事件は突然に。

2月27日(火)に事件は起こったのです。
まったく予想もしてなかっただけに・・・。

 

 

2月27日 12時10分 PM
待望の女の子がうまれました。
予定日よりも3週間も早く・・・。

娘も私もおかげ様で元気です。

2日前の日曜日にたくさんの友達達にBaby シャワーをしてもらって
もう幸せで胸いっぱい。

前日の月曜日は婦人科ドクターにチェックアップで行って
順調、順調なんて話してて。

まだまだ先やと思ってるから
旦那は月曜日の夜からサンフランシスコへ出張。

そして
火曜日の明け方に異変を感じたんよ。

破水!!

すぐさま旦那に電話。
旦那が電話の向こうで焦ってるのがわかる(笑

私は息子を起こして病院へ。
ラッキーやったのは陣痛が来なかった事。
せやから結構おちついて自分で運転して病院に行けたわ。
陣痛来てたらと思うと・・・(汗

病院について色々と質問され、ナースがチェック。

破水してるね。

半分勘違いであって欲しいって思ってたんやけど。

ここで旦那と再度電話。
何とか仕事はアレンジ出来て
すぐにサンディエゴに戻ってきてくれるらしい。
病院到着目標11時!

ナースや先生と話をし、
陣痛が始まってない事、Babyの状態も良好(心音確認)、
私の状態も落ち着いてるって事で、旦那を待ってから手術室へ。

帝王切開予定やからこんな感じで待てたんやと思う。

旦那も無事に到着し、
手術開始。

12時10分に泣き声を聞いた時はやっぱり感動。
なんとも言い表せないねんこれが。

娘の写真

リカバリー室に戻った時には
娘は旦那と息子に囲まれ幸せそうに寝ておりました。
私もすぐに抱かせてもらってんけど
もう可愛くて、可愛くて。

最後の最後まで妊娠生活を味わいたかったけど(笑
娘を見て抱いてしまうと
早く出てきてくれて良かったかなとさえ思ってしまう。

まだやと余裕持ってたから
入院バックの準備なんて全然やったし、
部屋の準備もまだ、
片付けも微妙、
男子二人の食事の作り置きなんかまったくで。
かろうじて娘の服とかの洗濯は終了してたかな。

この日から私たちのサバイバルが始まりました(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。