街中にはWiFiスポットが多いとはいえ、なかなか見つからないこともあります。そのような場合に、テザリングが使えると便利ですよね。