日本やったらありえない!?

息子の髪の毛
こんな感じになりました。

 

 

きっかけはサンディエゴの美容師の友達が
耳が改善したら(耳の手術後)快気祝いに髪の毛の色を染めてあげよう。

髪の毛を染めてみたかった息子からしたら
楽しみで仕方がない。

そしてタイミングよくお誕生日もあり
ダブル祝いで髪の毛の色を変える事に。

ここはそうアメリカ。
個人の意見(特に親)として
パーマ、ブリーチなどは子供のうちはダメ。な家庭もあります。

が、ここはそう。アメリカ。
学校から特にやいやい言われることはありません。

で。どうせやるなら思いっきりしてもらおうか。
と、みんなで相談。

で、こうなりました。(笑
髪の毛の色を変えた息子

ちっこいヤンキー。
胡散臭いJリーガー!?
こんなお笑い芸人もいたような・・・。
子ザル(笑

美容師の友達のポリシーで根本は触らない。
子供の毛根はやっぱり大切にせなアカンということでした。
なので根本は地毛のまま。
髪染め中

でも本人大満足の仕上がりでした。
やっぱり黒髪の息子が色を変えた事はすごい事らしく、
翌日学校に行くと子供たちが群がっておりました。
まぁ、びっくりするよね。

しばらくの間だけですが。
髪の毛が伸びたらまたバリカンコースです。
野球も始まるから
汗もかくし、短くしとかないとね。

日本だったら?
呼び出し?
まずするという選択肢はないか!?

というわけで、息子の夢は一つ叶ったわけです。
このまま色気づいたらどうしよう(笑
息子の写真

という心配はしなくてよさそう。
せっかくやからワックス付けてセットしようか?という私の申し出も
キャップ(野球帽)かぶるからいらない~とお断り。

(笑

8歳息子。
野球をこよなく愛しております。野球帽は彼のトレードマークなのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。