アメリカ入国審査の流れ|聞かれる質問例と答え方を英語で紹介

シェアする

アメリカは日本人にとって非常に身近な国で、観光や仕事で訪れる人が数多くいます。しかし、近年の緊迫化する国際情勢やテロ対策の影響により、アメリカへの入国審査は厳格化している傾向があります。そのため、スムーズに入国手続きを進めるためには、事前に行う準備が大切です。

そこで今回は、アメリカ入国審査の基本的な流れや、入国審査官による代表的な質問と答え方、ESTAの申請などアメリカ入国に際して準備しておきたいことについて解説します。ぜひ、この記事を参考にして、アメリカへの入国準備を進めてください。

1.アメリカへの入国審査の流れ

アメリカの入国審査はセキュリティが厳しいといわれていますが、入国審査の流れは他の国とあまり変わりがありません。ここでは、アメリカへの入国審査の流れを説明します。

①飛行機内で出入国カードに記入する

出入国カードは、飛行機の中でキャビンアテンダントが配布します。配布時にトイレへ行っていたり寝ていたりするともらい損ねることがありますが、キャビンアテンダントに声をかけると入手可能です。
また、機内で手に入らなかった場合でも入国審査場近くに置いてあるため、そこで記入しても問題ありません。しかし、入国審査をスムーズに通過するためには機内で出入国カードを書いておくことをおすすめします。

②入国審査場に向かう

空港到着後、入国審査場に向かいます。「Immigration control」「Passport control」と書かれた表示に従って進んでください。入国審査場の入り口では、「Non Residents(非居住者) / Foreigner(外国人)」の列に並び、順番を待ちましょう。

③パスポートを提示する

スムーズにパスポートを提示できるように、カバーを外しておいてください。また、出入国カード、税関申告書、帰りのチケットまたは次の目的地のチケット(控え)を手元に準備しましょう。

④本人確認を行う

2004年9月から、原則的にすべてのアメリカ入国者に、本人確認のため顔写真撮影と指紋情報のスキャンを行っています。サングラスやマスクなどは指示に従って外してください。先に入国審査を受けている人の立ち位置や、指紋スキャンの様子を確認しておきましょう。

⑤質問に答える

入国審査官から英語で旅の目的や滞在日数などの簡単な質問を受けます。無事に入国審査を通過した後は、荷物受け取り所(Baggage Claim)へ向かい荷物を受け取ります。その後、税関(Customs Declaration)へ向かってください。

2.アメリカの入国審査で聞かれる質問内容と答え方

入国審査では簡単な質問があります。スムーズな受け答えのポイントは次のとおりです。緊張して単語しか出てこない場合でも、通じれば問題ありません。

  • はっきりと答える
  • 簡潔に答える
  • 分からないときは聞き返す
  • 文章で答えなくても良い

質問が聞こえなかったり分からなかったりするときは、「Excuse me?/ Could you repeat that?」と聞き返しましょう。

入国審査で行われる質問は、主に「滞在目的」「滞在期間」「滞在先」「職業」についてですが、その他の質問を受けることもあります。
次に主な質問と答え方の例文をまとめています。実際に口に出して練習しておきましょう。

質問例 答え方
滞在目的
  • What’s the purpose of your visit?
    →アメリカに来た目的は何ですか?
  • Are you here for business or sightseeing?
    →仕事で来ましたか?それとも観光で来ましたか?
  • Sightseeing.
    →観光です。
  • Business.
    →ビジネスです。
  • Study.
    →留学です。
  • holiday / vacation.
    →休暇です。
滞在期間
  • How long are you going to stay?
  • How long will you be here?
    →どれくらいここにいますか?
  • How many days are you staying?
    →何日滞在しますか?
  • Just for a week.
    →1週間だけです。
  • For 9 days.
    →9日間です。
  • For 3 months.
    →3ヶ月です。
滞在先
  • Where are you staying?
  • Where will you stay?
    →どこに滞在しますか?
  • At XX hotel.
    →XXホテルです。
  • I’m going to stay at my friend’s place.
    →友人の家に泊まります。
  • I’m staying in AB.
    →ABに泊まります。
職業
  • What’s your occupation?
  • What are you doing?
    →どのような仕事をしていますか?
  • Student.
    →学生です。
  • Office worker.
    →会社員です。
  • House wife.
    →主婦です。
その他
  • Do you have a return ticket?
    →帰りのチケットは持っていますか?
  • Yes.
    →はい、持っています。
  • Yes. Here it is.
    →はい、これです。
  • First time in the States?
    →アメリカは初めてですか?
  • Have you ever been to the United States?
    →今までアメリカに来たことはありますか?
  • Yes.
    →はい、初めてです。
  • It is my second time.
    →2回目です。
  • I have been here a couple of times.
    →何度か来たことがあります。
  • Are you traveling alone?
  • By yourself?
    →一人での旅行ですか?
  • I’m traveling by myself.
    →一人です。
  • With my family.
    →家族と一緒です。
  • I’m traveling with my friends.
    →友達と来ました。

3.アメリカへの入国に必要な準備

アメリカに入国するためには、ビザやESTAといった入国許可関係の手続きを行う必要があります。
他には、海外旅行保険の加入、クレジットカード、スマートフォンや海外SIMなどの準備を進めておきましょう。

ここでは、アメリカ入国・滞在で特に欠かせない、ESTAとアメリカSIMカードについて説明します。

3-1.事前に申請が必要となるESTA(エスタ)・ビザ

2009年以降、日本を含むビザ免除対象国の人が観光や商用目的で90日以下の滞在を行う場合、ESTA(Electronic System for Travel Authorization:電子渡航認証システム)の承認を受けることが必要となりました。
申請はオンラインで行い、承認まで3日ほどかかります。時差の関係もあることから、アメリカに行くことが決まった時点でESTAの申請を進めましょう。

料金は14USドルで、各種クレジットカードでの支払いとなります。有効期限は2年で、取得してから2年が経過すると再度申請しなければなりません。
ただし、パスポートの有効期限が切れると、同時にESTAの有効期限も切れます。

また、90日以上の長期滞在を行ったり、二重国籍を持っていたりする場合はESTAではなく、各自の目的に応じたビザの申請が必要です。

3-2.事前に購入しておくと便利なアメリカSIMカード

アメリカで日本のスマホ・携帯電話を使用すると、かなりの費用がかかります。
現地でもSIMカードを購入することは可能ですが、英語での手続きが必要です。

アメリカ滞在中の通信手段は、渡航前に日本で入手できる「HanaCellのアメリカSIMカード」がおすすめです。HanaCellのアメリカSIMカードは、日本語で手続きが行えるなど、長期・短期滞在にかかわらず多くのメリットがあります。

  • すべて日本語で購入・解約の手続きを行える
  • 日本の他に、アメリカを含む210か国以上の国で使用できる
  • 豊富な料金プランから選べる
  • 1ヶ月以上では日割計算も行える

HanaCellのアメリカSIMカードを利用して、アメリカでも日本以上に快適なスマホライフを送りましょう。

日本人が選ぶアメリカ携帯

まとめ

アメリカへの入国には、ビザやESTAなど事前の準備が必要です。さらに、スムーズにアメリカへ入国するためには、入国審査の流れを把握しておく必要があります。

アメリカの入国審査では、簡単な質問に答えることができれば問題なく入国することが可能です。英語で受け答えすることは緊張しますが、相手も外国人には気遣って話してくれるでしょう。

アメリカ滞在が素晴らしいものとなるように、この記事をぜひ参考にしてください。

シェアする

フォローする