アメリカで春の花を観に行こう!

シェアする

こんにちは! アメリカ携帯電話ハナセルです。

サマータイムが始まると、肌に触れる空気、観る景色が、春に向けて、いそいそと衣替えをしているような気持ちになります。つぼみのふくらみを見ていると、春の花たちが一斉に開花するのも、まもなくのように思えます。

日本人としては、春になると花を観に行きたくなるもの。
しかし、アメリカに住んでいる場合は、どこに観に行けばいいのでしょうか?

そこで今回は、「春の花が観られる、アメリカ国内おすすめの場所」をアメリカ在住のハナセルユーザさんに質問!
暖かな春の訪れを、きっと誰よりも喜んでいる花たちの姿を観に行きませんか?


A.Iさん

A.Iさん
オレゴン州
アメリカ生活4年

Woodburn(オレゴン)

Woodburnは巨大なOutletと農場がある場所で毎年春に何十種類ものチューリップが 見れる大きなチューリップ畑のfestivalが開催されてます。 チューリップ畑を歩いて写真を撮ると、まるでオランダにいる気分! お土産にチューリップの鉢植えも安く購入できます。

Portland(オレゴン)

Portlandは一年中雨の多い土地で冬は何日も太陽を見ない日が続いたりする町です。3月頃から市内のあちこちにピンクや白の桃の花や桜の花が咲き乱れ、ダウンタウンの川沿いの桜並木では日本の方々がお花見をしたりします。その他にも水仙、チューリップ、アゼリア、椿などたくさんの花が咲き乱れるので 花粉症の方にはちょっとつらい時期でもあります。

Little Tokyo(カリフォルニア)

ロスのダウンタウンにあるリトル東京はスモッグにも負けず、歩道沿いにきれいなピンクの桃の花が咲いていてその花を鑑賞しながら食べるみたらし団子は最高です!


T.Hさん

T.Hさん
ニュージャージー州
アメリカ生活20年以上

ブランチ・ブルック公園(ニュージャージー)

毎年春になると、必ずこのブランチ・ブルック公園で桜を見ます。春の天気の良い日曜日、家族でこの公園へピクニックでいきますが、とても楽しいです。 ランチやお茶、コーヒー、お菓子を持ってでかけます。また子供が遊べる広い運動場もあるので、グローブやボール、そして必ず持っていくのが「たこ」です。春の風にのってたこが大空を舞うのを見るのは、本当に良い気持ちになります。

ブルックリン植物園(ニューヨーク)

ブルックリン植物園の桜も見事です。特に桜祭りの日に行くと、様々なイベントもあり、一日ゆっくりと過ごせます。ここの桜は特に、ソメイヨシノが人気です。花も大きく、厚みがあり、桜見物にはもってこいです。花見の季節に乗り遅れても、このブルックリン植物園がありますのでご安心を!

マンハッタン・パークアベニュー

パークアベニューは見事なチューリップが春になるといっせいに咲きます。この道を車で走ると、そのチューリップの数に圧倒されます。 特にチューリップは赤や黄色と花の色がはっきりしており、また色別に植えてあるので ゆっくりと歩きながら鑑賞するのも良いかもしれません。!


L.Kさん

L.Kさん
カリフォルニア州
アメリカ生活29年

South Coast Botanic Garden(カリフォルニア)

1月終わりから3月初めにかけ、梅、桃、桜、薔薇が楽しめます。他にも四季折々のチューリップ、サボテンの花などいろいろな花が年中楽しめます。

Descanso Gardens(カリフォルニア)

四季折々の花々も見事ですが、広大な敷地内のジャングルは映画「ターザン」の撮影に使われ、池は、昔のドラマ「ファンタジーアイランド」の撮影に使われ、とドラマや映画好きにはたまりません。こちらのイギリス風薔薇園も見事です。

The Flower Fields(カリフォルニア)

50エーカーの広大な敷地に広がるラナンキュラスのビビッドカラーの花が見事です。隣にいちご農園あり、採れたてのイチゴのショートケーキなどを食べる楽しみもあります。

関連記事:アメリカ滞在中に一度は訪れたい場所


まとめ

私たち日本人にとって、春を連想させる花は、やっぱり「桜」なのでしょう。
多くの方から、桜の名所についての情報をいただきました!
特に推薦の多かった場所は、ワシントンのポトマック河畔「やはり桜を観ると、涙がでますね。長らく帰国してない方にお勧め。観光スポットど真ん中なので便利(M.Tさん)」。川沿いの桜並木は、日本でもよく観かける春の景色ですよね。母に連れられて、不安と期待に胸ふくらませた小学校の入学式を思い出します(泣)。

T.Hさんおすすめの「ブランチ・ブルック公園」も大人気!
その理由は、「米国で、約3000本もの桜花を見た時には感動しました。古木もかなりあり、見ごたえがあります(M.Hさん)」とのこと。3000本の桜の木・・・。想像するだけで、胸が熱くなりますね。

そのほか、ミシガン州立大学のボタニカルガーデンでは、「農業大学を起源に持つだけあり立派!園芸学などの学生さんが冬の間一生懸命育ててきた植物が一斉に芽を出し、花を咲かせ始めます。夏にかけて、花の植え込みがきれいに手入れされており、見ていて気持ち良くなります(T.Oさん)」という楽しみも!

桜のほかに、青色が鮮やかなテキサスの州花Bluebonnetは、「Dallasの南、車で45分ほどのところにある街(C.Oさん)」Ennis市で見られるようですよ。Bluebonnetが咲き乱れる様子は、心から感動しそうですよね。

テネシー州のノックスビルというエリアでは、「春のドッグウッド(注:ハナミズキ)が咲く季節になると、ノックスビルではドッグウッドが咲いているきれいな庭が見られる住宅街をいくつか「ドッグウッドトレイル」と名付けて紹介します。実際に見に行くと、フロントヤードにドッグウッドだけでなく、いろいろな花が咲き乱れるとても美しい家々を見て回ることができます(A.Mさん)」とのこと。公園だけでなく、さまざまな場所で春の花を楽しめる、それがアメリカなんですね!

春はすぐそこに迫っています!
次の休日はお弁当を持って、近くの公園に花を観に行こう♪

関連記事:わたしの町が一番♪ アメリカ版ご当地自慢!

シェアする

フォローする