iPhoneでデータ通信料金の発生を防ぎたい

iPhone はソフトウェアやアプリケーションの各種設定などにより、定期的な通信を自動で行います。
データを自動で同期することで常に最新のデータを確認できるなど、より便利にご利用いただくことができますが、自動で通信が行われた場合もデータ通信料が発生します。

Wi-Fi通信を行っている場合でも、携帯電話ネットワークのデータ通信が優先される場合もあります。
また、Wi-Fi接続でご利用いただける環境でも、Wi-Fiが未接続になると自動的に携帯電話ネットワークのデータ通信に切り替わります。
そのため iPhone でデータ通信料が発生しないようにするためには、携帯電話ネットワークのデータ通信を行わないようにする設定が必要です。
※ご利用の機種やiOSのバージョンによって操作が異なる場合があります。操作方法は以下をご覧ください。

設定方法

1.最初に表示されるホーム画面より「設定」を選択
2.「モバイルデータ通信」を選択
3.「通信のオプション」(または「モバイルデータ通信のオプション」)を選択
4.「4Gをオンにする」を選択し、「オフ」に切替
5.画面左上の → 「戻る」を選択
6.「モバイルデータ通信」を (オフ)に切替

【iOS 9.2 までの場合】
1.最初に表示されるホーム画面より「設定」を選択
2.「モバイルデータ通信」を選択
3.「4Gをオンにする」 を選択し、「オフ」に切替
4.画面左上の「戻る」(または「モバイルデータ通信」)を選択
5.「モバイルデータ通信」を (オフ)に切替

【iPhone 6、iPhone 6 Plus より前の機種やiOS 8.3より前のバージョンの場合】
1.最初に表示されるホーム画面より「設定」を選択
2.「モバイルデータ通信」を選択
3.「4Gをオンにする」を (オフ)に切替
4.「モバイルデータ通信」を (オフ)に切替

※モバイルデータ通信が本体側で正しくオフに設定されていませんと、WiFiに未接続の場合やWiFiに接続していても、モバイルデータ通信が優先される場合など気づかないうちにモバイルデータ通信が発生する可能性があります。
同期化やアプリの更新などにより自動的に背景データが発生した場合、データ通信費用はお客さまのご負担となります。ご利用の本体によりオフ設定は異なりますので、正しく設定していただけますよう本体のお買い求め先またはメーカーにて設定方法をお確かめください。

アメリカ携帯電話HanaCell(ハナセル)