アメリカ携帯電話 初心者のための基礎講座

3Gと4G LTE

携帯電話の電波マークの隣に表示される「3G」「4G」「LTE」という文字。
なんとなく、4GやLTEだと速いというイメージはあるかと思いますが、どういう意味があるのかご存知でしょうか?

3G(3rd Generation)の基礎知識

3G

「3G」は、ITU(国際電気通信連合)によって定められた携帯電話の通信規格の1つです。全世界の80%以上を占めているGSM方式が2G(第二世代携帯電話方式)と呼ばれていることに対し、3G(第三世代携帯電話方式)と呼ばれています。

その一番の特長は、2G(GSM)より高速のデータ通信が利用できることです。「3G」が普及した結果、高品質な通話や動画、テレビ電話機能など、さまざまなサービスが提供できるようになりました。

また、2Gの時代、日本では世界的に普及しているGSM方式を採用しなかったため、日本の携帯電話をアメリカなどの海外に持って行っても利用できませんでした。
3Gではドコモとソフトバンクが世界に広く利用されるW-CDMA方式を採用したため、日本で購入した携帯電話をアメリカでも使えるようになりました

ハナセルの場合は
条件を満たしていれば、日本で購入した携帯電話でハナセルのアメリカ携帯電話プランをご利用いだけます。携帯持ち込みの詳細はこちらをご覧ください

4GとLTE(Long Term Evolution)

3Gよりもさらに高速のデータ通信が使えるよう進化したものが、「4G」(第四世代携帯電話方式)です。日本でよく目にするLTEは、4Gの中の1つの方式です。(厳密に言うと、LTEのデータ速度は4Gの規格よりも遅いです。そのため、3.9GやPre-4Gなどとも呼ばれています。)

国土が広いこともあり、3Gの普及率がいまいちなアメリカ。その分、現在ではLTEの普及に力を入れています。

ハナセルの場合は
ハナセルのアメリカ携帯電話プランでも、LTEデータ通信が使えます!
$29プラン$49プランは、毎月2GBまで高速データ通信が使え、その後もベストエフォート128kbpsでデータ使い放題です。($49プランは米国内通話が使い放題になります)
また、4G LTEが使い放題のアメリカ携帯電話プランを月$79で提供しています。