iPhone10周年

こんにちは、店長の姉です!

iPhoneが10周年を迎えました! あっという間でしたね。私も最初のiPhoneのモデルから使っています。途中Windowsの携帯に変えたこともありますが、現在はiPhone6sを使っています。

電話、と言ってもiPhoneは電話以外の使い道を増やしました。iPhoneが出てからインターネットが自由に使えるようになったのはすごいことですよね。

iPhoneが出てから家からなくなっていったものもありますよね。iPodも出てきた時は人気でしたが、iPhoneで音楽が聞けるようになって持っている人はほとんど見ません。もう一つは目覚まし時計です。私はiPhoneのアラームで起きています。懐中電灯はうちではまだありますがない家も増えたのではないでしょうか。そしてカメラ。写真が趣味でなかった人もiPhoneで手軽に写真が撮れて、それをインターネットにアップしてシェアするなんてiphoneが出る前は考えられなかったです。

iPhoneのアプリもiPhoneが出て1年後は500ほどだったのが今では2億以上あるそうです。

ある記事で読んだのですが、iPhoneが出てからガムがあまり売れなくなったそうです。スーパーで会計を待って並んでいる時にiPhoneをいじっている人が多くなったせいで会計の列の横に並んであるキャンディーやガムに見向きもしなくなったとか!

携帯から楽にいろいろなものを買うことができるようになり、今年は携帯の販売の方がコンピュータの販売より多くなると予想されているそうですよ。

アップル社は今年10周年記念のiPhoneを出すとか! IPhone Xと呼ばれるとか!? これからの10年はどう進化していくのでしょうかね!

吉田店長の写真

監修者
ハナセル店長 吉田

モベルコミュニケーションズ取締役
アメリカ携帯電話業界に20年携わる専門家

小学生の頃に日本を離れた後、海外の大学に進学。海外携帯電話会社に入社し、現在も海外生活を続ける。
2007年、一時帰国の度に感動する日本品質のサービスを米国在住者にお届けしたいという想いから、日本人のためのアメリカ携帯サービス「HanaCell(ハナセル)」を立ち上げる。
コラムでは、一般の方にもわかりやすいアメリカ携帯電話に関する情報や、バイリンガルを活かしたアメリカ生活情報の発信・監修を行っている。

Twitter メディア紹介
アップル
店長の姉をフォローする
ハナセル店長の日記

コメント