わたしの町が一番♪ アメリカ版ご当地自慢!

シェアする

アメリカ携帯電話ハナセルのブログ担当のユキです!

海外に住み始めてから、ちょうど4年が経過しました。

4年前までは「早く日本に帰りたい・・・」とばかり思っていたのに、
今や「第二の故郷」と思えるほど、なじんでしまいました。
なるほど、「住めば都」とは、よく言ったものです。

というわけで、今回のテーマは「住んでいる町自慢」!
アメリカ在住の皆さんから、地元愛に満ちたコメントがたくさん集まりました♪


●Irvine(カリフォルニア州)

A.R.さん
A.R.さん
アメリカ生活17年

1:グレートパーク

木曜日から日曜日は無料でメリーゴーランドと気球に乗れる。夏はラテンやインド音楽、ジャズ、ロックンロールなどが聴ける無料のコンサートがある。日曜日はファーマーズマーケットがあり、新鮮な野菜や果物が買えたりと家族にはピッタリのパーク。

2:1ドル映画館

火曜日だけだけど、今時1ドルで映画が見られるなんてここしかないでしょう。 他の日は2ドルで、3Dの映画はメガネ付きで4ドルだけど、それでもかなりお得。

3:ダイソー

最近オープンしたダイソーだが、やはり何かと日本のモノを安く買えるのはうれしい。 品数も多く、日本の便利なものが揃っている。まるで日本にいるみたいでびっくり。


●Vienna(バージニア州)

M.T.さん
M.T.さん
アメリカ生活3年半

1:Town of Vienna

1890年設立の古い町並みが教会を中心とした中心街に残る。イベントも多く、この時期ハローウィーンには盛大なパレートも催される。( http://www.viennava.gov/ )

2:Washington Old Dominion Trail

ランナーや自転車通勤に限らず、多くの人が利用する自慢のトレイル。特にこのエリアは自然が豊かで、いつでも鹿やうさぎ、カーディナルに会える。( http://www.wodfriends.org/ )

3:Tyson’s corner center

全米最大級のショッピングモール。ブランド中心のモールと、何でも揃う品揃え豊富なモールの二つに分かれている。 まもなくメトロも開業。( http://www.shoptysons.com/ )


●NorthShore(ハワイ州)

Macさん
Macさん
アメリカ生活通算9年

1:Sunset Beach

その名の通り、サンセットが絶品。冬のノースショアは、波が高く、世界中からサーファーが集まることで有名ですが、夏は穏やかで、透き通ったビーチ、白い砂浜、ワイキキからは想像できない広いビーチ。オアフに観光に何度も来ているリピーターでもあまり訪れる人は少ないですが、ハワイの一部。ベストビーチの上位に必ずランクインします。

2:Ted’s Bakery

日本でも、一時期展開していた、Ted’s。ここも決して便利な場所ではありませんが、多くの人が訪れます。ベーカリーですが、リリコイハウピアパイ、チョコレートハウピアパイは、多くの人を引きつけます。 もちろん、パン、ケーキ以外にも、ロコモコやチリビーンズ、チキンなどのプレートランチも美味しいです。

3:Pupukea Hills

ここは、ローカルでもあまり入ってきませんが、あの日本でも有名なアーティスト、ヘザーブラウンなどが住んでいる高級住宅地。昼間の景色もいいですが、夜の月明かりとハレイワの夜景、風に揺れる椰子の樹、こんな風景を見ながらの一杯のビールは格別です。ガイドブックにも載っていないハワイのお屋敷タウンです。(これがハナセルで紹介されたら、誌上初でしょう!)←紹介しちゃいました!(ユキ)


●Ridgewood(ニュージャージー州)

和田千恵子さん
和田千恵子さん
アメリカ生活38年

1:公園Trail

町の真ん中にあるというのに自然がいっぱい。季節の移り変わりが目に見えて、毎日行って歩いても、ジョギングしても飽きない素晴らしい環境。渓流に沿ってトレイルがあって、手入れも行き届き渓流釣りもできるし、手放したくない環境。全長6マイル、隣町ともつながってできているので、多くの人たちが楽しんでいるが、週末以外は人も少なく、ゆったりとした時間がすごせる。私たちの健康維持にも一役買ってくれています。

2:商店街

この町は古くからあって、小さいながらも、とても垢抜けた店が並んでいる町。夏はビレッジのように外で食事ができるような、しゃれた店が多い。レストランなどもほとんどの国のものがあり隣町などからも多くの人がやってくる。日本食のマーケットもあり、とても多様な駅前商店街。小さいながら映画館もあります。商店街のはずれにあるRidgewood高校は、創立115年位経ってる由緒ある高校です。

3:交通の便

マンハッタンからバスでも電車でも利用可能。マンハッタンのベットタウンといわれて多くの人たちがNYへ働きに出ている。マンハッタンまで車で30分しかかからないのに全く違った環境になる。緑に囲まれた素敵な町です。


●kilgore(テキサス州)

S.T.さん
S.T.さん
アメリカ生活2年半

1:ダウンタウンにあるカフェ

田舎の街なのでスターバックスみたいな大手のカフェは無いのですが、ダウンタウンにあるGooddayというカフェは店内がおしゃれで無料のWi-Fiもあり、ドリンクはスターバックス等より安く、学生割引もあり、勉強できる机もあるので非常に重宝しています。友達が自分の街に遊びに来たら絶対に連れていく場所です。

2:キルゴア大学のダンスチーム「Rangerettes」

大学のダンスチームなのですが全米でも1,2を争うほどの実力らしいです。年に一度学校内のステージでダンスを演じるのですが、初めて観た時はその凄さにビックリしました。田舎の学校なのでまさかこんなにすごいダンスチームがあるなんて思いもしませんでした。学校内にはそのRengerettesの歴史を展示したミュージアムもあります。

3:オイルミュージアム

キルゴアは昔多くの石油を産出していたらしく、何でも当時はアメリカで一番お金があった街だったそうです。今では石油も出なくなったので当時の面影はありませんが、そのオイルミュージアムでは昔の写真や石油採掘の方法・作業員の生活風景などを展示しています。おみやげコーナーも充実しててなかなかしっかりした博物館でした。


●University Place(ワシントン州)

N.K.さん
N.K.さん
アメリカ生活1年

1:July 4thの花火

ご近所が競って花火をあげるのです。 地域限定で花火が許可されていて、一年に一度の花火をご近所じゅうが楽しみにしていて、とんでもない数の花火があがります。

2:マウントレーニア

空の色が水色なので、山と空のコントラスト的に撮影向きではないのですが、町からも見える山がとても綺麗。写真に収められないのは少々残念ですが、桜同様、絵にするより目で確認するほうがずっと綺麗なものというのは、本当の美しさを持つものだと思います。

3:タコマナロウズブリッジ

寒い朝、前が見えないくらいの霧がかかった橋は有料でも走りたくなります。とても綺麗です。晴れた日にはオリンピックの山々が見えて、それも綺麗です。


まとめ

地元トークで盛り上がるのは、日本でも、アメリカでも一緒ですね!
一部になってしまいますが、いくつかのコメントをご紹介します!

Cupertino(カリフォルニア州)「日本人、日系人、中国系、韓国系、インド系の人たちと、東洋人の割合がダントツに多いのも、ここシリコンバレーの特徴。彼らは優秀なエンジニアだったり、起業家だったり、はたまたその起業家に投資する投資家だったり。そんなわけで、日本食を始め、各国のアジアンテイストのレストラン、食材店が充実しています。今日は和食、明日は中華、明後日は、ベトナム料理、と毎日エスニックな料理が楽しめます」(N.A.さん)

Denver(コロラド州)「ロッキー山脈に落ちる夕日の美しさは訪れた人しか味わえません、高度が高いため空気は乾燥し真夏でもベトベト感はありません、真夏でも夕方から涼しい風が吹きます、クーラーがない家も多いです」(T.M.さん)

Knoxville(テネシー州)「カントリー歌手で有名なドリー・パートンさんがつくったDollywoodというテーマパークでは、絶叫マシーンからほのぼのする観覧車までいろいろな乗り物が楽しめるほか、アメリカ南部らしいショーも充実。古き良きアメリカを思わせる雰囲気を醸し出す演出がされており、鍛冶屋やガラス工芸、キャンドル屋さんなどのお店やゼネラルストアーがあって、ショッピングも楽しめます」(A.Mさん)

Providence(ロードアイランド州)「プロビデンスのあらゆるところにアートギャラリーやライブハウス、劇場などが大小問わず点在しており、住民が普段着で気軽にアートを楽しむといった文化があります」(K.O.さん)

Marietta(ジョージア州)「周りは日本の田舎のように緑ばかりなのに、車で15分ぐらいの範囲に大きなモールもあるし、レストランもたくさんあるし、何でも揃う居心地の良い町です」(Y.H.さん)

Philadelphia(ペンシルベニア州)「フィラデルフィアは独立宣言などが発表された街で、それに関わった偉人の家などがたくさん残っています。ここまでアメリカの歴史を感じ取れる街はアメリカにはないと思います」(Y.S.さん)

Summit(カリフォルニア州)「レッドロブスター、リーガルシーフードどちらのお店もロブスターの臭みがほとんどなくとてもおいしい! 高級レストランで前述の店の4倍ほどの値段で食べたロブスターは臭みがあり、食感も今一つだった。チェルシーマーケットのロブスターもおいしいが、それよりもおいしいです」(H.N.さん)

Powell(オハイオ州)「地元では?タイガーウッズが試合のたびに訪れるといわれているアイスクリーム屋、Graeter’s.アメリカならではの1スクープの多さ、濃厚な味です。 夏には行列ができているほどの人気ぶりです」(K.U.さん)

East Lansing(ミシガン州)「暑い夏、寒い冬、そしてその間にそれぞれ1か月ほどある春と秋・・・といった感じで、四季がはっきりしており、移り変わりが楽しめます。冬は雪が積もることも多く少々厳しい気候ながら(また、その分)、春の草木の芽生え、秋の葉っぱの色づきは息をのむほど美しい!」(T.O.さん)

関連記事:アメリカで春の花を観に行こう!

Denver(コロラド州)「ロッキー山脈に落ちる夕日の美しさは訪れた人しか味わえません、高度が高いため空気は乾燥し真夏でもベトベト感はありません、真夏でも夕方から涼しい風が吹きます、クーラーがない家も多いです」(T.M.さん)

Davis(カリフォルニア州)「街の20%位が大学の敷地で、住んでいる人も大学関係者がほとんど。夜のダウンタウンも全く問題なく出歩ける。ここに住んでいると平和ボケしそう」(Y.K.さん)

Portland(オレゴン州)「とにかくビールがおいしいです。街にはbreweryもたくさんあり、自宅で作ってる人もいます。それぞれのbrewerのいろんな味を楽しめます」(J.S.さん)

私の住むエリアの自慢は、猫が多いこと。
飼い猫でも、野良猫でも、異常なほどに愛想がいいのです。

たいていの猫は、なんとなく目を逸らせたり、ささっと逃げていってしまうものですが、
うちのエリアの猫は「撫でろ」と強制してきます。

動物好きにはうれしい環境ですが、出社時に出くわすと遊びすぎて、遅刻しかけるので油断なりません(嬉)

関連記事:アメリカ滞在中に一度は訪れたい場所

シェアする

フォローする